女一人の車中泊!女性バンライファーが危険を回避するために気を付けている5つのこと



私は1年の約半分を車で旅する女性バンライファー。

誰もが目を引く美女……ではないものの、女一人で車中泊をするというのは様々な危険が伴います。

しかし、私は去年からこの生活を続けていますが、実際に危険な目に合ったことは一度もありません。

そこで今回は、私が女一人で車中泊をするにあたり、気を付けている5つのことを紹介したいと思います。

おすすめの防犯グッズなども紹介しますので、車中泊を考えている女性の参考になれば嬉しいです。

車中泊に潜む危険とは

2022年2月、滋賀県にあるコンビニの駐車場で、仮眠していた女性をわいせつ目的で狙った事件が起きました。

このとき、車は無施錠だったようです。

また、少し前にはなりますが、2012年には高速のSAで同じく無施錠のまま車で仮眠している女性を狙った事件が起きています。

この犯人は、他にも19歳や28歳など様々な年齢の女性を狙っていたようです。

ウインドーをノックして女性ナンパし、信じ込ませたところで犯行に移すといった手口もあったそう。

2012年のニュースでは、車中泊の流行に伴い、女性の一人旅を狙ったSA内のわいせつ被害が急増しているとの記載がありました。

女性を狙った事件は、10年も前から問題になっているのです。

車を狙った事件といえば車上荒らしを想像しますが、車中泊の場合、車の中に人がいることを前提とした事件が起きるのが怖い点です。

しっかり対策を行い、危険な目に合わないようにしましょう。

スルガ銀行キャンピングカーローン

大前提!絶対に鍵をかけること

鍵

気を付けている5つのことを紹介する前に、大前提としてお伝えしたいのが、車内にいるとき・いないときどちらの状態でも必ず鍵をかけることです!

先の見出しで紹介した事件は、無施錠または、運転手自らが犯人を車内に招いてしまったことで起きています。

見知らぬ人を車に入れない。

そして、必ず鍵をかける。

この2つは徹底しましょう。

私の車は自動ロック機能がない古い車なので、自分で任意のドアを施錠・開錠していますが、自動ロックとなるとついつい忘れてしまうかもしれません。

特に、就寝時は鍵がすべて閉まっていることを必ず確認するようにしましょう。

次のページ▷危険を回避するために気を付けている5つをご紹介します!