キャンピングカー×車中泊仕様車×キャンパー合同ファンフェスに参加してきた!



九州・佐賀県嬉野市の「分校Cafe haruhi」にて、2020年2月15日(土)・16日(日)の2日間にわたり、第2回の合同ファンフェス「Campingcar YouTuber fan.fes 2020〜分校Cafe haruhi〜」が行われました。

20台限定。2日間で合計24台、約40名のキャンピングカー&車中泊仕様車ユーザー、キャンパーの方が集結したイベントとなりましたが、大阪、和歌山、神奈川、東京、千葉から、遠路はるばる1,200km以上も移動して参加された方もいて、とても驚きました。

プログラム自体も充実していましたが、参加者の方お一人ずつとゆっくり交流もできて非常に楽しいイベントだったので、今回はそのときの様子をご紹介していきますね!

「Campingcar YouTuber fan.fes」とは?

分校Cafe haruhi 会場

写真提供:梅寅

「Campingcar YouTuber fan.fes」とは、年齢・性別はもちろん、車両もてんでバラバラな参加者が集まる、キャンピングカー×車中泊仕様車×キャンパーの、日本国内でもめずらしい合同イベント。

第2回となる今回は、車旅好きの間で有名なキャンピングカー系YouTuberの方のトークショーや、バレンタインに合わせた「チョコ釣り」、地産のおいしいお肉と野菜を使ったBBQ大会など、楽しいプログラムが満載でした。

開催場所は、廃校跡地を活用したカフェ「分校Cafe haruhi」。

その元校舎内でも交流の時間があったのですが、懐かしいようなくすぐったいような雰囲気の中、始終笑い声が絶えない時間を過ごせました。

分校Cafe haruhi 校舎とキャンピングカー

今回のイベントは、佐賀県嬉野市の「分校Cafe haruhi」を運営される皆様と、嬉野温泉大村屋さん協賛の元で行われました。

「分校Cafe haruhi」運営者の中林さんは、嬉野生まれの嬉野育ち。地元の魅力を発信したい気持ちがとても強い方です。

平成13年に閉校した、吉田小学校春日分校。
閉校後は、地域のコミュニティーの場として活用されていました。
しかし、高齢化に伴い、市に返還されてからは、特に計画もなく、、、
このままでは、いずれ取り壊しになるという危機感を感じました。
春には御衣黄桜が咲き乱れ、夏には賑やかなセミたちの泣き声。
秋は見事な紅葉に、冬は見渡すかぎりの白銀世界。
田んぼに挟まれた一本道を通りすぎ、一度この場所を訪れた人達は、誰もがそのロケーションに感動する。
そんな自然豊かなこの場所を残していきたい。
そして何より、100年以上この場所で築かれてきた歴史を残していきたい。
笑い声や、泣き声、嬉しいことや、悲しいこと、たくさんの人たちの、大切な想いが込められたこの場所を。
どこまでできるのかはわかりませんが、僕らにできることを少しずつやっていこうと思っています。
分校Cafe haruhiとして生まれ変わったこの場所をどうかよろしくお願いいたします。

・所在地:〒843-0303 佐賀県 嬉野市嬉野町大字吉田 乙 2029
・TEL:080-4119-3025
・営業時間:月、木、金、土、日
・営業時間:11:00~16:00(ランチ11:00~14:00)
・駐車場:無料駐車場有り
・席数:テーブル12席、カウンター4席

出典:分校Cafe haruhi ホームページ

そして、「キャンピングカー・車旅の面白さを広げたいファンフェス」と「自然豊かな場所を楽しんで嬉野の魅力を広げたいharuhi」が出会い、合同ファンフェスが実現した次第です。

分校Cafe haruhiは通常営業時もキャンピングカーで行けます。ノスタルジックな雰囲気漂う空間で、美味しいご飯とお茶が楽しめますよ!

トークショー

イベントの目玉はトークショー。

YouTuberの皆さんが、キャンピングカーとの出会いをはじめ、旅先をどう決めるか、旅の途中で食事をどうしているかなどをお話しされたのですが、普段はご自分のYouTubeチャンネルでも声を出されない「キャンピングカー×字幕」タイプの人気YouTuberさんもいらっしゃったので、お話しされているだけで各所から大きな声援が!

