【TACOS】HANA1.5(タコス ハナ1.5)

【TACOS】HANA1.5(タコス ハナ1.5)



TACOS HANA1.5

TACOS HANA 

出典:TACOS

ライトエースをベースにしているHANAシリーズは、軽キャンだと物足りないけれど、ハイエースだと大きすぎるという方にちょうど良いサイズのキャンピングカーだ。その可愛らしい名前とコンパクトで扱いやすい車体、落ち着きのある内装から女性人気も高い。

1.5mのルーフベッドを備える「HANA」、ルーフベッドはないがその分より広い天井空間とセミダブルのフロアベッドが作れる「HANA2」、ポップアップルーフを持つ「HANA eve」といくつかのラインアップを揃える。

また、HANAシリーズではオーナーの使い方に合わせて、ルーフ部と下段の家具を自由に組み合わせられるようになっている。例えば「広いフロアベッドが欲しいけどポップアップルーフもつけたい」という方には、「HANA2の内装に、HANA eveのルーフ部を組み合わせる」など、様々な要望に応えてくれる。

そんなHANAシリーズの中から今回紹介するのはHANAとHANA2を組み合わせた「HANA1.5」だ。ルーフ部はHANA、居住スペースはHANA2の仕様となっている。

日常使いにも対応でき、休日のちょっとした旅も快適にしてくれるオールラウンドなバンコンだ。

HANA1.5(ハナ1.5)
ビルダー:TACOS
タイプ:バンコン
ベース車両:ライトエースバン
価格:¥3,440,000~
乗車人数:5名
就寝人数:大人2名・子ども2名
全長:4,045mm
全幅:1,665mm
全高:2,250mm

外装

TACOS HANA1.5 外観

見た目は少し背の高い普通車である。大き過ぎず小さ過ぎない。この絶妙なサイズ感は、タウンユースでの普段の買い物から、休日にちょっと遠くに出かけるといったアウトドアまで、幅広く活躍してくれそうだ。

サイドオーニングはオプションで装備が可能。また、TACOSではオーナーの希望に合わせてHANA専用のサイクルキャリヤや、ヒッチメンバーなど、パーツの製作も行なっているようだ。ロードバイクなど自転車を趣味にしている人や、アウトドアが趣味で外付け収納が欲しい人など、希望がある場合は相談してみると良いだろう。

内装

ダイネット

TACOS HANA1.5 内装

内装はクリーム色とグレーを使用した落ち着きのあるインテリアになっている。HANAの特長でもあるハイルーフのおかげで頭上が広々としていて圧迫感がなく開放的だ。

TACOS HANA1.5 ダイネットシート

ダイネットは、後ろ向きにした3名掛けのセカンドシートと、リア左サイドに配置された2名掛けの縦置きソファーで構成されている。

また、縦置きソファーとキッチンの間にシートマットを設置すれば、テーブルを挟んでセカンドシートと対座になるので食事などはこちらの方がしやすいだろう。コの字型のソファーレイアウトは大人5名でもゆったり座れそうだ。

TACOS HANA1.5 ダイネット

ダイネットテーブルは若干小さめではあるものの、軽量でダイネットベッド展開時にも出し入れしやすい。

また、テーブルの高さを変えることで、ベッド展開後もテーブルを使用することができる。横になりながらドリンクを飲んだり、軽食をつまんだりと、まるで自宅にいるかのようにリラックスタイムを過ごせるだろう。

ギャレー

TACOS HANA1.5 ギャレー

ギャレーは蓋つきの丸いシンクと調理スペースがついている。カセットコンロが標準でつくので、簡単な料理なら作れそうだ。上部には専用の照明がついているので手元が明るく作業が楽にできる。

また、前には大きな鏡が設置されており洗面台も兼ねた仕様だ。化粧台としても使えるので女性には嬉しい。

シンクに蓋をすれば広めの机としても使えるので、汎用性が高くスペースを有効に利用できる。

TACOS HANA1.5 ギャレー収納

ギャレー右手前には、シートと同配色のウォールポケットが取り付けられており、散らかりがちな小物の収納まで配慮されている。

ベッド

TACOS HANA1.5  バンクベッド

ベッドはダイネットベッドとルーフベッドの2カ所がある。

ダイネットベッドは、セカンドシートをフラットにし、リア左サイドに配置されている縦置きソファーとギャレーの間に2枚のベッドマットを置くだけでベッド展開が完了。

先にも述べたように、ダイネットテーブルは足を短くしてちゃぶ台の様にも使え、テーブルを取り外せば、1,850mm x 1,200mm(一部ギャレー部分は1,050mm)のセミダブルベッドになる。大人2名の就寝が可能だ。

ルーフベッドは1,500mm x 1,000mmで子ども2名が就寝できる。ルーフにベッドマットを敷くことでダイネットの天井の一部は若干狭く感じるが、後部の方は問題なく、子どもが寝た後に大人だけでゆっくりとした時間を過ごすこともできるだろう。

収納

TACOS HANA1.5  オーバーヘッド収納

ダイネットにはオーバーヘッド収納が左右に設置されており、日用品なども十分に収納できるだろう。また、縦置きソファー下も収納スペースとなっており、テントなどの長物を収納するのにちょうど良いだろう

まとめ

キャンピングカーというと長期旅行向けの大きなものをイメージしがちだが、実際には長期で旅行する人よりも、休みの日に1、2泊でキャンプやアウトドアに行くという方の方が多いのではないだろうか。

今回紹介した「HANA1.5」はそんな短期旅行者や日常使いをしたい方に最適のキャンピングカーだ。

関連記事一覧