猫2

【猫と車中泊】猫にアロマは厳禁?!猫に安心安全な車中泊アイテム



以前車中泊でアロマオイルをおすすめする記事を書かせていただいたのですが、アロマオイル・猫には毒だということを猫を飼いだして初めて知りました。

猫ちゃんを飼っている方はご存知の方も多いとは思いますが、今回の記事では猫にアロマが危険な理由や、アロマの代わりになるものはあるのか?

そして猫と車中泊をする際にあったら嬉しいアイテム猫キャリーについて見ていきたいと思います。

安心安全そしてリラックスして猫ちゃんと旅をする準備を始めてみませんか?!

猫にアロマオイルが危険な理由

まずはなぜ猫にアロマが危険なのか?

その理由を見ていきたいと思います。

※分かりやすく”アロマオイル”と呼んでいますが、正確には100%植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)のことを指しています。
100均などで買えるアロマオイルは精油ではなく人工香料となります。

そもそもアロマオイルとは?

精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、果実、心材、根、種子、樹皮、樹脂などから抽出した天然の素材で、有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質である。各植物によって特有の香りと機能を持ち、アロマテラピーの基本となるものである。

公益社団法人 日本アロマ環境協会
Aroma Environment Association of Japan(AEAJ)より

ということで植物から抽出したオイルで、アロマオイルは植物の有効成分が濃縮された高濃度のオイルです。

アロマオイルは皮膚から直接・そして香りを嗅ぐことでもオイルの有効成分が体内に取り込まれます。

オイルによっては禁忌事項があり、猫だけではなく人間に対しても病気の方や妊婦さん・小さなお子さまなどに対しての危険性・注意事項なども知っておかなければなりません。

植物の成分が圧縮された高濃度のオイルなので、アロマオイルの取り扱いには注意が必要です。

なぜ猫に危険なのか?

猫と海

猫は完全肉食動物です。

もともと猫は植物を食べる習慣がなく、植物の成分を分解する身体のシステムを持っていないようです。

そもそも猫にアロマオイルが危険だと言うことが分かったのはまだ最近の話で、猫とアロマオイルの危険性は今現在も研究中です。

そしてアロマオイルは植物から抽出されたオイルで、しかも高濃度。

人間に対しても飲用禁止・直接肌に塗ってはいけない等の注意事項があり、アロマオイルを使用する際は希釈して使うことがほとんどです。

当たり前ですが猫は人間よりかなり小さい!

その小さな体に対するアロマオイルの影響を考えれば、猫に危険なのは想像できますね。

オイルによっては猫にとって中毒性になる場合もあり、最悪の場合死亡してしまうケースも。

アロマオイルをキャンドルに垂らしたり、ディフューザーなどで芳香浴を楽しみたいところですが、アロマオイルの有効成分は体内に取り込まれるため香りを楽しむだけでも猫にとっては毒となるようです。

車内や室内でアロマオイルの使用、猫にとってはバルサンを炊いた部屋に閉じ込められたのと同じ様な感覚だそうです。

コレは猫にとって地獄です。

間違っても猫が舐めたり触れたりするような場所に、絶対にアロマオイルを置かないようにしないといけません。

どうしてもアロマオイルを使いたい場合は?

猫がいてアロマオイルを使いたい場合どうしたら良いのでしょうか?

調べてみたところ、猫がいる室内や車内ではアロマオイルの使用はもちろん厳禁。

どうしても使いたい場合は…

・屋外など猫がいない所で使用する
・アロマオイルを使用した場合、猫に触れない近づかない

など、猫の近くでは絶対に使用しないよう注意しなければいけません。

外出先や寝る時などだったら、ハンカチなどにアロマオイルを数滴垂らして芳香浴を楽しむ方法は車中泊でも使えそうです。

アロマを利用すると香りはしばらく継続するので、猫の側にはしばらく近寄れない…。

結局危険性があるなら、使わないのが1番かもしれません。

スルガ銀行キャンピングカーローン

猫にも問題がないアロマに変わるものはあるのか?

車中泊でのスキンケア・ボディーケア・ヘルスケアなどとしてずっとアロマオイルを愛用していたので、猫がいても何か使えるアロマオイルがないか調べてみました。

どうやら猫がいたらどんな種類であろうと、アロマオイルは一切使わない方が良いようです。

しかし猫がいると余計に消臭などで、車内を素敵な香りで満たしたくなるもの…。

アロマのように香りを楽しんだり、スキンケアに使えたりするアイテムがアロマ以外にあるのか調べてみました。

お香はどうなの?

お香

香りを楽しむと言えばアロマの他に、お香もあります。

夏場の車中泊では、蚊取り線香の代わりにお香よく焚いていて大活躍していてくれました。

猫がいる場合お香は使っても安全なのでしょうか?

…結果、お香も猫がいたら使わないほうが良いようです。

猫はとても臭いに敏感・お香の煙も猫にとってはよろしくないようです。

と言うことでお香の利用も絶たれました。

フローラルウォーターは使える?

フローラルウォーター(芳香蒸留水・ハーブウォーター・ハイドロゾールとも呼ばれています)とは、アロマオイルを抽出する際にできる副産物。

多くのアロマオイルは水蒸気蒸留法と言う方法でアロマオイルを抽出していて、オイルと水に分かれます。

そしてできたオイルがアロマオイルで、水がフローラルウォーターです。

フローラルウォーターには微量にその植物の水溶性の香りと、極低濃度ですが植物の有効成分が含まれています。

化粧水やボディーミスト・ルームスプレーなどとして利用されています。

フローラルウォーターはアロマオイルほど成分が濃縮されてはおらず猫に危険はあまり無いようですが、少なからず有効成分が入っているのでやはり使用しない方がベターだそうです。

フローラルウォーターの猫に対する危険性も、まだわからない部分が多いようです。

と言うことで、フローラルウォーターも猫がいたら使わない方が良さそうです。

キャリアオイルは猫にどうなの?

キャリアオイル

アロマオイルを希釈する際に多く利用するキャリアオイル。

猫がいても使えるキャリアオイルはあるのでしょうか?

調べてみたところ、コチラのサイトでは

・スイートアーモンドオイル
・椿オイル
・マカダミアナッツオイル
・シアバター

が猫におすすめだそうです。

https://nyan100.com/article/cat-carrier-oil/

シアバターは猫の肉球ケアに使えるそうです。

ハンドクリームやボディークリームなど全身の保湿として使えるシアバター。

猫がいても使えるのは嬉しいですね。

体にクリームを塗った後、猫がペロペロ舐めることもあるので安全だと安心です。

と言うことで以前ご紹介した車中泊にオススメのアロマオイルなのですが、猫と一緒だと車内では使えないと言う結論です。

次のページ⇨ 猫との車中泊に適してる猫キャリーを紹介していきます!