• HOME
  • 記事一覧
  • 知識
  • キャンピングカーの支払い方法、みんなはどうしてる?お金のあれこれ販売店に聞いてみた!
電線なしアイキャッチ

キャンピングカーの支払い方法、みんなはどうしてる?お金のあれこれ販売店に聞いてみた!



車種にもよりますが、キャンピングカーの価格は500万円から1000万円がボリュームゾーン。

「購入する方はお金持ちの人ばかりなのでは」というイメージを抱きがちですが、そうとも限りません。

前回の記事では、顧客の年齢層や職業などをご紹介し、お金持ちばかりが購入しているわけではないことがわかりました。

▼前回の記事はこちら

では実際に、購入したみなさんはどのように支払いをしているのでしょうか。

今回の記事は、販売店に聞いてみたシリーズ第2弾。キャンピングカーを購入するときのお金にまつわる話をたくさん聞いてきました。

キャンピングカーの購入を決めた方が、実際にどのような支払い方法を選択しているのか? さらに、手放すとしたらどのくらいで売れるのか?など、できるだけ具体的にご紹介!

ぜひ、みなさんのキャンピングカー購入の参考にしてください。

キャンピングカープラザ東京 木村店長

前回に引き続き、インタビューに答えてくれたのは、埼玉県入間市にあるキャンピングカープラザ東京・名物店長の木村さんです。

こちらのお店ではお求めやすい価格からトップエンドのものまで幅広い車種を扱っており、キャンピングカー購入のために全国からさまざまな方が訪れています。

店長の木村さんはもともとキャンパーで、キャンピングカーが大好きなのだとか。この道30年のベテランなので、今まで対応したお客さまも数えられないほどいらっしゃいます。

では、さっそくキャンピングカーを購入するときのお金にまつわる話を聞いてみましょう。

車体以外の諸費用がどれだけかかるのか

Darwin
Q5 アクリル二重窓

キャンピングカーの価格帯は、500万円から1,000万円ほどが多いと記事の冒頭でもお伝えしました。しかし、実際にはこれらの金額の他にもいろいろと費用がかかります。

・オプション代
・諸費用

オプション代は、キャンピングカーの外装や内装に装備を付け加えたときにかかる代金です。

諸費用は主に自動車を購入するときにかかるお金で、主には自動車税種別割、自動車税環境性能割、自動車重量税といった税金と、車を所有する際には必ず入らなければならない自賠責保険です。

オプションは装備によって代金が異なりますが、諸費用の費用はどのくらいを見込んでおけばいいのでしょうか。

「ものによりますが、大体40万円くらいですかね」

つまりキャンピングカーの購入代金は、消費税込みの車体の価格とオプションの代金に加え、諸費用40万円程度を見込んでおけばよさそうです。

Darwin
Q5 電装系

ちなみに保証はどのようになっているんでしょうか。

「弊社の場合ですと、新車のボディや木工製品が1年、電装品が6ヵ月です。中古車は保証が無い代わりに、メインバッテリーやサブバッテリーの無償交換などをしています」

中古車の保証がないのは、何か理由があるんでしょうか。

「お客さまの中には遠方に住んでらっしゃる方もいて、何か問題があってもすぐに車を持ってくることができないんですね。みなさんイコールコンディションにするにはどうしたらよいかと考えて、保証をなしにする代わりにメインバッテリーやサブバッテリーの無償交換、車検相当の整備をしてお渡しすることにしたんです。そもそも弊社の中古車は自分が販売した車か下取りした車だけなんです。その中でもしっかり目利きして、部類としては特選中古車と言えるものだけを残しているので自信を持って販売しています」

そこまで考えてくれる販売店であれば、中古でも安心して購入できますね。中古車を買うことに不安を感じる方もいると思いますが、購入する際に保証なども確認しておけば購入後の余計な出費を抑えられるかもしれません。

スルガ銀行キャンピングカーローン

キャッシュ一括?ローンでの支払い?

キャンピングカープラザ東京

みなさんが1番気になるところが支払いの方法ではないでしょうか。木村さんのお店ではどのような方が多いのですか?

現金70%、ローン30%くらいでしょうか。オートローンの他に銀行ローン、自社ローン、共済ローン、農協ローンをお使いになった方々がいらっしゃいます」

一概にローンが多いとは言えないのかもしれませんが、お店でローンを組まずに自分でお金を借りて購入している方もいらっしゃるんですね。

では、ローンで支払う方は何回払いを選んでいるのでしょうか。

「弊社の場合ですと180回までローンを組めるのですが、120回でお支払いされる方が多いですかね。」

一般車をローンで支払うとなると60回払いで5年というのをわりとよく聞くと思いますが、キャンピングカーは一般車の約3倍の期間でローンが組めてしまうのです。

ちなみに、ローンを組むときに頭金は入れたほうがよいのでしょうか。

「さまざまですが、フルローンの方が審査は厳しいです。頭金を3分の1くらい入れておくと審査に通りやすいと思いますよ」

金額が金額だけに頭金は用意しておいたほうがよさそうです。500万円の車であれば160万円ほど。キャンピングカーの購入を検討される場合は、しっかりと資金計画を立てておきましょう。

