【三鷹】キャンパー必見!「Cafe Hammock」なら気軽にキャンプ気分を味わえる!

萌さん ドライブ・旅行

「Cafe Hammock」

キャンプ好きやキャンピングカーを愛する人がきっと満足する、とっておきのコンセプトカフェが都内にあります。

JR三鷹駅から徒歩3分ほど、駅前の細い道を進んだところにひっそりと佇む「Cafe Hammock」。駅近にも関わらず、静かな空間が広がる穴場カフェです。

アウトドアをコンセプトにしたこのカフェにはハンモックやテントが置いてあり、都内にいながら気軽にキャンプ気分を味わうことができます。店内の椅子や机もほとんどがアウトドア用品で揃えられていて、一気に日常を忘れられます。Wi-Fiや電源も完備されているので快適に過ごせること間違いなしです。

ハンモックに揺られながら好きなことを自由に

ハンモック店内には様々なハンモックがいたるところにあります。これらは自由に使えるので、ハンモックに揺られながら本を読んだり友達とお喋りしたりとゆったりとした時間が過ごせますよ。

ハンモックは最近人気になっていますが、実は未経験の方も多いのではないでしょうか?ハンモックに乗るときのコツは、まず椅子のように腰をかけてから足を中に入れて横になると上手に乗ることができますよ。

店内にはテントの席もあり、まるで秘密基地のような雰囲気を楽しむことができます。大きめのソファー席になっていてゆったりと座れますよ。

テントまた、店内は誰もが快適に過ごせるように、作業をする人向けに椅子と机があるエリアと、まったりしたい人向けにハンモックやテントがあるエリアに分かれています。

勉強や仕事に疲れたらハンモックに揺られて休むのも良いですね。もちろんハンモックにねっ転がりながら作業をすることも可能ですよ。

テントとハンモック

あなたの好きを応援、好きなことに没頭できる至福の時間!

商品ハンモックカフェを見かける機会は多くなりましたが、ここのカフェは一味違います。

もともとアウトドアグッズを使ったカフェを作ろうとした理由として、それらが片付けやすく組み立ても簡単だということがありました。コワーキングスペースやイベント会場として場所を貸し出すため、店内の配置が流動的である必要があったんです。

店長の小長谷さんは人とのつながりを大切にしている方で「好きなことができる場所」をコンセプトに、ここで何かを始めようとする人を応援してくれています。そのため、ここでは学生アートの個展や、映画の上映会など様々なイベントが開催されることもあるんですよ。

本また、店内には本や漫画、ボードゲームやビデオがたくさん置いてあります。小長谷さんが時間をゆっくり使っているお客様が多いからと、自分のものやスタッフのものを集めたのだとか。様々な方が集まる場所だからこそ、置かれているものも多様です。

本は小説から自己啓発やアート本まで、漫画は少年系が多いようでした。本、漫画、映画、音楽など趣味が多い方にはたまらない空間ですね。

本場の味がこんなところで!おすすめメニューを紹介

ガーナのお母さんが作る「アフリカンスープ」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Enjoy Africaさん(@enjoyafrica_)がシェアした投稿

ここのカフェメニューは本格的な味を手軽に味わえることでも評判なんです。まず最初に紹介するおすすめメニューは「アフリカンスープ」。こちらはガーナ出身の女性が手作りする本格派のスープです。アフリカの家庭的な味をこんなところで楽しめるなんてびっくりですよね。店長自家製のピクルスも付いてきますよ。

選び抜かれた京都の茶葉を使用する「抹茶ラテ」

抹茶ラテこのお店の抹茶ラテもぜひ飲んでいただきたい一品です。ここで使われている抹茶は、お店の方が京都まで行きラテに合うものを選びに選び抜いたこだわりのものなんです。

抹茶は苦味と香りがある高品質なものが使われていて、ラテは甘すぎず、すっきりとした飲み心地です!

ラテ

まとめ

入り口「Cafe Hammock」はキャンプ好きにはもってこいな場所でした。キャンプに行く時間がなかなか取れない方や、ただハンモックに揺られたい方、趣味に没頭したい方も誰もが満足できるでしょう。

お腹が空いたらこだわりのドリンクや料理を楽しむことができるし、何時間でもいられるんじゃないかと思うくらい本当に居心地が良いです。

忙しい毎日を過ごしているとついつい休むことを忘れたり、なんだか気持ちが焦って落ち着かないこともありますよね。そんな時はこのお店に来て、ハンモックに揺れる素敵な午後をすごすのはいかがでしょうか?