【Hobby】ドイツ製のキャンピングトレーラー 495UL Excellent(ホビー)



Hobby(ホビー)はドイツのキャンピングカーメーカーで、内装、外装ともにヨーロッパ車ならではの洗練されたデザインが特徴。国内では、埼玉県にあるトーザイアテオ社が正規輸入代理店として販売や修理等を手がけている。

HobbyにはCaravan(トレーラー)とMoterhome(自走式)のラインナップがるが、今回は、Caravanの魅力に迫ってみたいと思う。

Hobby Caravanのグレード

Hobbyのキャンピングトレーラーには、主に以下6種類のグレードがあり、各グレード毎に様々なサイズやレイアウトがラインナップされている。

ON TOUR

比較的コンパクトなサイズのラインナップ。用途に合わせて、3種類のサイズ、4パターンのレイアウトから選ぶことが可能。

DE LUXE

子供向けのベッドなどファミリー向けのラインナップを中心に取り揃えたグレード。国内でも登録可能なものだと13種類のモデルが用意されている。

DE LUXE EDITION

赤いラインの入ったスポーティーな内装デザインと明るいカラーの家具を架装したモデル。主に夫婦やカップルの2人旅に最適モデルを中心に揃えたグレード。日本には6種類のモデルが導入されている。

EXCELLENT

広々としたレイアウト、雰囲気のあるインテリアデザイン、モダンな外観デザインなどを備えたグレード。本国のHobbyホームページによるとこちらが最も人気のグレードらしい。日本には7種類のモデルが導入されている。

PRESTAGE

ラグジュアリーで洗練された雰囲気の内装デザインが特徴のグレード。日本には2種類のモデルが導入されている。

PREMIUM

Hobby Caravanの最高グレードとなるPREMIUM。他のグレードと外観が大きく違うのが特徴。今までのキャンピングトレーラーのデザインに一石を投じる、エレガントなデザインの最高級グレードがこちら。日本には2種類のモデルが導入されている。

数多くのグレードやレイアウトを取り揃えるHobbyだが、今回はその中でも、特に人気の高いレイアウトである「495UL」をご紹介したい。

Hobby 495UL Excellent
モデル:495UL
グレード:Excellent
けん引免許:必要
年式:2020年
全長:712cm
全幅:230cm
全高:262cm
車両重量:1,288kg
就寝定員:4人

外装

Hobby495ULのフロント外装

495ULのサイズは全長712cmとHobby caravanの中では中型サイズ。

標準装備のアクリル二重窓はフロントに小窓、左サイドに2カ所、右サイドに3カ所、リアに大型の物がひとつと合計7カ所に設置されている。

また、すべての窓には網戸付きのシェードが装備されており昼も夜も活躍する。

車体の左サイドには、給水口、トイレのタンク(ブラックタンク)の取り出し口、外部電源入力があり、右サイドには、エントランスの他、ベッド下の収納スペースにアクセス可能な外部扉がついている。

Hobby495ULのリア外装

リアは2020年モデルから横型のテールランプに変更され、よりスタイリッシュな印象。こちらはオプションでLEDのシーケンシャルウインカー(流れるウインカー)にする事も可能だ。

内装

ベッド

Hobby 495UL Excellentのツインベッド

ベッドはツインベットとなっており、これが495ULの人気のひとつになっている。夫婦2人旅などの場合は、ダブルベッドでも良いと思うかもしれないが、長旅ともなってくると、それぞれのパーソナルエリアが確保されているツインベッドはパートナーに気を使わなくて良いのでありがたい。

