2020年 新型キャンピングカー

【2020年上半期】新作キャンピングカー まとめ



今回の記事では2020年もそろそろ後半に差し掛かっているということで、今年の前半に発表された新作キャンピングカーをいくつかピックアップして紹介したいと思います。

【レクビィ 】ファイブスター・セプト

ファイブスター・セプト

まず最初に紹介するのは、老舗キャンピングカビルダー「レクビィ」で長年愛されているファイブスターシリーズの新作『ファイブスター・セプト』です。

このシリーズはもともとファミリー向けに特化したバンコンとして、移動時も就寝時も快適に過ごせるのが強みでしたが、今作はまさにその強みをさらに追求した3列シートとリアベッドを同時に成立させたキャンピングカーとなっています。

ファイブスター 椅子外見は普通のハイエースですが、内装はゴージャス。

革張りの豪華なチェアが目を引きますが、見た目だけでなく座り心地も抜群。家族や友人とリッチな車旅を楽しむことができます。

ワンタッチで展開できる車内後方の2段ベッド下段は長さ3.4m幅1.2mと余裕があり、上段も下段ほどではないにしろ、長さ1.85mと子供が寝るのには十分な広さが確保されています。

また、運転席と助手席を回転させて2列目シートと4人掛けのダイネットを展開できるのも特徴です。

こういった工夫があると車内のスペースを広く使うことができるので、場合によっては3列目のシートを物置がわりに使うことも可能です。

まさにファミリー向けバンコンの完成版とも言えるようなハイクオリティなキャンピングカーですね。

ファイブスター・セプト
タイプ:バンコン
ベース車両:トヨタハイエース キャンピングカー用モデル
価格:¥5,520,000~
乗車人数:7名
就寝人数:5名(大人3名、子供2名)
全長:5,380mm
全幅:1,880mm
全高:2,400mm

【NOIDEL】BASE CAMP SOLO(ベースキャンプ ソロ)

ベースキャンプソロ

次に紹介するのがNOIDEL(ノニデル)の『BASE CAMP SOLO(ベースキャンプ ソロ)』です。

ノニデルは登山やスキー、サーフィンなどアクティビティに応じた独自の施工で有名なビルダーで、今までハイエースベースのバンコンをメインで製造していましたが、ベースキャンプソロはNV200バネットをベース車に採用しています。

そして、この車の特徴は完全にソロまたは2人旅専用に作られたレイアウトにあると言えます。

2列目以降のシートは全て取り払われ車内後部は全て居住空間として使用できるようになっているので、乗車定員も運転席、助手席の2名のみです。

ベースキャンプソロ 内装

居住スペースは全長1,880mm、幅1,100mmのフルフラット。オーナーの好きなアクティビティに合わせていかようにも変化することが可能です。

座席と違って、自由な体勢で座ったり寝たりできるので、リラックスしやすいですね。広さ的にも1〜2名で使うのには問題なさそうです。

また、ベッド下は広い収納スペースになっているので、寝るのに邪魔になりそうな大きな道具などは、ベッド下に収納すれば快適に過ごせそう。

名前の通りアウトドアアクティビティの拠点として使える、大人の秘密基地を体現したようなキャンピングカーとなっています。

BASE CAMP SOLO(ベースキャンプ ソロ)
ビルダー:NONIDEL(ノニデル)
タイプ:バンコン
ベース車両:日産 NV200バネット
価格:¥2,800,000~
乗車人数:2名
就寝人数:2名
全長:4,400mm
全幅:1,695mm
全高:1,982mm

【ナッツRV】CRESSON JOURNY TYPE X EVOLITE

CRESSON JOURNY TYPE X EVOLITE

続いて紹介するのが国内最大級のキャンピングカービルダー、ナッツRVの『CRESSON JOURNY TYPE X EVOLITE(クレソン ジャーニー タイプX エボライト)』です。

クレソンジャーニーは同社のロングセラー「クレソンボヤージュ」の後継車としてフルモデルチェンジして新登場しました。

今回のモデルチェンジで大きく変わったのがシェルの構造です。ナッツRVでは2019年にパネル工場を新設することにより、パネルの質の向上と量産化に成功し、両側面と背面だけでなく天井と床にも断熱材を導入した新パネル構造を実現させました。

この新しいシェルの構造によって今までよりも断熱効果や遮音性が向上し快適さが飛躍的にUPしています。

CRESSON JOURNY TYPE X EVOLITE ベッド

そして『クレソンジャーニー タイプX』の内装の特徴としては、この車のテーマにもなっている「STAY&RELAX(快眠&くつろぎ)」の通り、車内後方にダブルベッドサイズ(1,900mm×1,400mm)のハイマウントベッドが設置されていることが挙げられます。