参考までに、500万円のキャンピングカーを頭金100万円で買った場合、金利なども含めると、最大180回払いで月々のお支払いは27,000円ほど。120回払いで月々38,000円ほどとなります。この金額なら現実味がありますね。

ローンだとどんな種類があるのか

説明中

キャンピングカーを購入する際に組むことができるローンは、大きく分けて二つあります。

・マイカーローン:銀行系のローン
・オートローン:信販会社、ファイナンス会社など

マイカーローンは審査が厳しいですが金利が低く、オートローンは審査が比較的やさしいものの金利は比較的に高くなる傾向があります。

「弊社でローンを組む場合にはオートローンになるんですけど、最近ではローンの組み方も自由度が高いんですよ」

例えば、「住宅ローンが終わるまでは金利をおさえたい」「今月は冠婚葬祭でお金がかかっているから利子分だけにしてほしい」というように、個人の状況に合わせてある程度融通が利くようになっているのだそうです。逆に、「今月は臨時ボーナスが入ったから多めに返す」ということもできます。

その他に、残価設定型ローンというものもあります。残価設定とはあらかじめ車両本体価格の一部を残価として据え置き、残りの金額を分割で支払うものです。

ローンの期間が終わったら残価をまとめて支払って継続使用も可能ですし、新車に乗り換えたい場合は据え置き額と車両査定額の差額を精算して乗り換えることもできます。

ただし、途中で解約すると契約違反で違約金が発生する場合がありますので注意しましょう。

「弊社では残価設定を選んだお客さまはいらっしゃいませんが、数年ごとに新車を乗り継ぎたいという方にはよいかもしれませんね。」

キャンピングカープラザ東京の店内

ローンの種類によってそれぞれメリット・デメリットがあります。考え方は人それぞれなので一概には言えませんが、自分が納得するものを選ぶようにしましょう。

「弊社は支払いについて全部説明させていただき、納得してから購入していただいてます」

キャンピングカーは人生の大きな買い物であるからこそ、支払い方法まで親身に考えてくれる販売店さんはありがたいですよね。

資産価値が高いから手放すときも価値が大きく下がらない

キャンピングカー電線なし

キャンピングカーで長期ローンが組める理由はいったい何なのでしょうか。

「なぜ長期に組めるかというと、キャンピングカーは資産価値が高いと認められているからなんですね。

ローンを何回組めるかというのはローン会社が決めます。もし仮に購入者の支払いが滞ってしまうと、ローン会社は所有権を自分たちに付けて車を引き上げるんですよね。ローンが15年(180回)も組めるということは、15年間は価値があるよって認めているってことなんです。

資産価値があるから、売るときも思ったほど価格は下がりません」

最近はキャンピングカーの人気が高まっているので、ますます価値が落ちにくくなるかもしれませんね。

ライフステージを考えて購入しよう

キャンピングカープラザ東京 店内

木村さんはお客さまにキャンピングカーをすすめるときに、その人のライフステージを考えながらおすすめの商品を選んでいるんだとか。

「はじめてキャンピングカーを買う方の場合、はじめは安いものを買って乗り換えのときにもっとよい車が欲しいという方もいれば、最初からよいものを買ってずっと乗り続けたいという方もいます。たしかに車選びの考え方は人それぞれだとは思うんですが、購入するときの年齢はよく考えた方がよいと思っています。

今は働いていても次に買い替えたいときに退職していたら、退職金を崩さないといけない場合もあります。退職金は退職後の生活費に充てるケースも多いですから、いろいろ考えてしまいますよね。お客さまには直接そんなことは言わないですけど、そういったことも考慮して車をおすすめしています」

キャンピングカーの購入は、一生の中でも大きな買い物です。だからこそ自分の将来設計を見通して計画的に購入する必要がありますね。

「弊社は、キャンピングカーを購入されたお客さまが10年経ってもふらっとお店に寄れるようなお店を目指しているんです。10年ぶりに来たけど以前に買ったときの担当者がいたら安心しますよね」

自分の人生に寄り添い、一緒になって悩んでくれる販売店の存在はありがたいですね。

まとめ

今回の記事では、キャンピングカー購入時の支払い方法について、埼玉県入間市にあるキャンピングカープラザ東京・名物店長の木村さんにお話をうかがいました。

キャンピングカーは長期でローンが組めるので月々に払う金額を抑えることができ、無理なく支払って行けそうですよね。

もちろん年齢や生活状況によってどんな車種を選ぶか検討しなければいけませんが、全く手の届かない買い物ではないと言えそうです。

▼今回取材にご協力いただいたのはこのお店
電線なし店舗

キャンピングカープラザ東京
住所:〒358-0015 埼玉県入間市二本木1281−2
TEL:04-2936-6635
定休日:火曜、第一水曜日
公式サイトはこちら