アイキャッチ

車にサンシェードは必要なの? 効果や選び方・車中泊キャンパーのおすすめをご紹介



車でキャンプに行く皆さんは、サンシェードを持っているでしょうか?

「車中泊をするわけじゃないから必要ない」と思っている人は要注意!車中泊をしない場合でも、サンシェードは持っておくべきグッズです。

今回は、サンシェードの効果や選び方、車中泊キャンパーである筆者おすすめのサンシェードを紹介していきます!

サンシェードの効果はさまざま! 車の装備を守るためにも1年中の装着がおすすめ

まずは、サンシェードの効果について解説します。

サンシェードは暑さ対策だけではなく、さまざまな効果があるものです。

車中泊をする人に限らず、車を持っている人皆さんに共通する内容も解説しているので、要チェックです!

サンシェードの効果【1】暑さ・寒さをやわらげる

画像1

サンシェードの効果の1つ目は、暑さ・寒さをやわらげることです。

JAFでは、外気温35℃の真夏の晴天時に、昼の12時から4時間にわたり車内温度を計測するという検証を実施しています。

サンシェードなしの車は、エンジン停止からわずか15分で、熱中症指数が危険レベルまで到達

さらに、車内の平均温度は51℃、ダッシュボードの最高温度は79℃にまで達しています。

サンシェードを使用した場合でも、車内の平均温度は45℃、ダッシュボードの最高温度は52℃と高温ですが、温度上昇は比較的緩やか。

夜間は日差しがない分、気温が抑えられるため、車中泊で寝ている間に上記のような温度に到達することは考えにくいです。

しかし、朝日が出てからの急激な気温上昇を考えると、車中泊の際にはサンシェードで対策をしたほうがいいのは一目瞭然です。

また、サンシェードは、冬の車中泊でも効果を発揮します。

冬の車中泊で、車内の温度が一番奪われる場所は窓。

車の窓は、車体の中でも最も薄い場所なので、対策をしないとどんどん熱が奪われていきます。

しかし、サンシェードを取り付けることで、窓から熱が奪われることを防げます

季節を問わず、車中泊をする人にとって、サンシェードは必須のアイテムと言えるでしょう。

サンシェードの効果【2】車の装備を直射日光から守る

画像2

サンシェードの効果の2つ目は、車の装備を直射日光から守ることです。

前述の通り、真夏の直射日光を浴び続けたダッシュボードは、最高で79℃になります。

毎日のようにダッシュボードに直射日光が当たり続けると、ダッシュボード表面の素材が溶けてベタベタしまうことも

筆者の場合、車内に置いておいたCDケースが溶けてしまい、ジャケット写真が見えなくなったことがありました。

このように、ダッシュボードやダッシュボードに置いている物が溶けたり、変形したりする可能性があるのです。

また、直射日光を浴び続けたハンドルも、かなりの高温になっています。

いざ運転しようと思ったときに、やけどしたり、ハンドルに触れずになかなか出発できなかったりという事態も考えられます。

さらに、冬場でも日光の紫外線を浴び続けると、車の内装が日焼けしてしまう可能性も。

普段から屋外に車を停めている人は、1年中サンシェードを使用してもいいかもしれません。

サンシェードの効果【3】プライバシーの保護

画像3

サンシェードの効果の3つ目は、プライバシーを保護できることです。

車中泊はもちろん、キャンプや海水浴といったアウトドアに車を利用する場合、休憩や着替えなど、あまり人から見られたくない場面もありますよね。

そんなときにサンシェードがあれば、人目を気にせずゆっくりできます。

また、筆者の友人は、車中泊中に外から覗かれて、怖い思いをしたとのこと

このような危険性を考えると、サンシェードなしで車中泊をするのは怖いですよね。

特に車中泊をする人は、サンシェードでのプライバシー保護は必須と言えるでしょう。

スルガ銀行キャンピングカーローン

サンシェードの効果【4】屋外の光を遮る

画像4

サンシェードの効果の4つ目は、屋外の光を遮ってくれることです。

道の駅やパーキングエリアで仮眠をとる場合、外灯の明るさでなかなか寝付けないことも。

サンシェードを使用することで、車内を暗くし、眠りやすい環境を整えることができます

また、朝ゆっくり起きようと思っても、朝日が昇ると明るさで目が覚めてしまいます。

ゆっくりと眠りたい朝のためにも、遮光性は重要視したいところですね!

次のページ⇨ サンシェードの選び方について詳しく解説していきます!