夢は日本一周!スタイリッシュなキャンピングカーで犬連れ車旅を楽しむ、女性オーナーにインタビュー



日常生活にもなじむスタイリッシュな愛車で、週末がくるたび下道で15時間も走るというパワフルな女性が、そなたんさんだ。

ペットのミニチュアダックス1匹、そして「いつか車で日本一周したい」というお母さまと車旅を楽しむために、キャンピングカー購入の決断をしたという。

今回は、そなたんさんが運命を感じたという愛車について、購入に至った経緯も含めて詳しく伺った。

デルフィノの前に立つ女性

【プロフィール】
そなたんさん(50代) 群馬県高崎市
愛車:デルフィノ(トヨタ ヴォクシーハイブリッドベース)
キャンピングカー歴:半年
車旅のメンバー:母とミニチュアダックス一匹

実際のキャンピングカーライフを目の当たりにしたのが、購入のきっかけに

―キャンピングカー歴と、キャンピングカーが欲しいと思ったきっかけについて教えてください。

キャンピングカー歴は、ピチピチの半年。今乗っているのが、初めてのキャンピングカーです。

その前は、キャンピングカーではなくTOYOTAシエンタファンベースを車中泊仕様車にして、1年乗っていました。

それはそれで楽しかったのですが、やっぱり中長期の休暇になると下道で700km越えの移動も頻繁にあるので、さすがにキツイと感じることも増え、それまで10数年、漠然と考えていた「キャンピングカーが欲しい」という気持ちが強くなったんです。

「次に車を買う時はキャンピングカーにしよう」と思い始めましたが、通勤や買い物など、とにかく毎日のように車を普段使いするので、しばらくキャンピングカーの購入には踏み切れないでいました。

―購入に至った経緯はどういったものでしょうか。

キャンピングカーが欲しいという気持ちが強まってからも、キャンピングカーショーを見に行っては夢を膨らませるだけの日々が続いていました。

そんな時に出会ったのが、YouTubeでも活躍されている、あるキャンピングカーオーナーさん。

この方のキャンピングカーライフは前から動画で見ていたのですが、実際にキャンピングカーで日常生活を送るスタイルを目の当たりにして、キャンピングカーの存在をとても身近に感じることができたんです。

以前から母が「仕事を辞めたら車で日本一周をしたい」と言っていたこともあり、「母が元気に旅ができる今が、キャンピングカーを買うチャンスなのかもしれない」と感じるようになって、キャンピングカーの購入を決断しました。

当の母は、「今はまだいらないよ」と言っていたのですが、キャンピングカーを探しているうちに、かなり乗り気に。

2人で車を厳選することで、自分たちのスタイルに合った「コレだ!」という一台が見つかり、とても喜んでいました。

車が見つかってから購入するまでは、2~3か月と比較的速かったですね。その段階になると、私よりも母の方がテンションが高かったかもしれません(笑)

「車×犬×旅」の基本スタイルを満たす、スタイリッシュな車両

―キャンピングカーのスペックについてお聞かせください。

デルフィノ(トヨタ ヴォクシーハイブリッド ベース)

製造元はミスティック社です。年式は2014年で、購入額は約300万円。

普通車と同じ5ナンバーなので、どこに行くにも全く目立ちません。

車種名はデルフィノ(トヨタ ヴォクシーハイブリッドベース)で、見た目は完全なるトヨタのヴォクシーですが、キャンピングカーを見慣れた人は天井のベンチレーターですぐにそれと気付く、「分かる人には分かる」キャンピングカーです。

ヴォクシーは定員7人が基本ですが、デルフィノは後部座席を付け替えてあるので、定員は5名。ゆったり座って食事をすることもできます。

車内で寛ぐ女性

―特に気に入っているポイント、残念に思っているポイントがあれば教えてください。

キャンピングカーを買うにあたって、「これは外せない」と考えていた条件が5つあります。

まず、あまり大きすぎないバンコンであること。

次にハイブリッドであること、ベンチレーターが付いていて換気できること。

そして、簡単な操作で簡単な調理ができるように、サブバッテリーとインバーターが付いていること。

最後に、できればFFヒーターが付いていることです。

この条件をキャンピングカーショップに伝えると、必ずといって良いほど「ないですね……」と言われました。

やっぱりこの条件だとキツイのかと半ばあきらめていた時、このデルフィノに出会ったんです。

FFヒーターは付いていないものの、それ以外はすべて希望どおり!

