冬の車中泊

外に出たくない!寒い冬の車中泊を充実させるおすすめアイテム



車中泊にとって厳しい冬が近づいて来ました。

寒いとどうしても外に出るのが億劫になってしまうこの季節。冬場は車内にいる時間が自然と増えてしまい、1日中車内で過ごすような日も多々あります。

「狭い車内でずっと過ごすなんて、退屈しないの?」なんて疑問に思われるかもしれませんが、私たちはむしろ、引きこもりを楽しんで車内時間を過ごしています。

今回は、そんな車内でのおこもり時間を充実させてくれるアイテムをご紹介したいと思います。

これがあれば寒くない!冬の車中泊で暖かく過ごす為のアイテム

寒いとなかなかリラックスできないもの。逆に、暖かさを保てるとそれだけで心地良く過ごせます。

わが家には車用のヒーターがない為、「冬を乗り切るにはどうしたらいいか」は切実な問題でした。

しかし、いくつかのアイテムを使用することで、今は暖かく快適に過ごせています。

まずはおすすめのあったかグッズをご紹介したいと思います。

体温を保つ秘訣・ウール100%の肌着と靴下

ウール100%の肌着

寒いのが大の苦手の私は、実際に使用するまでウールの素晴らしさを知りませんでした。

化学繊維のセーターなどとは比べ物にならない程の暖かさで、覚悟していたヨーロッパの寒い冬も、おどろくことにウールのおかげで苦痛なく過ごせています。

ウールの主な特徴は以下の2つ。

・断熱性が高い空気の層がある
・熱を通しにくい

天然繊維のウールはその構造上、身体の体温を逃さずに保ってくれる性質があるので、上下の肌着、そして靴下があればかなり暖かさを保てます。

そして、ウールは底から来る冷えも遮断してくれるので、ウール毛糸のパンツやブランケットもあればさらに冷えを防げるのでおすすめです。

肌触りが良く、今まで知らなかったことを後悔するほどウール100%は暖いので、まだ試したことのない方はぜひ試してみてください。

車中泊に持っておきたい湯たんぽ

湯たんぽ

お湯を沸かして入れるだけで長時間暖かさを保ってくれる湯たんぽも、かなり重宝しています。

「クビ」と付く部分を暖めると身体全体が暖まると言われており、首・手首・足首などを暖めることで、全身がじんわりポカポカしてきます。

時には汗ばむこともあるので、湯たんぽは侮れません。寝る時にも足元に湯たんぽを置いて寝ると、心地良く眠れるのでおすすめです。

カバーは必ず付けて、低温やけどには注意してくださいね。

車中泊で石油ストーブ?!

石油ストーブ

一酸化炭素中毒などの危険性があると懸念される、車中泊での石油ストーブの使用。

ですが、実は私たち、電源が取れない場所ではこの石油ストーブを使用しています。

車内全体を暖めてくれるので、暖を取る手段として1番役に立っているアイテムです。

「実際に危なくないのか?!」ですが……。

もちろん、細心の注意を払って使用しています。

・サイドドアは常に開けている
・定期的にサイドドア全開にして喚起を行う
・近くに燃えるものを置かない
・火傷にも注意する
・寝る前には必ず消火する

など。

ドアを開けていても気にならないほど暖かくおすすめなのですが……。

最悪の場合死亡する可能性もあるということを念頭に置いて、使用する際は細心の注意を払い、使用する必要があります。

趣味に没頭するためのアイテム

ティーセット

突然ですが、みなさんのんびり趣味に没頭できていますか?空いた時間ができたとしても、何かしら忙しく動きがちなのが現代人です。

「どんよりとした天気の中、寒いし外に出たくない……」

そんなシチュエーションがよく訪れる冬の車中泊だからこそ、趣味に没頭してみませんか。

私たち人間は、1日のうちに無意識で7~8万回も思考が働いていると言われています。

頭の中を空っぽにして、ただただ趣味に没頭する。趣味に没頭する時間は、生きていくうえでとても大切な時間だと思っています。

実は、1つの事に没頭して集中している時間、そして楽しんでいる時は、エネルギーが高まりストレスも発散され、健康にもよいと言われているのです。

趣味のためのツールが車内にあると、充実した引きこもり時間を過ごせ、時間もあっという間に過ぎてしまいます。

意外と忘れがちかもしれませんが、趣味のためのアイテムは車内に積んでおきたいおすすめのアイテムです。

自然の中で時間を忘れて、思いっきり趣味を楽しむ時間は格別です。

身体を温め病気も撃退?!一石三鳥なティーアイテム

ティーパック

寒い冬に私たちが特に楽しんでいるのがティータイム。

飲むだけでなぜか幸せな気持ちになれる温かいココア、紅茶やコーヒー、ハーブティーなど、お茶を楽しむためのアイテムがあれば、車内時間はより充実するんじゃないかと思います。

