忙しい朝にピッタリ!パンを使ったキャンピングカー飯レシピ

知識

キャンピングカーの朝は、車内の掃除やメンテナンスをしたり、身だしなみに気をつかったりと、やることが多すぎて、朝ごはんまで気が回らないという方も多いのではないでしょうか。

だけど、朝ごはんを食べずに旅を始めてしまうと、イライラしやすく、集中力や記憶力の低下を引き起こす原因となるため、せっかくの楽しいキャンピングカーの旅が台無しになってしまうことも。

そこで、忙しい朝でもパパッと作れちゃうキャンピングカーの旅にピッタリな時短朝ごはんレシピをご紹介します。

チャチャッと作れる定番の朝ごはん「ホットドッグ」

こんがり焼いたホットドッグ用のパンに、パリッとジューシーに仕上げたソーセージを挟んだホットドッグは、朝ごはんやランチにピッタリなメニュー!

ホットドッグはアレンジが自由自在なので、晩ごはんの残りものを挟んだり、コンビニやスーパーで買ったお惣菜を挟んだりしてもOK。ホットドッグ用のパンが無いときは、バターロールやコッペパンを使って作ることもできます。

さまざまなアレンジが楽しめるホットドッグなかでも、個人的にとっても気に入っているのが、荷物になりがちなケチャップやマスタードを使わないで作れちゃう「キャベツたっぷりカレー風味ホットドッグ」

ソーセージの下に、スパイシーなカレー風味のキャベツ炒めを敷き詰めるだけの簡単なレシピなのですが、これが意外とクセになる味わいで、いまでは私のキャンピングカー飯の定番となっています。

キャベツたっぷりカレー風味ホットドッグレシピ

材料(2人前)

・キャベツ:4枚ほど

・カレー粉:小さじ1杯

・塩:適量

・ソーセージ:2本

・パン:2本

作り方

①パンに切れ目を入れる

②トースターでこんがりとパンを焼く

③キャベツを千切りにする

④フライパンに食用油を敷いて、ソーセージを焼く

⑤千切りにしておりたキャベツをフライパンで炒める

⑥カレー粉と塩を入れて全体に絡める

⑦焼きあがったパンに炒めたキャベツとソーセージを挟む

⑧完成

ちょっとだけ特別な朝ごはん「ホットサンド」

“外はサクッ、中はふんわり”な食感がクセになるホットサンドは、定番の朝ごはん「トースト」に一手間加えて簡単に作れるキャンピングカー飯。

だけど、「ホットサンドは専用の器具が無いと作れない」「具材の分量や焼き加減が難しい」とも言われていて、作りたくても作れない人も少なくありません。でも、フライパンさえあれば専用の器具が無くても、ホットサンドを作ることはできますし、具材の分量や焼き加減はポイントさえバッチリ押さえておけば、誰でもおいしく作ることができます!

今回は、幅広い世代から愛されているツナ缶を使った「オニオンツナチーズホットサンド」のレシピをご紹介します!

オニオンツナチーズホットサンドのレシピ

材料(2人前)

・6枚切りの食パン:4枚

・ツナ缶:1缶

・タマネギ:60g

・マヨネーズ:大さじ2杯

・スライスチーズ:4枚

・無塩バター:20g

作り方

①タマネギは、スライスしてから、水にさらしておく

②スライスチーズは、2枚重ねに

③ボウルにツナ、水気を切ったタマネギ、マヨネーズを入れて、しっかり混ぜ合わせる

④食パンの上に、③とチーズをのせてサンドする

⑤フライパンにバターをのせて熱する

⑥フライパンにパンをのせて、お皿で上から押し付けながら焼く

※パン全体に重さが均等に伝わるように真上から押さえつけるようなイメージです

⑦少し煙が立ってきたら、裏返して焼き加減を確認する

⑧両面がこんがり焼けたら食べやすいサイズにカットして完成

朝ごはんを食べてキャンピングカー旅を楽しもう!

今回は、パパッと簡単に作れる栄養満点な時短朝ごはんをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

朝ごはんを食べることは、キャンピングカーの旅をより一層楽しくするだけでなく、旅をしている人の健康維持にも欠かせないものです。いつもよりちょっぴり早く起きて、手作りの朝ごはんを食べて、旅をより楽しんでみませんか?