• HOME
  • 記事一覧
  • キャンピングカー
  • 高級感ある内装!装備控えめで価格も抑えめの新作キャンピングカー!ハイエース標準ボディで7人乗り! K-WORKS(ケイワークス)・Rugged VAN(ラギッドバン)

高級感ある内装!装備控えめで価格も抑えめの新作キャンピングカー!ハイエース標準ボディで7人乗り! K-WORKS(ケイワークス)・Rugged VAN(ラギッドバン)



キャンピングカーを買うならトヨタのハイエースをベースにしたモデルがいい。

いちばん車体が小さい標準ボディなら運転もしやすそう。

そして、装備はシンプルでかまわないから、価格はなるべく抑えてほしい。

でも、内装のクオリティにはこだわりたい。

そんな人に注目してほしいキャンピングカーがK-WORKSから発売されました。

同社のこれまでのモデルから95万円も安い価格設定

7人乗りなので普段使いにも便利です!

Rugged VAN(ラギッドバン)の概要とコンセプト

外装

愛知県に本社があるキャンピングカービルダー・K-WORKS(ケイワークス)。

普段使いもしやすいことを考慮して、外装にほとんど手を加えないバンコンにこだわっています

同社は三菱のデリカD:5ベースのバンコン(バンコンバージョン)や軽キャンピングカー、キャンピングトレーラーなども発売していますが、最も種類が多いのはトヨタ・ハイエースをベース車としたバンコンタイプのキャンピングカー。

オーロラエクスクルーシブやSL(スペシャル・ラグジュアリー)、EVANS(エヴァンス)などは、高級感あふれる内装と快適設備を満載したハイグレードなモデルとなっています。

これらは充実した装備と内装に比例して価格も600万円台前半~と、なかなかのハイレベル。

そんな中にあって、今年(2022年)発売されたRugged VAN(ラギッドバン)は、498万円(税込、以下価格はすべて税込)~

これまでのケイワークスのハイエースをベース車としたバンコンでは最廉価となっています。

価格を抑えられた理由は主に装備の簡略化によるもので、上位モデルの内装の高級感はそのまま継承しつつRugged=「ごつごつした、無骨な、丈夫な」といった雰囲気を持つ1台です。

スルガ銀行キャンピングカーローン

ラギッドバンの外装について

外装

ラギッドバンのベースとなっているのはトヨタ・ハイエースの標準ボディ。

ハイエースの中でいちばん小さいモデルで、全長4695mm×全幅1695mm×全高1980mm

外観はベース車のハイエースのまま。

エレペーティングルーフがなければ見分けがつきません。

また、ハイエースの廉価グレードであるDXを採用して、価格を抑えるとともにDXが持っている武骨な雰囲気を残すようにしています。

展示車はオプションのエレベータールーフ(水平に上下するポップアップルーフ)が設置されていたため高さのみ2130mmとなりますが、ボディの長さ4.7m弱で幅1.7m弱というサイズは、現代のミニバンと比べてもかなりコンパクト

狭い路地でもスイスイ入っていけるでしょう。

次のページ▷ラギッドバンの気になる内装をご紹介します!