天井には間接照明、枕元にはそれぞれ読書灯が設置されている。スイッチもセンターの枕元に有るのでとても便利。

ダイネット

Hobby 495UL Excellentのダイネット

3面が窓になっているダイネットは昼間は日が差し込みとても明るくて気持ちが良い。U字型の大きなソファが設置されておりとてもゴージャスな印象を与えてくれる。

Excellent以上のグレードになると、ダイネットには間接照明が標準装備となりこちらもとても高級感がある。

頭上にはぐるっと壁沿いに収納が備え付けられており収納もたっぷりできる。

ただ、ダイネットは車両の後部なので、ここに重いものを入れると牽引時にトレーラーの荷重バランスが悪化し走行に支障をきたす可能性があるので注意が必要だ。

ギャレー

Hobby 495UL Excellentのギャレー

ガラス蓋付きの3口コンロとシンクを備えたギャレーもとてもおしゃれだ。コンロはLPガス式となる。フロントロッカーと呼ばれる車両前方の収納部分に5kgのガスボンベを2本を格納することが可能だ。

水は25L(標準の場合)固定式給水タンクから給水される。また、5Lの電気ボイラーを標準装備しているのでお湯を使うこともできる。排水に関しては車両内に排水タンク(グレータンク)は無く排水口からの水は直接、車両下のパイプから排出される。

実際に使用する際には排水パイプの下に標準でついてくる排水タンクやバケツなどを設置して使用する。

収納スペースは上部の収納に加え、イージークローザー付きの引き出しが3段ある。

100V電源コンセントと、USB電源が付いているのも嬉しい(外部100V接続時のみ使用可能)。クッカーフード(換気扇)もオプションで追加可能。

冷蔵庫はDOMETIC製の130Lの冷蔵冷凍庫を標準装備。キャンピングカーに搭載される冷蔵庫の中では最大級と言っても良い。

また、3Wayの冷蔵庫なので、AC100V/DC12V/LPガスの3種類で可動させることが可能。走行時はDC12V、外部電源に接続時はAC100V、外部電源に接続できない車中泊時はガスを利用して冷蔵庫を冷やすことができる。

ウォッシュルーム

Hobby 495UL Excellentのウォッシュルーム

ウォッシュルームと呼ばれる部屋にはトイレと洗面台がある。中に入ると3面が鏡張りとなっており、メイクや歯磨きにも便利だ。

トイレはカセット式のトイレとなっており、処理は、車外からブラックタンクを取り出しダンプステーションや自宅のトイレに流す形となる。

電装系

Hobby 495UL Excellentのサブバッテリー

重量に制限のあるトレーラーではサブバッテリーを何個も積むといったことは難しい。サブバッテリーはオプションとなるが基本的には105Aを1台、頑張っても2台が限界。

その為、家庭用エアコンや、電子レンジなどを追加してもサブバッテリーだけで満足に使用するというのは難しい。ただ、標準装備のFFヒーターや冷蔵庫はLPガスでも稼働するので、使い方にもよるが105Aのサブバッテリー1台でもそれほど不便を感じることはない。

サブバッテリーの充電に関しては、標準装備の100V外部入力に加え、オプションで走行充電、ソーラーパネルが選択可能。

コントロールパネル

Hobby 495UL Excellentのコントロールパネル

Hobby独自のコントロールパネルが設置されており、ここで給水タンクの残量やサブバッテリーの残量や充電状況、車内すべての照明の管理や車内外の温度表示も可能。

また、現在の使用電力量からサブバッテリーをあと何時間使えるかという目安も表示されるのでとても便利だ。

まとめ

キャンピングトレーラーはエンジンや運転席などがない為、車体の大部分を居住空間として活用できる。495ULも同サイズの自走式キャンピングカーと比べても居住空間がとても広く贅沢な空間になっている。

また、内装、外装ともに高級感があり、洗練されている。水道の蛇口、引き出しや戸棚の取っ手ひとつ見ても、とてもおしゃれに作られている。

これらは一見するとすべて金属でできているように見えるが、重量を軽くするためにプラスチック製になっているというから驚きだ。

Hobby 495UL Excellentは、本場ヨーロッパ(ドイツ)製というだけあって、広くて快適、高級感もある居住空間に加え、安全性も兼ね備えたキャンピングトレーラーだ。

関連記事一覧