そのため、全体的にとても満足しているのですが、特に気に入っているのはベンチレーターです。

車×犬×旅が基本スタイルなので、停車中でも使えるベンチレーターはとても活躍しています。

車内空間は2人と犬1匹だと、完全に快適とは言えないまでも、十分な広さがあります。

車内の様子

冷蔵庫も付いていて、旅先で買い物をした時にも便利ですよ。

運転に関しても、もともとがヴォクシーなので操作しやすく、ハイブリッド車なので燃費も問題なし。長距離運転をするのにもとても適しています。

残念に思っているポイントは、承知の上でしたが、バンコンなので収納スペースが少ないことでしょうか。

しかし、私はDIYで収納場所を作っているので、今のところ困っていることは特にありません。

 DIY収納

DIYした収納場所

車内で食事をしていると、車の横を通った人と目が合うことがありますが、メッシュタイプのシェードを窓の目隠しにすれば解決します。網戸のかわりにもなるので便利ですよ。

寝る時、着替える時は、遮光のカーテンやシェードを使っています。

シェード

普通のカーテンだと夜間は車外に灯りが漏れるので、外の目が気になる方はシェードがあると安心感が違うと思います。

犬連れの車旅がより快適に!今後の夢は日本一周

―キャンピングカーを買う前と後で、ライフスタイルに違いはできましたか。

キャンピングカーを買う前は、犬連れの旅で自分たちが外食したい時など、車内に愛犬を残すことに抵抗がありました。

それが一番の悩みの種だったのですが、キャンピングカーを買った今は、外食よりも車内で食事をすることが増えたので、すっかりそれまでの悩みが解消しましたね。

というのも、車内で調理するのがとても手軽になったからです。

買い物などで車から離れる時も、窓を少し開けてベンチレーターを回しておけば、よほどの炎天下でない限りは、安心して愛犬を車内に残せるようになりました。

ベンチレーター様様ですね(笑)

それから、犬と泊まれる宿の手配が大変でしたが、その点でもストレスフリーに。

キャンピングカーがあれば行きたい時に行きたい所へ行けるので、犬連れでも不自由なく旅を楽しめるようになりました

長期間の車旅でも快適なので、キャンピングカーにして良かったとつくづく思います。

ちなみに、キャンピングカーに替えてから最長で9泊10日の車旅をしました。シエンタの頃と比較すると、荷物が増えてもシート下に収納できることもあり、とても楽でしたね。

―印象に残っている旅の思い出はありますか。

デルフィノ駐車

初めて訪れた旅先で、同じく車中泊をしている人とお話ができたのは良い思い出です。

あと、ベンチレーターが付いていることに気づいた人に、ジッと車を眺められながら「これ、キャンピングカーですか?」と尋ねられたことも印象的でした。さすがに、ちょっとびっくりしましたが(笑)。

今後は、日本一周を実現したいですね!

―最後に、キャンピングカー購入を悩んでいる方にアドバイスをお願いします。

「キャンピングカー=高い」というイメージは根強く、実際に高級な車がたくさん販売されているので、キャンピングカーはお金をかけるべき乗り物だと思われている方は多いのではないでしょうか。

しかし、中には「自家用車持ち込みOK」のショップもありますし、中古のキャンピングカーショップでリーズナブルな実車が見つかる場合もあります。

それに、自分に合った内装を作るために相談に応じてくれるところも多いです。

今一度、今二度、自分がどんなキャンピングカーが欲しいのかを具体的に考えてみてください。

その後でキャンピングカーの展示会などに出かけて実際の車を見ながら話を聞いてみると、きっとぴったりの一台に出会えると思います。

「高いから、今はまだ……」と先送りにするのも1つの手ですが、私は思い切って今購入したことで、週末が以前よりも楽しくなりましたよ!

関連記事一覧