スクールバスがキャンピングカーに大変身!?オーナーのインタビュー付きでご紹介

DIY・パーツ

今回は私のパートナーのアレックスの両親(ビル&レジーナ)のキャンピングカーをインタビューを交えて紹介します。

アレックスもキャラバンにかなり長けていますが、ビルはその上をいっています。

なんと手作りでキャンピングカーを作ってしまったらしいのです。

そのキャンピングカーの外観がこちら。

キャンピングカーと言うより、もはやバスです。この車は一体何だったのか想像つきますか?初めて話を聞いた時は私もびっくりでした。

ビル
私たちがこのバス(日産シビリアン2000)を購入したのは6年前なんだ。元々は古いスクールバスだったんだけど、キャラバンの修理や製造の仕事をしていたので、自分で改造してみたくなってね。1年かけてキャンピングカーに作り替えたよ。安くキャンピングカーを作れたおかげで、貯金も出来たんだ。

購入当時の写真

まずはいらない座席部分を外し、中を空っぽの状態にするところから始めたそうです。

そして一番後ろの部分はベッドになりました。

写真からわかるようにたくさんの収納スペースがあり、テレビと小さな扇風機が備え付けられています。さらにベッド下にも大きな収納があり、この収納はバスの中だけではなく外側から出し入れするタイプのものでもあります。

座席がたくさんあった場所にはキッチンとラウンジスペースに変わりました。

流しもオーブンもあるので一般キッチンと同じような作りです。ですから普通の家と同じように料理が出来ます。

上の写真の流し台の右側のスペースには……

こんな感じで洗濯機が設置してあります。言われなければ全く気づきません。

そして流しの左隣にはトイレとシャワーが設置されています。

このトイレは私たちのキャラバンと全く同じものです。便器の下の方にグレーのつまみのようなものがあるのですが、これを右に移動することで便器の中の蓋が空き下にある汚物を収納する箱に落ちるようになっています。そして上部にある青いボタンを押すと水が少量流れて便器内を洗浄できるシステムになっています。