皆さん、それぞれキャンピングカーとの出会いは偶然によるものだったそうなので、それゆえ余計に特別感がありました。

ちなみに筆者も、毎日キャンピングカーでバンライフを送る中で、生活水をどうしているかについてお話させていただきました。

バレンタイン企画!チョコ釣り大会

ちょうど前日がバレンタインだったということで、チョコ釣り大会も行われました。

これが意外と難しく、盛り上がったのは言うまでもありません。

すでにお昼からアルコールを楽しんでいる大人の方は、アルコールによって難易度がさらに上がっていたようですね。

お子さんはヒョイヒョイと釣りあげていたので、拍手喝采。

邪念なく吊り上げる純粋さとアルコールの脅威をマザマザと感じて、大笑いの時間となりました!

BBQ大会

バーベキュー風景

すでに昼間から会食・交流会は始まっていましたが、夜には盛り上がりも最高潮に!

「分校Cafe haruhi」シェフ特製の下味がつけられたお肉のBBQは、初めて食べるお肉かと思うくらいにおいしかったです。味付けと焼き方で、こんなに違ってくるんですね。

地産の野菜も格別でしたが、特に厚切りのレンコンはシャキシャキとした食感と甘みがあって、本当においしいのひとことでした。

初めていただいた窯で炊かれたお米も、おかずなしでお茶碗一杯食べられると感じたほど。

窯で炊かれたお米

イカは身が厚く、プリプリしているのにとってもやわらか。シシャモも新鮮なうちに一夜干ししたのでしょうか、身がふんわりしていて最高でした。

地元九州からの参加者の方が多かったのですが、皆さんそれぞれご当時グルメを持ち込まれており、私もいろいろといただきました。

たくさんの種類があった個包装のお菓子は、どれもが私のお気に入りに。

同じ九州の方同士でも、県をまたぐと見たことのないお菓子も多かったようで、いたるとこから「おいしい!」「めずらしい!」「こんなのあるの?!」という声が聞こえてきました。

地酒コーナーは、お酒売り場と見まがうほどの品ぞろえの豊富さでしたよ!

フェス 交流風景

途中、雨が降り出しましたが、誰も校舎内に避難することなく、ギリギリまでBBQエリアでおいしいお酒を片手にお喋りに花を咲かせ、交流を深めていました。

このときは、キャンピングカーがその本領を発揮!

参加者が一丸となって、サイドオーニングで各所に屋根をつくってくださったのです。

「キャンピングカーのオフ会、すごい!」という声とともに、グラスを持って各サイドオーニングの下に移動しながら、さらにお喋りに花が咲きました。

フェス 交流風景2

雨の合間に、夜には花火大会も開催。

皆さんと見る季節外れの花火、とてもきれいでした。

夜の花火

翌朝

夜間、バンクベッドでは外の雨の音が聞こえていました。

翌朝もあいにくのお天気でしたが、朝から参加された方も会話の中に入られ、会場は昨夜から引き続き盛り上がったまま。

車旅が好きな方の集まりなので、話題は尽きませんね。

YouTubeに投稿されている方も多くいらっしゃいましたが、そのトーク力に魅了されっぱなしでした。

分校cafe haruhi 昼食風景

ブランチは特製カレー

2日目の目玉は、「分校Cafe haruhi」シェフ特製のキーマカレー。

具がたっぷりで、独自に配合されたスパイスの香り高いこと!辛さよりもスパイシーさが際立って、辛いモノが苦手な私もとてもおいしくいただけました。

個人的に今回の合同ファンフェスは、常に何かを食べていた気がします。

関東ではなじみのない食材、物珍しい食材ばかりで、どれも本当においしかったですよ!

ファンフェス参加者の集合写真

閉会式の後に集合写真を撮影して、解散の流れとなりました。

退場時はYouTuberの皆さんがお手振りでお見送り。

楽しい時間はあっという間でしたが、とても濃厚なひとときを過ごせたと思います。

まとめ

今回は、第2回となるキャンピングカー×車中泊仕様車×キャンパーの合同ファンフェス「Campingcar YouTuber fan.fes 2020〜分校Cafe haruhi〜」の様子をご紹介させていただきました。

今後もキャンピングカーファンが楽しめるフェスを企画していくので、気になられた方は、ぜひ次回ご参加いただければと思います。

いろいろな方と楽しいお話ができるので、素敵な車旅の世界がさらに広がること間違いなしですよ!

関連記事一覧