ogawaカーサイドシェルターで、開放的なプライベート空間を拡張!



今年初めにogawaの「カーサイドシェルター」を購入したのですが、コロナの影響でなかなか出番がなく、試し張りすることもないまま、先日やっと初めて袋から出すことになりました。

人生で初めてのカーサイドシェルターに私たちはあたふた。それに加えて、当日は風も強くて途方に暮れていたら、お隣のキャンパーさんが助けてくださり、なんとかシェルターを張ることができました。

初回こそそんなエピソードもありましたが、慣れてしまえば取り付け方法は非常にシンプル。

開放的なプライベート空間が手に入り、キャンプ時の過ごし方にもっと幅が広がりそうです!

組み立て方法や使用した感想、買い足したアイテムなどをご紹介します。

ogawaカーサイドシェルターについて

Ogawaカーサイドシェルター

私たちが購入したogawaカーサイドシェルターは、「いつも車にのせておきたい」をコンセプトに作られただけあって、とても軽くてコンパクトです。

収納サイズは68×18×18cm。

Ogawaカーサイドシェルター セット

袋の中には、メインのシェルター、ポールが2本。付属品は、シェルター用吸盤フック2個、ハンマー、スチールピン(ペグ)7本、アンカーバッグです。

アンカーバッグが入っているので、ペグを使用できない舗装された駐車場でも、石や砂、ペットボトルなどのおもしを入れて、簡易的にシェルターを設営できます。

カーサイドシェルター

また、総重量が4.2kgと軽いので、車内ではベッドの木製スプリングの梁を利用し、バンジーロープで吊り下げています。

これが、意外とデッドスペースの活用になっております。

ogawaカーサイドシェルターを組み立てる

カーサイドシェルター ポール

ポールの先が曲がっている方が上部です。

ポールを袋状のスリーブに通す

まず、シェルターを広げ、組み立てたポールを袋状のスリーブに通します。

ポールの上部をテープポケットに差し込む

次に、ポールの上部をテープポケットに差し込みます(2か所)。

クリップピンを差し込む

そして、ポールの下部に、幕裾のクリップピンを引っ張りながら差し込みます(2か所)。

カーサイドシェルター 組み立て完成

さらに、シェルターをピンと張るためのフックを左右6箇所ポールに取り付けます。これで、組み立ては完成!

次は車体に取り付けていきます。

ogawaカーサイドシェルターを車体に装着する

ogawa カーサイドシェルター

出典:ogawa ONLINE STORE

このシェルターの高さは210cm。全高170~200cmの車両に適しているタイプです。

本来は、上の写真のように、車体の天井に吸盤で取り付けるのですが、我が家のDUCATOベースのキャンピングカーの場合、全高が260cmあり、天井には取り付けられません。

そこで、天井ではなく、側面に吸盤で取り付けることにしました。

吸盤を固定

車に吸盤を取り付ける場所を決めたら、固定用テープ穴に通して吸盤のネジで固定します。このネジは締めることによってドンドン真空状態になり、強力に貼りつきます。※耐重量:12kg

車に吸盤を取り付ける

念のため、しっかりと固定されているかどうか、引っ張って再確認しましょう!

