ルーフテント

「屋根が凹んだ!」ジムニーでさえ40kg…ルーフテント利用時の耐荷重性能とは



アウトドア向けの車やカー用品が売れに売れている!

ここ数年は「キャンプブーム」「車中泊ブーム」が興り、それに伴って市場で売れる車両やカー用品もアウトドア寄りのものが多くなっています。

自動車市場を見てみると、SUVはもちろんのこと、キャンピングカーが順調に販売台数を伸ばしています。

自動車関連用品では、アウトドアギアを積む「ルーフラック」や「カーゴキャリア」の販売実績が順調に推移しているようです。

車

@Wirestock/stock.adobe.com

『RV INNO』ブランドでルーフラックを販売しているカーメイトでは、コロナ禍の影響で2019年の売り上げを一時は落としましたが、2020年からV字回復。

2021年には2019年比の3倍もの売り上げを記録しています。

なかでもコロナ禍以降、同じく売り上げを伸ばしているのが「ルーフテント」です。

スルガ銀行キャンピングカーローン

コロナ禍を経て、ルーフテントが大人気!

クルマの屋根の上に積載できて、キャンピングカー顔負けの就寝スペースを作れるルーフテントは、ソーシャルディスタンスという追い風を受けて市場を一気に拡大させました。

市場関係者に話を聞いたところ、やはり2020年ごろから販売数が伸び始め、現在では欠品状態が続くほどだと言います。

テント

@MarekPhotoDesign.com/stock.adobe.com

ルーフテントは20〜60万円ほどの価格帯となっており、2〜3人が寝られる商品が売れ筋。

既存の愛車を活かしたままキャンピング仕様に変えられることや、狭い車内のクルマでも広々した就寝スペースを得られることが人気です。

昨今ではSUVやワンボックス車オーナーからの引き合いが多く、関連する展示会では必ず見られるほどの定番アイテムとなりました。

しかし、気になることもあります。それはルーフテントの重さです。

商品によって差違はありますが、2〜3人用のもので約50kg。加えて就寝人数の体重が加わります。

次のページ▷ その車は、ルーフテントを載せても問題ない?!