道路

キャンピングカーの維持費! 今年1年でこれだけかかった!費用公開!



私のキャンピングカーは日産NV350キャラバンをベースにした「GT NV350 CARAVAN(以下GT)」というバンコン(バンコンバージョン)です。

バンコンとは外装には大幅な架装をしていなくて、普通のバンの車内にキッチンやベッドなどを設置したキャンピングカー。

私のGTはキャラバンでも標準ボディよりは車体が大きなワイドボディ。

広さもそこそこあって装備もそろっているので、キャンピングカーとして人気のクラスだと思います。

外見は普通でも室内にはいろいろな設備があるキャンピングカーは、何か特別な維持はかかるのかな、という疑問もあると思います。

そこで今回、私のGTの維持費について実際に何にいくらかかったか、紹介したいと思います。

※記事内の金額はすべて税込み。

車両としての維持費について

書面

あたりまえですが、キャンピングカーも道を走る車両。

普通の車と同じように、自動車税も来るし、定期点検にも出すし、車検も通さないといけません。

ちなみに私のGTの諸元および仕様は、

・サイズ:長5380mm×幅1960mm×高2380mm
・エンジン:ディーゼル
・燃料:軽油
・駆動方式:4WD
・走行距離:約69,000㎞ 2022年12月現在

自動車税の納付書、定期点検の通知など、費用がかかるお知らせを受けると、その都度「ああ、お金がいるな」と感じますが、いったい年間で車両としての維持費はいくらになるのでしょうか?

今年支払った維持費

定期点検費・・・・・・16,720円

案外安いと思いますが、基本料のみです。消耗品の交換があれば部品代+工賃が加算されます。

車検費・・・・・・123,240円
内訳
車検基本料金・・・・・・43,780円
追加点検+交換部品・・・・・・16,220円
自賠責保険、重量税、印紙代など諸費用 63,250円

GTは、ディーラーで車検を受けています。

格安の車検専門業者に比べ、費用が高いと思いますが、車種に対する知識やメンテナンス履歴の把握など、安心して任せられるメリットがあります。

これらのほかに、

消耗品費・・・・・・10,780円

オイルとオイルフィルター交換点検や車検の時に消耗品の交換を依頼するケースが多いと思いますが、オイルとオイルフィルターは走行距離に応じて交換時期を決めています。

GTの場合は10,000㎞毎に交換。

自動車税・・・・・・36,000円

区分:特殊用途車 総排気量 2L超以上2.5L以下

保険料・・・・・・67,150円

任意の自動車保険は、車両保険付きの3年契約で保険の代理店で加入しています。

ネットで加入する方が安いのですが、店舗が自宅から近くにあって担当者が決まっていて、何かと相談できるのが安心なので変えようと思いません。

タイヤ保管費・・・・・・20,900円

GTの冬用夏用のタイヤの交換と保管をディーラーと年間契約。

昨年は、保管中にバーストするというアクシデントがありました。

ですが、車2台持ちなのでタイヤの保管場所が足りないことと、重いタイヤを自分で交換する必要がないので、タイヤ保管サービスを利用しています。

これら今年1年で支払った車両に関する維持費を合計すると・・・・・・274,790円でした。

少し過去の部品交換代も紹介

ブレーキパッド

amazon

今年ではありませんが、昨年暮れにブレーキパッドを交換しました。

そのときの走行距離は約55,000㎞でしたが、残量が40%未満だというので、12月の定期点検で交換。

ブレーキパッドの交換・・・約24,000円

キャンピングカーは室内にキッチンやベッドを設置しているので、いってみれば常に荷物を積んだ貨物車の状態、ブレーキの時に前輪に大きな荷重がかかります。

それがパッドの減りを早めるようです。

ベース車とキャンピングカーになったときの重量差を知っておくと、パッド交換時期の目安がわかりやすいです。

走行にかかった燃料費と高速代

道路

走行距離は昨年末の定期点検時の走行距離から約7,00km。

燃費は荷物の重さやエアコンの作動時間、タイヤの空気圧や、運転の仕方にも影響されますがベース車のカタログ値と比べて悪くなるといいます。

ベース車燃費(カタログ値)
 市街地・・・5.9km/L
 郊外モード・・・8.1km/L
 高速道路モード・・・8.8km/L

GTの燃費:過去の走行実績から計算した値。(実走値)
 市街地道路・・・約5~7km/L
 高速道路 ・・・約8~9km/L

今年1年の燃料費・・・・・・129,317円

燃料費は、原油価格の動向に影響を受けます。

現在は、戦争など世界情勢が不安定な状況が反映して原油が高騰しています。

GTの軽油もここ最近は高くておよそ140円/L。

さらに、今年3回、大阪から福井へ旅行に行ったときの高速代金もあります。

高速代金・・・・・・15,000円

走行してかかった維持費の合計は、144,317円

その他、キャンピングカーならではの費用

ダイネット

室内の架装部分にかかるメンテナンスは、気楽に相談できるRV専門ショップが近くにないので、日々の点検は自分で行っています。

GTの販売店(東京)へも問い合わせをしますが、遠くのビルダーより近くのディーラーを頼ることが多くなります。

ただ、普通車のディーラーなので架装部分については分からないことが多々あり、責任を持った回答や助言はなかなかしてくれないのが現状です。

GTも7年目に入り、そろそろ架装部分の主要装備も総点検の時期にきているようなので、早々にビルダーまたは連携するショップに相談したいと思っています。

モニター

今年追加でかった費用は、

追加装備・・・・・・9,000円:リアカメラ

後方確認用として購入後、自分で取付けて配線もしました。

寝袋

その他、車内用品の購入費用として42,872円

内訳は、

キャンピングカー専用品・・・約10,000円

メッシュパネルおよび関連小物が含まれています。

キャンプだけでなく家でも使う併用品・・・32,872円

シュラフやアルミテンショナー、カーサイドフックなどの小物です。

基本的に用品は、キャンピングカー専用ではなく、家やキャンプでも使えるものを優先して購入しています。

キャンピングカーならではの費用の合計・・・・・・51,872円

次のページ▷ 今後追加で考えられる費用をご紹介します!