【群馬】ちょっぴり古風な道の駅 「六合(くに)」でまったり温泉とお蕎麦を堪能しよう

温泉 ドライブ・旅行

道の駅 六合

外観群馬県の北西部、温泉で有名な草津町のお隣、吾妻郡中之条町の国道292号沿いに道の駅「六合」があります。六合と書いて「くに」と読みます。この地名は古事記や日本書紀に由来するのだとか。日本史好きな方は興味をそそられますね。

昔からある道の駅なので古風な雰囲気を楽しめ、温泉もあるので今も訪れる人が後を絶たない場所です。

道の駅 「六合(くに)」
所在地:〒377-1704 群馬県吾妻郡中之条町大字小雨22
TEL:0279-95-3342
営業時間:9:00~17:00
駐車場:大型車1台、普通車60(身障者用1)台
トイレ:有
入浴施設:有
車中泊:可

公式サイトはこちら

車中泊は可能?

駐車場こちらの道の駅は車中泊が可能です。RVパークも併設されていて、24時間利用可能なトイレもあります。ですが、駐車場が狭く傾斜のあるところが多いのであまりおすすめはできません。ここには宿泊施設「お宿 花まめ」がありますのでそちらを使うことも考えてみてはいかがでしょうか。

施設自体は充実していて、お食事処、観光物産センター、温泉施設などがあるので休憩にはぴったりです。

施設の紹介

温泉

お食事処「六合の郷しらすな」

食事処「六合の郷しらすな」という食事処があり、ここでのおすすめは麺類です。うどんも蕎麦も手打ちであり、蕎麦は、蕎麦粉の割合が八割の「二八」蕎麦で健康にも良さそうです。

ほかにも、この地域特産の花豆を使った「花まめソフトクリーム」もおすすめで、温泉に入った後にはこのソフトクリームの冷たさと優しい甘さが嬉しいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@tomtom_nがシェアした投稿

温泉施設「応徳温泉・くつろぎの湯」

温泉

出典:温泉特集

くつろぎの湯は源泉かけ流しの白濁したお湯に黒い湯の華が混ざっているのが特徴的です。平成4年には当時の皇太子殿下(現在の今上天皇)が白砂山登山のあとご入浴されたことがあるそうですよ。玄関フロアにもその時のお写真がありました。

観光物産センター

道の駅六合外観

道の駅の中心的施設になっていて、地域で収穫された野菜などのほか、カップ麺や肉・魚などの食品もあります。新鮮なとれたて野菜は比較的早い時間に売り切れてしまっていることが多いので早めに買いに行くことをおすすめします。花いんげんの缶詰、六合ハム等の土産品が人気だそうですよ。

周辺観光スポット

野反湖(車で約40分)

湖道の駅から北上して途中分岐を国道405号に入り15kmほど行ったところに野反湖(のぞりこ)があります。野反湖は人工のダム湖ですが、その湖畔には日本一高いところにあるキャンプ場と言われる「野反湖キャンプ場」がありますし、流星群が接近する時季には、湖を一望できる野反峠休憩舎の駐車場に車を停めて流星群を眺める方も大勢います。

野反湖はこの地で「ノゾリキスゲ」と呼ばれるニッコウキスゲの群生が有名です。特に休憩舎から5kmほど歩いたところにあるカモシカ平の群生はまるで黄色い絨毯のよう。

開花時期は例年7月初旬から中旬とされています。足下がぬかるんでいることがあるので、歩きやすく汚れてもよい靴で行ってください。登山届けもお忘れなく。

野反湖
所在地:〒377-1701 群馬県吾妻郡中之条町入山
TEL:0279-75-8814(中之条町観光協会)

公式サイトはこちら

尻焼温泉(車で約15分)

 

この投稿をInstagramで見る

 

たけいとしのりさん(@taketoshi126)がシェアした投稿

 野反湖へ向かう途中、国道405号から県道55号へ分岐した先に尻焼温泉があります。ここは川床から温泉が湧き出している、川にできた天然の温泉です。川の水が暖かいというのはなんだか変な感じもしますが、温泉好きには人気のスポット。秋になると紅葉も美しく染まるのでその時期に訪れるのがおすすめです。24時間無料で入浴できますが、混浴なのと脱衣所も特にありませんので、ほとんどの方が水着で入っています。

尻焼温泉
所在地:〒377-1701 群馬県吾妻郡中之条町入山
TEL:0279-26-7727

公式サイトはこちら