すぺーしあ

スズキの新型商用軽「スペーシア ベース」登場!レジャー用途での活躍にも期待



スペーシアに商用車が登場!

スズキは2022年8月26日、軽商用車の新型「スペーシア ベース」を発売しました。

スペーシア ベースは、「遊びに仕事に空間自由自在。新しい使い方を実現する軽商用バン」をコンセプトに掲げ、商用車ならではの積載性や広い荷室空間、使い勝手のよさと、乗用車のデザインや快適性、運転のしやすさを融合したモデルです。

スルガ銀行キャンピングカーローン

スペーシアシリーズのデザインを随所に

スペーシア

スズキ スペーシア ベース XF

フロントやサイドのデザインは既存モデルのスペーシアカスタムに基づいているように見えます。

フロントグリルやドアハンドル、ドアミラー、バックドアガーニッシュ、14インチホイールなどの加飾をブラックで統一することで、重厚感を強調するとともに、リヤクォーターパネルやチェッカープレートをモチーフにした専用エンブレムを採用し、「お気に入りの道具感」を演出しているとのこと。

後方

スズキ スペーシア ベース XF

一方でリアはスペーシア ギアと同じテールランプを採用。

最上位グレード「XF」のルーフにはスペーシアギアのルーフレールが装着されます。

車体色は、新色「モスグレーメタリック」をはじめとする全5色のラインアップ。

商用車らしい落ち着いたカラーはアウトドア用途でも活躍しそうです。

人気モデルであるスペーシアシリーズのデザイン性を備えつつ、4ナンバー化したことで維持費が安く抑えられるというコンセプト。

N-VANあたりと競合することが予想されます。

アレンジが可能なマルチボードを全車採用

内装

内装では隙間のないフルフラットなフロアと低く抑えた荷室開口地上高による、使いやすく荷物が出し入れしやすい荷室空間と、スペーシアと同等の乗り降りしやすいシート高や乗り心地のよいフロントシートによる、快適な前席空間を両立しています。

ないそう

また、4パターンのアレンジが可能な「マルチボード」を全車標準装備。

車中泊やワーケーションなど、目的に合わせて室内空間を自由に作り出すことが可能です。

前方 内装

また、インパネカラーパネルやリヤクォーターポケットなどのアクセントカラーにグレーイッシュブルーを採用し、力強さを表現しています。

さらに、オーバーヘッドシェルフやリヤクォーターポケット、フロアコンソールトレーなど多彩な収納スペースを設置。

そのほかにもユーティリティーナットやLEDルームランプ、運転席&助手席シートヒーター、助手席シートバックテーブル、防汚タイプラゲッジフロア、USB電源ソケット[Type-A/Type-C]を採用し、利便性の高い室内空間としました。

次のページ▷ 安全性能はどう?!