新スペースキャンパーcools

標準装備のウインドウエアコンで快適な車旅を!キャンピングカー長野「スペースキャンパーCOOLs」



キャンピングカー長野「スペースキャンパーCOOLs」

今回の記事ではキャンピングカー長野の「スペースキャンパーCOOLs(以下COOLs)」を紹介したいと思います。

COOLsは同社の「スペースキャンパーCOOLシリーズ」のうちの一つで、2020年に販売開始されたハイエースワイドミドルワゴンをベース車とする「スペースキャンパーCOOL」よりも、コンパクトなハイエース標準モデルをベースとするキャンピングカーです。

コンセプトとしては車名にもCOOLと名付けられているように、標準装備で車内用エアコンが搭載された快適度の高いキャンピングカーに仕上げられています。

またこのエアコンは、キャンピングカー長野独自発想の室内室外機が一体となった仕様のおかげで、配管の工事が不必要であったり、故障の原因となる冬季の塩害や砂や泥の目詰まりが起きにくくなっているなど使い勝手も良好。

そのほか充実した電装系装備など次世代のバンコンといった印象を受ける「スペースキャンパーCOOLs」について詳しく見ていきましょう。

スペースキャンパーCOOLs
ビルダー:キャンピングカー長野
タイプ:バンコン
ベース車両:TOYOTA ハイエース標準ボディ
乗車定員:6名
就寝定員:2名
全長:4,690mm
全幅:1,760mm
全高:2,100mm
公式サイトはこちら

スルガ銀行キャンピングカーローン

外装

外装

COOLsでは標準ボディ、標準ルーフのハイエースを採用。

通常のハイーエースと比べ見た目の大きな変化はないものの、快適な車内空間を実現するために2つの架装が施されています。

外装後方

まず1つ目が車体右側後方の部分です。車内用エアコンを搭載できるように、外側にやや拡張され車内空間が狭くならないように工夫されています。

ミニポップアップルーフ

2つ目はポップアップルーフ。こちらは調理など作業を立って行うことが多いギャレー前にあたる箇所に架装され、車内で窮屈感を感じさせない設計となっています。

内装

レイアウト

ギャレー

COOLsのレイアウトは運転席のすぐ後ろに広めのギャレーが配置され、後方に「コ」の字型のダイネットというレイアウト。

運転席と助手席以外に前向き乗車はできない仕様になっているので、2人で車旅を楽しもうというニーズをお持ちの方向きのキャンピングカーと言えるでしょう。

またフロアやシート生地、家具ボードなど自由に変更することができるので、内装を自分好みにアレンジする楽しさもあります。

ダイネット

ダイネット

COOLsのダイネットは2名の対座式シートにロングソファーと、合計4人がテーブルをコの字型に囲めるように設計されています。

後部のシートクッションは立ててソファーのような使い方ができるほか、傾斜がついているので腰の部分をクッションにあて足を伸ばせばよりリラックスした姿勢を取ることもできます。

車中泊時には基本的にダイネットでくつろぐ時間が長くなるので、この仕様は理に叶った素晴らしいアイディアですね。

収納スペース

また2人が座れる対座式シートの下は収納スペースとして活用することができます。

収納1

マットを外すか、もしくは前方部分からもアクセス可能になっているので使い勝手は良いでしょう。

バンコンタイプのキャンピングカーは収納場所に困ることが多いのでこの仕様は非常に便利です。

ベッド

ベッド

ダイネット中央のテーブルを下げると長さ1,880mm×幅1,350mmと、家庭用ベッドのダブルベッドに近いサイズのベッド展開ができるので2名であればゆっくりと就寝することが可能。

展開の仕方も簡単でテーブルを下げてシートバックを中央に敷き詰めるだけです。

2名での車旅であれば常時ベッド展開した状態にして車内をくつろぎ空間にするのも良いでしょう。

ギャレー

ギャレー

COOLsのギャレーは比較的スペースの取りやすいエントランスの対面に設置されています。

ギャレーコンソールには丸型シンクとフォーセットが装備され、広めにスペースが取られているので料理や作業はしやすそうです。

ポップアップルーフ

外装のところでもご紹介した通り、ギャレー前の天井にはミニポップアップルーフが装着されているので、成人男性が背筋を伸ばした状態で立って調理することもできるようになっています。

給水タンク

シンクの下には10Lの給排水タンクが収納されているほか、

冷蔵庫

運転席の真後ろには上蓋式の15Lポータブル冷蔵庫や電子レンジも標準装備され、充実したギャレー装備と言えるのではないでしょうか。

電装系

ウィンドエアコン

COOLsは冒頭でも紹介した通りウインドウエアコンを標準装備しているのが大きな特徴ですが、これを実現させるため電装系統は非常に充実した装備内容となっています。

リチウムバッテリー

まず注目したいのが100Ahのリチウムイオンバッテリーを3つ標準装備している点。

リチウムイオンバッテリーは従来のキャンピングカーでよく採用されていたディープサイクルバッテリーよりも給電・充電効率がよく経年劣化も少ないです。

充電は走行充電や外部充電のほか、2枚の100Wソーラーパネルも標準装備され、1500Wのインバーターもついているのでエアコンや電子レンジを実用的に使用することが可能。

FFヒーター

多くのキャンピングカーでオプション設定されているFFヒーターやTVモニターも標準装備でありながら、

テレビ

価格は618万円からとコスパ的にも優れています。

まとめ

今回の記事ではキャンピングカー長野の「スペースキャンパーCOOLs」について紹介しました。

ウインドウエアコンを代表とする充実した電装系統やギャレー装備など、リチウムイオンバッテリーの性能を活かしたコンパクトでありながら利便性の高いバンコンに仕上がっています。

2人での車旅を想定されているユーザーの方にはぜひとも候補に入れて欲しい一台です。