【キャンプ×車中泊】トレーラーキッチン・ルーフテントなど 車中泊カスタムをご紹介

【キャンプ×車中泊】トレーラーキッチン・ルーフテントなど 車中泊カスタムをご紹介



車中泊キャンプの人気が高まってますね。

メリットは季節を問わず簡単設営、撤収。それだけキャンプを楽しむ時間が増えます。

初心者でテント購入を迷っている方、キャンプを始めたいけど何をそろえればいいのか…など悩んでる方の悩みを解消してくれるのが車中泊です。

今回はキャンプと車を愛するベテランキャンパーさんの車中泊カスタムを紹介します。

「車中泊」は雨天候時などあらゆるシチュエーションに対応できる!キャンプに車中泊という選択肢を

車があるからこそのキャンプスタイル♪

トラキャン

今日ご紹介するのは、車中泊専門誌にも掲載された「こそさん」(Instagram アカウント @70t.t.l)の愛車、ランドクルーザー70。

外観はバンパーにウインチ、ルーフラック、サイドオーニングを装備し、タイヤをMTタイヤに交換、リフトアップしたオフロード+アウトドア仕様です。

ランドクルーザー70 2

エアクリーナーの空気吸入口を高い位置に変更している純正シュノーケルを装着しているので、川の中でも走れます。遊び心満載ですね ♪

ランドクルーザー70 テント

「こそさん」のキャンプスタイルは、普段はテントで急な悪天候時は車中泊にといった風に季節や天候、スペースなどシチュエーションに対応できるキャンプスタイルです。

キャンプ

真夏はサイドオーニングやタープの下でハンモック泊を…

雪 キャンプ

冬は好みのテントでお篭りスタイルに…

ランドクルーザー70 サイドテント

車が好きだからこそ、常に 車と一体感のあるキャンプスタイルを追求されているそうです。急な天候変化などに対応できるというのはキャンパーとしての危機管理能力満点ですね ♪

TCルーテント(VP160102I02)の公式商品ページはこちら

スルガ銀行キャンピングカーローン

【必要なモノ】キャンプ経験から学んだ「キャンプ×車中泊」に必要なモノとは? カスタムにチャレンジ

インテリア、シートカバー

ランドクルーザー70 運転席

「こそさん」の愛車のシートは生地、デザイン、ステッチ、カラーを、こそさん自らチョイスしたオーダーシートカバーで包まれています。

内装全体がブラウン×アイボリー色の落ち着いた雰囲気に仕上がっています。人柄が伺えますね♪

カーゴルームの照明、収納ボックス、バッテリーボックス。

車内 DIY

カーゴルーム壁面と天井サイドには収納BOXも製作、埋め込み式ダウンライトで車内の明るさを確保しています。

収納

カーゴルームはオレンジと白の樹脂を加工した自作の電源ボックスでサブバッテリー+1500Wのインバータを装備(走行充電システム&外部充電方式)夏キャンプには扇風機、冬キャンプには電気毛布に活躍しています。これも車ならではですね ♪

バックドアのフォールディングテーブル

フォールディングテーブル

リアの観音開きドアにも自作の折り畳みテーブルを製作。

フォールディングテーブル2

テーブルを閉じた時に違和感がないように純正パネルを使用しています。

フォールディングテーブル3

背板はコルクボード、天板はヒノキを使用してナイロンワイヤーで固定しています。

重いクーラーボックスを乗せても大丈夫なほど強度があるようです。本当に市販装備のようですね ♪

トレーラーキッチン

トレーラーキッチン

このキッチンよく見るとトレーラーですよ!

トレーラーのアオリを利用してお気に入りの自作キャンプキッチンに変化させているそうです。このまま移動できそうですよね ♪

【就寝スペース①】車内を快適空間にした「キャンプ×車中泊」 ライティングでさらにおしゃれカスタム

就寝スペース

就寝スペース

車中泊ベッドも自作されています。

ライティング

就寝 ライティング

さあ、お休みの時間ですよ♪ 説明が無ければ自宅のベッドルームと言われても納得しちゃうレベルです。

ベッドボード

ベッドボード

ベッドはスノコ状になっているので夏は背中に熱が籠りにくい仕様になっています。

ベッドパーツ収納

ベッドパーツ収納

ベッド部品は12ミリ合板を分割して車内に格納しています。

ベッド下収納

ベッド下収納

ベットの下には収納ボックスを自作してベッド使用時でもキャンプ道具が取り出しやすいように工夫されています。

【就寝スペース②】車の上で就寝出来ちゃう?! 憧れのルーフトップテントでキャンプを楽しもう!

圧倒的な存在感のルーフトップテント♪

ルーフトップテント

極めつけはトレーラー上のルーフトップテントです。

ルーフトップテント2

場所を選ばず簡単に設営できます。車のルーフに取り付けるのとは違って、車だけを簡単に移動できますので、テントを設営したまま買い出しにも行けますよ♪

ルーフトップテント3

車のルーフ上に比べて高さが低いのではしごの昇降や使い勝手はとても良いですね。車もスッキリ、お子さん達も上り下りしやすい高さです♪

ルーフトップテント中

テントを畳んでサイト移動も簡単です。急な悪天候時の撤収にも時間を取りません。

ブラストトレイル ルーフトップテントの取り扱いサイトはこちら

【キャンプ×車中泊】車中泊はキャンプの手法の一つ! カスタムをしてキャンプの幅を広げてみよう!

経験すると楽しさがわかります♪

ルーフトップテント 車横

いかがですか。「こそさん」の移動ホテルのようなこだわりのカスタム化。

普通だとテント泊か車中泊かを決めてキャンプに向かう場合が多いですが、あくまで車中泊はキャンプの一選択肢として状況によって変更できるというのは素晴らしいですね。

選択肢は多ければ多いほど急変する状況にも対応しやすく、それだけ楽しみの幅も広がりますよね。

さあ、あなたも車をキャンプギアの一つとしてとらえ、キャンプの幅を広げてみませんか?もっと楽しくなりますよ ♪