ジムニーロング

「本当に出るのかな?」5ドアと噂の『ジムニーロング』をジムニストが予想!



テストカーの登場で現実に?!ジムニーロングの噂

ジムニー

ジムニーロングと思われるテストカー

海外で登場のうわさが立ち、テストカーも姿を現したことからその登場に現実味を帯びてきた、スズキが誇る本格軽クロカン・ジムニーの5ドア・ロングバージョン、通称『ジムニーロング』。

これまでMOBYでもたびたびスクープ情報や予想CGを報じてきましたが、そのたびにジムニーファンやSUVファンから大きな反響を呼びました。

期待と不安、そのどちらの声も挙がっているジムニーロングについて、ジムニーファンの筆者がスクープ写真などをもとに考察と予想を行います。

スルガ銀行キャンピングカーローン

ロング化によってジムニーは文字通り大きく進化

ジムニー5

ジムニー5ドアの予想CG(編集部制作)

ホイールベースと全長が延長されることで実現するのは、車内の後部空間の拡大です。

これをジムニーにあてはめれば、ロング化によって、これまでよりも後席が遥かに快適な車内空間になることが期待できます。

レッグスペースの拡大で窮屈さが緩和されるのはもちろん、リクライニング機構があればその快適性はさらに向上するでしょう。

従来のジムニーは、大人4人が乗るには少し心許ない車でしたが、ジムニーロングはそれを改善してくれる車として登場するのではないでしょうか。

気になるのは乗降性ですが、ジムニーロングと思われるテストカーのスクープ写真を見ると、後席ドアの開口部は意外と大きくとられているようです。

リアフェンダーの干渉は気になるものの、大きな不満をもつほどではないものと思われます。

インテリア

スズキ ジムニーのインテリア

また、ロング化による恩恵は後席の居住性向上だけでなく、従来のジムニーの弱点となっていた積載性能の向上も見込めます。

従来のジムニーに長尺物を載せようとすると、助手席を倒すか、ルーフ上を使うしかありませんでした。

セカンドシートを倒した状態でもそれほど容積のあるラゲッジスペースではないため、キャンプを楽しみたい場合などはルーフラックが必需品になると多くのユーザーから聞いています。

しかし、ジムニーロングと思われるテストカーでは、セカンドシート使用時でも、従来よりも1.5倍以上のラゲッジスペースが確保されているように見受けられます。

もちろん、シートを倒せばさらなるラゲッジスペースが確保できるはずです。

そのため、ジムニーのロング化は積載性能に不満を持っていたユーザーの興味を取り戻す大きな武器となり得るでしょう。

シエラ

エクステリアの全体像に目を向けると、多くはジムニー シエラと共通化されているようです。しかし、リアゲートのスペアタイヤ取り付け部が若干異なっているようにも見えます。
従来のジムニーではスペアタイヤを裏にして装着する必要がありましたが、ジムニーロングではそうする必要がなく、表向きで装着できるのかもしれません。後ろにスペアタイヤでもドレスアップができるようになると考えると、楽しみ方が広がるのではないでしょうか。

次のページ▷ エスクードのハイブリッドはどう?