そして、お茶やハーブティーは美味しいというだけではなく、実はたくさんの効能が期待できるという嬉しいおまけ付き。

例えばデンマークでは、風邪を引いても病院に行く人はおらず、病院に行く代わりにハーブティーを飲んで風邪を治すそうです。

風邪の症状の穏和や予防に飲みたいハーブティーは、カモミール(ジャーマン)・エルダーフラワー・タイム・ジンジャーなど。

風邪の時に飲むといいハーブがミックスされた物も売っているので、車内に1つ用意しておくと心強いですね。

ハーブティー

ハーブティーには、そのハーブにより、抗菌・抗酸化・発刊・消化機能促進・リラックス作用などなど、他にも上げきれないほど様々な嬉しい作用が期待できます。

おいしくて身体にも優しいなんて、植物のパワーは偉大ですね。

お茶やハーブティーについて調べてみると、その魅力にどっぷりハマってしまうかもしれません。

そんな一石三鳥なティーアイテムも、車中泊時間の充実に、あると嬉しいアイテムです。

車中泊でも本格的な料理を!

キッチンアイテム

引きこもりの楽しみのひとつがおいしいごはんを食べること。

車中泊での料理はできれば簡単に、洗い物も少なく済ませたいところですが、時間がたっぷりある時だからこそ、手の込んだ料理を楽しむのもいいもの。

普段の車中泊ではなかなかできなくて、食べたくても食べられなかった手の込んだ料理を、時間をかけて楽しむのもおすすめです。

・春巻きや餃子を皮から、カレーをスパイスから作ってみる。
・ピザやパン、ケーキなどを生地から作ってみる。
・ソースやドレッシングも作ってみる。
・きな粉を豆から作って、団子も作ってみる。

などなど、手間暇かけて作ったごはんは本当においしい!

わが家にはたくさんのキッチンツールが積んであるのですが、

・フライパン
・鍋(大きめ1つ・ご飯を炊く用・スープ用)
・水切り用のざる
・おろし金
・ブレンダー(手動のものだと車中泊には更におすすめ)

さえあれば、車内でも大抵の料理は作れると思います。

それに加え、様々なハーブ・スパイス・調味料などがあればある程、料理の幅が広がりますね。

車中泊の特権もプラスされ、自然の中で食べる手間をかけて作ったごはんのおいしさはとびきりです。

癒し効果もあるキャンドルライト

キャンドルライト

冬場は日が短く夜が長いので、キャンドルライトは車中泊でも大活躍します。

日照時間も少なく地域によってはどんよりした日も多い為、ソーラーパネルを取り付けていたとしても、なるべく電源をセーブしたいのが冬の車中泊です。

そんな時はキャンドルライトの出番。狭い車内なので、数個キャンドルに灯りをともすだけでもかなり明るくなり、ほんのり車内も暖めてくれる気がします。

そしてゆらゆら揺れる炎の光には癒し効果があり、目にも優しい落ち着いた光で車内はたちまちリラックス空間に。

ディナーの後はキャンドルタイム。キャンドルに灯りをともし、食後のスウィーツとホットドリンクを用意して、本を読んだり動画や映画鑑賞。

とてもリラックスできて幸せな気持ちになる、おすすめの過ごし方です。

キャンドルは長いタイプの方が灯りが大きく、より車内を明るくしてくれますよ。

冬の車中泊をおもいっきり楽しもう

キャンドル

寒い冬の車中泊。車内時間を充実させるための第一歩は、居心地の良い空間づくりだと思います。

居心地の良い空間で、のんびり好きな事をおもいっきり楽しむ。

そんな素敵な時間を車内で過ごせたら、冬の車中泊が楽しみになるかもしれません。

寒さ対策も万全に、車内時間を楽しむためのアイテムを持参して、今年の冬は車中泊で充実した1日を過ごしてみませんか?

関連記事一覧