絶景を眺めながらコーヒーを味わう!車中泊でコーヒーを手軽に楽しむ方法とおすすめアイテム



車内で過ごす際に筆者はよくコーヒーを飲んでいるのですが、できるだけ手動のコーヒーミルで豆を挽き、時間をかけてゆっくりとコーヒーを淹れるようにしています。

コーヒーを淹れる過程も楽しむことができますし、景色を眺めながらコーヒーの香りや味を堪能することで、日常の疲れを忘れることができる気がするんですよね。

コーヒー好きの夫がこだわって選んだコーヒーグッズをいつも車に詰んでおき、いつでも旅先でコーヒーを淹れられるようにしています。

車中泊を日常的に楽しまれている方の中には、コーヒーやコーヒーグッズにこだわりを持っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、車中泊でコーヒーを手軽に楽しむ方法や、車内でコーヒーを淹れるためのおすすめアイテムをご紹介していきたいと思います。

コーヒー好きの方や、これからコーヒーグッズを揃えたいと考えている方は、ぜひ記事をチェックしてみてください。

コーヒーを淹れるためにおすすめのアイテム1.ドリップカップ

ドリップカップ

コーヒーを淹れる際、一度沸かしたお湯を入れ、ドリッパーに注ぐ際に使用する「ドリップカップ」。

一般的なケトルに比べ、注ぎ口部分が細くなっており、コーヒーを淹れるのに適した量のお湯をドリッパーに注ぐことができるようになっています。

またケトルで沸かしたお湯をドリップカップに移すことで、最適な温度でコーヒーを淹れることが可能になるんですよ。

筆者はニトリで購入したドリップカップを使用していますが、安価な上に小ぶりで使いやすく、持ち運び時も車内でかさばることがありません。

スルガ銀行キャンピングカーローン

コーヒーを淹れるためにおすすめのアイテム2.コーヒードリッパー

コーヒードリッパー

コーヒーの粉をフィルターで濾す際に使用する「コーヒードリッパー」。

コーヒーを淹れる量に合わせて大きさをチョイス。

こだわるポイントによって、素材で選ぶのもおすすめです。

筆者は銅製のコーヒードリッパーを購入して使用していますが、銅製は熱伝導に優れているためおいしいコーヒーを淹れることができます。

特にこだわりがなければ、気軽に使用できるプラスチック製などもありますので、予算やこだわりに合わせて選ぶとよいでしょう。

次のページ▷ コーヒーを淹れるためのおすすめアイテム4つ紹介します!