吸盤の固定2

右側の吸盤は、運転席側のドアに固定。

左側の吸盤

左側の吸盤は、スライドドアが開いた状態で取り付けました。

カーサイドシェルター

装着するとこんな感じ!あとは、カーサイドシェルターをピンペグやアンカーバッグで地面に固定して完了です。

ちなみに、上の写真はカーサイドシェルターの両側側面にある出入り口を閉じた状態。

カーサイドシェルター 出入り口

両側側面にある出入り口は、巻き上げて固定することもできます。

カーサイドシェルター 横

側面に装着しているため、上部に隙間が開いています。

シェルターの内部

シェルターの内部

こちらは、シェルターの内側から車を見た様子です。

スライドドアを開けた状態で設置したので、車内を行き来できます。車の網戸を締めておけば、虫の侵入も心配ありません。

その反面、スライドドアの開閉はできなくなってしまったので、夜間は暗くなる前に取り外す必要があります。そのあたりが少し不便ですね。

天井に装着できる車両であれば、設置したままドアの開閉ができるので不便はなさそうです。

ヘリノックスの椅子とテーブル

奥行きは、約255cm。出入り口は、約200cmです。

シャルター内にヘリノックスの椅子(チェアホーム)とテーブル(タクティカルM)を2個を並べてみました。

メッシュ窓を開ける

2人で使うのであればかなりゆったりとした空間です。プライベート感が得られて、コーヒーを飲んでいるだけでも、十分にくつろげますよ。

幕が付いているメッシュ窓を開けると、開放感が倍増!ファスナーで簡単に開閉できます。

買い足したもの

伸縮アルミタープポールや金具

YouTubeなどを見ていたら、カーサイドシェルター用のポールを2本準備すると、車両がなくても自立型で設営できるのを知りました。なんでも試したくなるささき夫婦。すぐにネットで必要なものを注文しました。

必要なのは以下の3点。これがあれば設営できるようです。

・伸縮アルミタープポール×2本(Φ32㎜)
・アルミ自在金具
・蓄光反射ガイドロープ(20m)

今回選んだポールは『村の鍛冶屋』の製品で、他社の製品と比べ、安くて質が良いとのこと。3本構成で185㎝から215㎝の高さ調整ができます。

ロープの脱落防止のため、先端部分についているゴム製のエンドロックは、「貫通の穴」と「非貫通の穴」が開いており、用途に応じて利用できます。

その他にも気になったアイテムを追加で購入したので紹介します。

・タープ用吸盤フック(耐荷重12kg)

ogawaカーサイドシェルターには、固定用テープ穴が上部2個の他に、左右に3個ずつあります。風が強い時に、補強のため利用したいと思い購入しました。

ホームセンターで売られている吸盤フックは比較的安価ですが、耐荷重が低いものが多いので流用する場合は確認が必要です。

・ステンレスフック付きのちょこっとバンド

両側にS字フックがついており、短いゴムロープで作られています。テントの通気やスカートの乾燥など、様々な用途で使われているようです。

DUCATOの場合、天井に取り付けができないので、スライドドア部にひっかけるなど、補強固定用として用いることができます。

また、上記に加えて、ペグ専用の真鍮ヘッドハンマーも購入しました。

真鍮ヘッドハンマー

初めてカーサイドテープを設営した時、持っていた附属のハンマーはとても軽く、ペグを打つのも一苦労でした。

硬い地盤に打つ際、何度も勢いよく打ち込む必要があるのですが、ペグからハンマーが外れてしまい、思いきり手を打つことに……。

リアゲートにも取り付け!

リアゲードへの取り付け

昼夜の常設ができるように、今回、リアゲードへの取り付けも試してみました!

偶然、車幅にピッタリのサイズだったので、フリーサイトのオートキャンプ場ではこれで常設できそうです。

夜間も楽しめるので今から楽しみです。

まとめ

夫婦2人とも人生で初めてシェルターを張ってみました。風も強く、飛ばされそうになりながらのシェルター張りは、翌日には上半身が筋肉痛に……。

説明書を見ながらの作業で30分くらいかかってしまいましたが、コツがわかったので、次は10分ほどで設営できそうです。

少し手間はかかりますが、朝食一つを取っても各段にキャンプの楽しさが増えるので、次回からもっと活用したいと思います。

シェルターは、DUCATOで使用する場合、DAYキャンプではスライドドア部に、宿泊のキャンプではリアゲート部に、フリーサイトではポールによる自立型と、張り方には3種類のバリエーションがあります。

各社から販売されているので、皆さまもカーサイドシェルターを活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