【マックレー】ERMITA(エルミタ)



【マックレー】ERMITA(エルミタ)

エルミタ

今回の記事では京都のビルダー「マックレー」が制作するキャンピングカー『エルミタ』について紹介する。エルミタは国産としては比較的珍しい軽トラックキャンパーで、シェル部分を軽トラの荷台に積載物として利用するタイプのキャンピングカーだ。

シェル部分のみとはいえ、99万円〜(税別)から購入可能なキャンピングカーとして先日開催されたキャンピングカーショーでも話題のクルマとなっていた。

値段についてもう少し細かく見るとシェルパッケージが99万円〜(税別)、スタンダードパッケージが129万円〜(税別)、リミテッドパッケージが159万円〜(税別)と内装や電装系の装備の充実度によって3段階のパッケージに分けて販売されている。

価格も安く、ユーザー自身でシェルの積み下ろしができるエルミタは、キャンピングカーとしてだけでなく、オフィスや移動型の店舗としての需要も取り込んだ幅広い層がターゲットとして見込め、トラキャンの新たな可能性を感じさせる一台となっている。

ERMITA(エルミタ)
ビルダー:マックレー
タイプ:軽トラックキャンパー
価格:¥990,000(税別)~ ※シェル部分のみ
就寝人数:4名
荷台部の底辺積載サイズ:189.5×125cm
荷台からの高さ:181cm(TVアンテナ付きは+14cm)
架装部重量:約250kg 
公式サイトはこちら

外装

エルミタ 外装

続いて外装についてだが、シェルはアルミフレームとアルミパネルによって構成され断熱材も入っているので、断熱効果も期待できる。

側面の窓はガラス製だが網戸やシェードもついており、他のキャンピングカーでよくあるアクリル製の窓と用途的には同じような使い方が可能だ。

そして気になるシェルの積み下ろしについては、リミテッドパッケージであれば4本のステーを均等に上げ下げすることによって行うので、1人でも難なく着脱することができるだろう。

また、上の写真を見ても分かるように、運転席上部のクルマの天井とシェル部分には隙間が空いている。これは元々エミリアはダイハツのハイゼットトラックを想定して作られたが、ハイルーフの軽トラックでも対応できる柔軟性を持たせるために、この仕様となっているようだ。

内装

エミリア 諸元表

前述した通りエミリアでは3つのパッケージで販売が行われており、基本的に本記事で紹介している写真はリミテッドパッケージのものとなる。それぞれのパッケージで家具や設備の充実度が異なるので、誤解のないようご注意いただきたい。

ダイネット

エミリア レイアウト

まずダイネットについてだが、スタンダードパッケージ以上のグレードでは2〜3名が着席可能なソファーやテーブルがついてくる。ソファーは横向きで、テーブル側に窓もあるので外の景色を見ながら食事を楽しむことができる。

このソファーは全面フラットなベッド展開も可能で、大人2名でもゆったりと就寝できる1,810mm×1,330mmの広さが確保されている。寝るとき以外もフラットな状態にしておいて、自由な体勢で座れるようにしておくのもオススメの使い方だ。

エミリア 収納

また、ソファーの下はテーブル下からもアクセス可能な扉付きの収納スペースになっている。

リミテッドエディションであれば、ここの収納以外にも天井側に収納棚が設置されるが、ある程度大きさのあるものはここの収納スペースか、もしくはバンクベッド部分を荷物置き場として使用することになるだろう。

バンクベッド

バンクベッド

バンクベッドマットはリミテッドパッケージに標準装備され、ベッド脇の丸窓もリミテッドパッケージのみの仕様だ。このスペースもフロアのベッドと同じ1,810mm×1,330mmの広さがあり家庭用のセミダブルベッド以上のサイズとなる。

つまり、フロアベッドと合わせて大人4名が就寝可能なことになるが、エルミタの場合はシェル部分が積載物扱いとなるので、走行中は運転席と助手席の合わせて2名しか乗車できない点は注意が必要だ。

ギャレー

ギャレー

スタンダードパッケージ以上のグレードにはエントランスから入ってすぐのところにギャレーもついている。

給排水タンクはそれぞれ5Lと大容量ではないが、車内で手を洗ったり、食器類を洗う分には困らない。給排水タンクは車外から直接取り出せるようになっているので交換も簡単だ。

電装系

エルミタ 電装

エルミタには基本となるシェルパッケージにも105Aのサブバッテリーが標準装備されている。そのほか、外部100V取り入れようの設備やサブバッテリーを外部電源から充電できる機能も標準装備となるが、走行充電やソーラーパネル充電などはオプションとなる。

また、AC100Vのコンセントも2口付いているが、外部電源からではなくサブバッテリーから家電製品を使いたい場合は、オプションの正弦波インバーターが必須となるのでご注意いただきたい。

そして、エルミタは空調設備も充実しており、スタンダードパッケージ以上ではベンチレーター(換気扇)が標準装備されるほか、軽トラックキャンパーとしては比較的珍しいエアコンもリミテッドパッケージには付いている。冬にも車旅をしたい場合は、オプションの灯油タンク式FFヒーターを付けておくのがオススメだ。

まとめ

今回の記事ではマックレーの『エルミタ』を紹介した。99万円〜(税抜)から購入可能というコストの安さに目がいきがちだが、内装や空調など実際に車内で過ごすときの快適性や利便性についても、しっかりと考えられた作りになっている。

また、シェル部分は積み下ろしが可能なので、日常生活ではベース車を軽トラックとして使用できる点も便利で、軽トラックキャンパーの魅力が詰まった一台となっている。

 

関連記事一覧