寝心地の良さそうなベッドの下は大容量の収納スペースになっていて、車内、車外側面、車外後方の3方向からアクセスすることが可能です。

悪天候時に外に出ずに荷物を取り出すことができたり、外遊びの道具など汚れやすいものを車内に持ち込まずに収納できたりと何かと便利な収納となっています。

また、電装システムには走行充電と急速充電システムを融合させた「高効率充電システム EVOLITE」を採用しています。

長期の車旅では電源問題が気になりますが、大容量の3つのサブバッテリーや急速な走行充電が可能なEVOLITEシステムのおかげで、安心安全な車旅を楽しめそうですね。

CRESSON JOURNY TYPE X EVOLITE
ビルダー:ナッツRV
タイプ:キャブコン
ベース車両:トヨタ カムロード
価格:¥6,529,000~
乗車人数:7名
就寝人数:6名
全長:4,990mm(ラダー含まず)
全幅:2,080mm
全高:2,900mm

【ダイレクトカーズ】TRIP(トリップ)

trip

4つ目に紹介するのが、ダイレクトカーズの『TRIP(トリップ)』です。

ダイレクトカーズと言えばハイエースの架装のイメージが強いですが、このTRIPはハイエースよりもサイズの大きいトヨタのカムロードをベース車に採用したキャブコンタイプのキャンピングカーとなっています。

trip 内装

内装は白を基調として、ブルーのキルティングがアクセントとなっていて清潔感と高級感に溢れています。各所に設置されたLEDライトもラグジュアリーな雰囲気を醸しだしてくれていますね。

そして、この車の特徴は非常に充実した標準装備にあると言えます。DC12V電源のインバータークーラーやFFヒーター、ソーラーパネルなど挙げればキリがないほどの充実具合。

その中でも特にTRIPらしさを感じるのが、バンクベッド裏にビルドインされたモニターと135Lの固定式清水タンク。国産のキャンピングカーではなかなか見られない装備です。

これだけ充実した装備があれば車での長旅も快適に楽しめそうですね。

TRIP(トリップ)
ビルダー:ダイレクトカーズ
タイプ:キャブコン
ベース車両:トヨタ カムロード
価格:¥8,690,000~
乗車人数:7名
就寝人数:4名
全長:5,050mm
全幅:2,100mm
全高:3,100mm

【VANTECH】CORDE BUNKS(コルドバンクス)

CORDE BUNKS

最後に紹介するのがVANTECHの『CORDE BUNKS(コルドバンクス)』です。コルドバンクスと言えば同社のジルシリーズと同じく人気のキャブコンですが、今回なんと10年ぶりのモデルチェンジが行われました。

4代目となる新生コルドバンクスのコンセプトテーマは「遊びに本気の大人達へ」

もともとシンプルな内装やオーナーの用途によってレイアウトをフレキシブルに変えられる点が好評でしたが、それに加えて今までよりもさらに遊び倒せる車として進化しています。

コルドバンクス ダイネット

出典:VANTECH

レイアウトとしてはセンターダイネット+リア2段ベッドというオーソドックスな配置で前モデルから引き継いでいますが、テーブルには熱や水に強いポリウレタン製の素材で表面が加工され、シート表皮には合成皮革が採用されるなど材質がタフなものに変更されています。

また、リアの二段ベッドのマットは簡単に取り外しが可能な作りになっていて、大容量の収納として使用することもできます。

マルチルームとリア収納床部分はFRP防水素材で作られているので、汚れたり濡れたりする、自転車やサーフボードなどのアウトドアアクティビティで活躍するアイテムをここに収納することも可能です。

その他、モデルチェンジによって新たに家庭用エアコンが標準装備になったりと、誰が見ても分かりやすくグレードアップしていますが、なんとお値段は前モデルとほぼ変わりません。

企業努力を感じるクオリティの高い一台に仕上がっています。

CORDE BUNKS(コルドバンクス)
ビルダー:VANTECH(バンテック)
タイプ:キャブコン
ベース車両:トヨタ カムロード
価格:¥6,446,000~
乗車人数:7名
就寝人数:5名
全長:4,990mm
全幅:1,980mm
全高:2,960mm

まとめ

今回は2020年上半期の新作キャンピングカーをご紹介しました。どの企業も新作が出るたびにクオリティが向上していて、毎回驚かされますね。

2020年後半もどんなキャンピングカーが登場するのか非常に楽しみです。

関連記事一覧