車中泊で日本一周中!初心者が初心者に教える、車中泊する場所の選び方と注意点



車中泊をしながら日本一周をしています。

2022年5月に車をある程度完成させて、6月11日(大安)に東北・北海道方面へ出発しました。

車旅3カ月目なのでまだまだ初心者ですが、これまでの実体験を踏まえて、車中泊場所の選び方や注意点を紹介したいと思います。

これから車中泊をしようと考えている方や始めたばかりの方の参考になれば幸いです。

【車中泊で日本一周】現在地は北海道

DIYで車中泊仕様にした中古のバン(トヨタ・ライトエース)で日本一周しています。

富山県富山市から出発して、新潟県→山形県→秋田県→青森県。

現在は北海道を巡っています。

北海道の道北・道東と呼ばれる地域はお盆を過ぎると一気に秋へと加速します。

ここ数日、明け方は寒くて布団の中で縮こまって寝ていました。

車内からの風景

旅を続けてもうすぐ3カ月。

車中泊ベテラン勢には敵いませんが、少しは自分のペースをつかめたかなと感じています。

車中泊旅に出たての頃は、次の予定を立てることばかり考えて、常にGoogle Mapを開き、口コミばかり見ていたような気がします。

2〜3週間過ぎたあたりからでしょうか、あまり考えないようにして、その場その場で対応するように変えました。

「今日はどこで車中泊したいか?」から「今、車中泊出来る場所はどこか?」と思考を転換したんです。

すると、考える時間が減って、それまでより観光やグルメを楽しめるようになりました。

90泊くらいしていると、自分なりに車中泊場所の選び方や注意点がわかってきたと思います。

スルガ銀行キャンピングカーローン

【車中泊で日本一周】車中泊スポットはどんなところがあるのか

車中泊スポット

車と一緒に泊まれる場所はいろいろな所があって、それぞれルールや規制があります。

施設によってはお金が掛かるケースも出てきます。

泊まれそうに見えても、車中泊を禁止している場合もあるでしょう。

私が考えつく車中泊スポットは5つ

・道の駅(車中泊を認めている、車中泊を禁止していない場合)
・RVパーク
・キャンプ場
・公園などの駐車場(車中泊を禁止していない場合)
・高速道路などのサービスエリア・パーキングエリア

RVパークやキャンプ場は料金が掛かりますが、ルールが明確で安心です。

高速道路のサービスエリアやパーキングエリアも休憩・仮眠が目的で作られているので安心して利用出来ます。

ちょっと難しいのが道の駅と公園ではないでしょうか。

車中泊はグレーな部分があると言われますが、その場所で車中泊ができるかどうかは各施設が決めているので、そこのルールに従えばよいと思います。

車中泊をしたい場合は、その施設のホームページや駐車場を使用する際の注意看板などを確認するか、施設や施設管理者に直接電話やメールで問い合わせましょう。

安全面も含めて事前調査をしっかりと行い、マナーを守って旅先でだれにも迷惑をかけないようにしたいですね。

次のページ▷車中泊スポットの決める時の確認事項や注意点