【ユーズネット】ちょいCam豊(ちょいきゃんゆたか)

【ユーズネット】ちょいCam豊(ちょいきゃんゆたか)



ユーズネット ちょいCam豊

使い方に合わせて違う特徴を持つ「ちょいCamシリーズ」は、豊・歩・梓・葵と4種類のラインナップをそろえる。このシリーズの面白いところは、ベース車をキャンピングカーに改造するのではなく仮装キットを取り付けることで軽キャンにしているところだ。

自分に合った必要な装備(キット)を厳選して選ぶことになるので、車内の限られた空間を快適にできる。また仮装キットを取り付けるだけと考えるとキャンピングカー購入のハードルがぐっと下がるのではないだろうか。

そんなシリーズ4種の中から今回紹介するのは「ちょいCam 豊」。ちょいCamシリーズ最高グレードで、 床下収納をかさ上げして広くしたり、左右にキャビネット・天井棚を装備するなど収納力が優れているのが特徴である

必要十分のシンプルな装備かつ手頃な価格で、一人旅や趣味の時間をより充実させてくれる優れた軽キャンパーだ。

ちょいCam豊(ちょいきゃんゆたか)
ビルダー:ユーズネット
タイプ:軽キャン
ベース車両:スズキ・エブリィ、ダイハツ・ハイゼット
価格:¥524,340〜
乗車人数:4名
就寝人数:2名
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,875mm

外装

ベースは2種類から選べる

ルート ちょいCam豊 外装

ベース車両は2種類から選ぶことができ、基本はスズキ・エブリィとダイハツ・ハイゼットのどちらかから選ぶことになる。だが、各メーカーの車種に「ちょいCam」を装備することもできるので、こだわりがある人はお店に尋ねてみるのも良いかもしれない。また、現在所有している車をちょいCamに変えることも可能だ。

ソーラーパネルや電装系はオプション

ちょいCam豊 ソーラーパネル

電装系は基本オプションになっていて、購入者のほとんどがつけるのがサブバッテリー電源システムだ。こちらは外部電源もセットでついてくる。

他にはソーラーパネルをつけることもできる。エンジンをつけていなくても電気系が使用できるのでこちらも人気だ。外部100Vと走行充電に加えて150Wのソーラー充電を装備できる。屋根に直に取り付けるわけではないから車の負担が少ないのも嬉しいポイント。

また、サイドオーニングも紫外線の強いところや小雨の時に便利なのでぜひ検討してみて欲しい。

内装

抜群の収納力

ちょいCam豊 家具

車内はウッディ調の家具が並び、暖かみのある雰囲気になっている。まずはこの車一番の自慢の収納を詳しくみていこう。

まず、後部頭上に大きめの棚が左右合わせて4つ付いている。扉付きなので運転中に荷物が飛び出さず安心だ。他には2段キャビネットが左右に一つづ前方にハンガーフックが付いている。

また天井後方にも収納があり、広くてたくさん入るようになっている。折り畳み式テーブルも標準で装備、使わないときは床下に収納できるし、食事をするにもパソコン作業をするにもちょうど良い高さだ。

ちょいCam豊 内装

オプションになるが天井に釣竿を収納できるロッドホルダーをつけることもできる。これはハイエースなどではよく見るが軽キャンパーでは意外と珍しい。

これだけ家具やしっかりと収納があっても、天井やサイドスペースをうまく利用しているので狭さを感じることがない。車中泊旅行も趣味も十分にカバーできそうだ。

ちょいCam豊 収納

また、床下収納を4cmかさ上げして、収納部を広くしているのも豊の特徴である。敷いてあるベッドマットをあげれば、二ヶ所収納が出てくるのでぜひここも有効活用したい。

良質な家具

架装部分の家具はとても良質なものを使用している。この家具は地元である三河の三河家具を使っており、創業から70年以上も三河家具を作っている老舗の会社で家具職人が一つ一つ丁寧に作り上げている。

家具に使用しているのはタモ材。タモ材は湿度の高い夏は湿気を吸収乾燥する冬には水分を放出する吸湿作用がある。夏の湿気で家具が悪くなることもないし、冬は乾燥した車内で寝て喉がガラガラになることもない。家具にもオーナーにもいいことづくめだ。

ベッド

「ちょいCam」のベッドマットは寝心地がいいことでも定評がある。マットには肌触りがよく、手入れもしやすい合皮が使われている。ベッド厚は25mmと少し薄めではあるが、これにより軽いので展開や片付けが簡単で寝る時にも程よい硬さだ。

女性でも簡単にベッドの展開ができ、広さは大人二人でちょうど良い大きさになっている。また、マットは車種ごとの専用設計になっているのでサイズもぴったりフィットしていてズレや揺らぎもなく、快適な寝心地を実現している。

ちなみにオプションでナビと連動している後席モニターをつけることができ、寝ながらテレビやDVDを見ることができるぞ。

まとめ

今回「ちょいCam豊」の魅力をじっくりと紹介したが、ビルダーのユーズネットは北海道から沖縄まで全国に店舗があるので、まずはぜひ店頭で見て触れることをおすすめする。きっとこの車の魅力にどんどんはまっていくだろう。

購入も最初から全ての装備をつける必要はなく、少しずつ足していくこともできるので店員さんに相談してみよう。レンタカーもやっているので、興味がある方はぜひ一度試してみてはいかがだろうか。

関連記事一覧