工事不要で車内で使えるポータブルクーラー5選

夏の車中泊対策!工事不要で車内で使えるポータブルクーラー5選



夏の車中泊にあるととても快適になるポータブルクーラー


夏の車中泊 ポータブルエアコン

現在、キャンピングカーや車中泊仕様車の冷房設備としてもっとも一般的で、第一選択肢となるのは家庭用エアコンです。

電源状態によって稼働時間が左右されるという側面はありますが、対応できるビルダーも多く、十分な空調能力が期待できます。

しかし、高額な装備であること、室外機のスペースが必要となることから、どの車にでも気軽に搭載できるというものではありません。

そんなとき、持ち運びが可能なポータブルクーラーを検討する人も多いでしょう。

ポータブルクーラーとは、室外機がなく、工事不要で本体を移動できるクーラーを指します。

コンプレッサーで冷却した空気を送り出す点で、扇風機や冷風扇とは異なります。

「エアコン」と名乗る商品も多くありますが、一部を除いて家庭用エアコンのような除湿や暖房機能はありません。

「ポータブルクーラー」「スポットクーラー」「ポータブルエアコン」などさまざまな商品名があり、厳密に区別していないケースもありますが、ここでは空間全体を冷やす強力な機能をもつものを「ポータブルクーラー」として紹介します。

対象に涼風をあてることを目的とした小規模なクーラーは、「スポットクーラー」として別記事でご紹介します。

ポータブルエアコン選びのポイント


冷却能力の確認


冷却能力は「kW」で示され、数値が大きいほど性能、本体サイズ、価格とも大きくなることが多いです。

中にはポータブルでありながら5~6畳ほどの空間を冷却できるハイパワーな製品もあります。

期待する冷却能力と設置場所、予算のバランスを考慮して選ぶとよいでしょう。

排熱方法と排水方法の確認


同時に、排熱と排水の方法にも注目したいです。

家庭用エアコンでは室外機を通じて屋外に排出される熱気ですが、ポータブルタイプでは多くの場合、ダクトやドレンから排熱・排水をします。

車内で使う場合、ドアや窓などに隙間を確保する必要があります。

配管穴を自作するほか、窓用パネルが付属・別売りされている製品を選ぶのもおすすめです。

次のページ▷▷▷【工事がないから暑い日だけ積んでおけばとっても快適!