水質チェックが可能なマグカップ

車中泊キャンプに最適!水質チェックが簡単にできる水質測定マグカップ「WaTalk(ワトーク)」



車中泊やキャンプ・登山などのアウトドアシーンで、湧き水や川の水を利用しているという方も多いと思います。

筆者もよく湧き水を利用していますが、新鮮なお水を無料で汲ませていただくことができ、とても重宝しています。

しかし湧き水や川の水は、水質チェックされている場所とそうでない場所があります。

当然水質に問題のある場所も存在し、筆者も何度か不安に感じたことがあります。

「手軽に湧き水の水質チェックができれば、安心して飲用できるのにな・・・」と湧き水を利用するたびに思っていたんです。

そんなとき、水質測定マグカップ「Wa Talk」をお借りすることができ、試用する機会に恵まれました。

手軽に水質チェックできれば川の水や湧き水を旅先で活用できるようになりますし、災害時にも安心して水を飲むことができるようになります。

今回の記事では、車中泊やキャンプなどのアウトドアシーンや、災害時にも役立つ水質測定マグカップ「Wa Talk」を実際に使用し、その特徴や使用感、使用に最適なシーンなどをご紹介していきたいと思います。

湧き水や川の水をよく利用するという方は、ぜひ記事をチェックしてみてください!

車中泊キャンプ時の飲み水、どうしてる?

湧き水

車中泊やキャンプなどのアウトドアにおいて、水を使用するシーンは数多くあると思います。

筆者も車中泊の際には車内でお湯を沸かし、コーヒーを入れたりカップラーメンを作ったり、調理に使用することもとても多いです。

また歯磨きやうがいをする際にも、できるだけ持参した水を使うようにしています。

かなりの量の水を使用する車中泊ですが、毎回ペットボトルの水を大量に持参できるとも限りません。

持参するとしても、購入するために必ずお金がかかります。

筆者の場合は自宅近くに湧き水スポットがあるため、車中泊に出かける際には毎回カラのペットボトルを2〜3本持参し、水をたっぷりと汲んでから出発するようにしています。

また普段からよく滞在する車中泊スポット付近や、道の駅、SA(サービスエリア)などにも湧き水スポットがあり、節約も兼ねてよく利用しているんですよ。

日常的に車中泊やキャンプを楽しまれている方なら、筆者と同様に湧き水スポットをいくつか把握し、毎回立ち寄るようにしているという方も多いのではないでしょうか。

水質チェックが可能なマグカップ「WaTalk(ワトーク)」

水質チェックが可能なマグカップ

毎回便利に利用している湧き水スポットですが、「この湧き水の水質は大丈夫なのかな?」と、すこし不安になったことがあります。

しかし、他にも湧き水を汲みにきている方が多くいらっしゃるし、特に何か問題があったという話も聞かないし・・・と、具体的に「安心」と判断できる情報がないまま使用している、というのが現実です。

場所によっては「水質がちょっと不安」ということも当然ありますが、いままでは調べる術がなかったんですよね。

湧き水や川の水を使う際にちょっとでも不安を感じたら、すぐに水質チェックができるのが望ましいです。

今回お借りした水質測定マグカップ「Wa Talk」は、どこでも手軽に飲用水の水質チェックができるマグカップ型の濁度計

カップに水を注ぎスイッチを入れるだけで、すぐに水の汚染度を測定し、飲用可能かどうかを判断することが可能。アウトドアシーンに最適ですよね。

車中泊を日常的に楽しんでいる筆者の用途に、ぴったりとはまる商品だと感じました。

軽くて持ち歩きやすい!

水質チェックが可能なマグカップ

水質測定マグカップ「WaTalk」の重さは、わずか273g!

缶ジュース1本分よりも軽く、持ち歩きに最適です。

マグカップには、170ml(コーヒーカップ程度)の水を淹れることができます。

水質測定の結果に問題が無ければ、そのままマグカップとして使うことも可能なんですよ!

フタ付きのため、湧き水などを汲んだらフタをし、そのままクルマやバッグの中に入れておくことができるのも嬉しいポイントですね。

さらに、「WaTalk」は充電式。

2時間充電すると約300回測定ができます

1度充電しておけば、クルマに積みっぱなしでOK。

長い期間使用することができますよ!

WaTalk
¥15,750 (2023/02/07 07:52:20時点 Amazon調べ-詳細)

次のページ▷ボタン一つで水質測定!