軽キャンピングカー 2020

2020年最新モデルの軽キャンピングカーを紹介!



軽バンや軽トラックなど小型の自動車を車中泊仕様に改造した軽キャンピングカーは、普段使いができたり、大型のキャンピングカーに比べて小回りが効くことなどから、年々人気が高まってきています。

今回の記事では、そんな話題の軽キャンピングカーの中でも2020年に発売された最新の軽キャン情報をお届けしたいと思います。

2020年最新 軽キャンピングカーモデル6種を紹介!

広々ロフトスペース 「オフタイム・トラベラー3」

スマイルファクトリー オフタイムトラベラー3 外装

出典:スマイルファクトリー

最初に紹介するのがスマイルファクトリーの人気軽キャンシリーズ「OFF TIME TRAVELER(オフタイムトラベラー)」の最新モデル「オフタイム・トラベラー3」です。

この車の特徴はリヤロフトスペースが追加されたことによる自由自在なベッド展開!

スマイルファクトリー オフタイムトラベラー3 ベッド

出典:スマイルファクトリー

上段のロフトベッドは長さ900×幅1200mmあるので、子どもであれば就寝可能。

1人旅であれば片側にベッドを常設しておいたり、2人旅の場合には、上下段をL字型にアレンジすれば、それぞれゆったりしたスペースで就寝できます。

ロフトマットを外せば、家庭用セミダブルベッドに匹敵する1,800mm×1,200mmの開放感の溢れるベッドルームにも!

また、ロフトマットはベッドとしてだけでなく、デスク代わりに使用することもできるので車内で作業をしたい人にも嬉しい仕様です。

OFF TIME TRAVELER 3(オフタイム・トラベラー3)
ビルダー:スマイルファクトリー
タイプ:軽キャンピングカー
ベース車両:SUZUKI エブリィ
乗車定員:4名
就寝定員:2名
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,895mm
公式ホームページはこちら

ヴィンテージ感と可愛らしさのミックスタイル 「RETREAT MINI(リトリート ミニ)」

以前DRIMOでも紹介したことのあるダイレクトカーズの「Retareat(リトリート)」にミニサイズが登場!

必要最低限のものだけをバンに詰め込み、自分らしく生きること」をライフスタイルとする昨今欧米でトレンドの「アメリカンバンライフ」をヒントに作られたリトリートは、車内のインテリアの各部にリアルウッドを採用した山小屋のような雰囲気が特徴の車でした。

今回登場したリトリートミニもヴィンテージ感のある車内の雰囲気はそのままに、ホンダのN-VANをベース車両に採用し、アメリカンバンライフを十分満喫できる作りになっています。

スライドドアを開けてセカンドシートにテーブルを装着すれば、車外に空間が拡張!アウトドア好きには嬉しい仕掛けが用意されているのも好印象です。

Retreat mini (リトリート ミニ)
ビルダー:ダイレクトカーズ
タイプ:軽キャンピングカー
ベース車両:ホンダ N-VAN
価格:¥2,290,000(税抜き〜)
乗車定員:2名
就寝定員:2名
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,945mm
公式ホームページはこちら

人気Youtubeチャンネル「ケンキャン」とのコラボ 「バロッコ Kパッケージ」

バロッコ Kパッケージ

出典:フィールドライフ

続いて紹介するのがフィールドライフの人気軽キャンピングカー「バロッコ」の「バロッコ Kパッケージ」です。

この車はYoutubeチャンネル「ケンキャン」とコラボして共同開発された特別仕様車となっています。

標準仕様車と比べて様々な違いがあるのですが、ここではいくつか抜粋して紹介したいと思います。

バロッコ Kパッケージ

出典:フィールドライフ

まず、内装のカラーが標準仕様ではグレー&ナチュラルだった色合いが、Kパッケージではより高級感のあるブラウンカラーに変更になっています。

ベッド展開も座面を引き出すだけで可能になり、背もたれマットを引き抜く必要がなくなったのでよりスムーズになりました。また、ダイネットのテーブルは跳ね上げ式に変更され、車内での移動も楽になっています。

そのほか、横向きシート下には引き出し式冷蔵庫(16L)を設置し、エントランス入って左手には大型のタワー収納を設置するなど、見た目もスマートかつ実用的な装備が充実。

価格は標準仕様車よりも高額になっていますが、細部までこだわった納得の1台です。

さらに詳しい情報を知りたい方はフィールドライフさんのブログなどもチェックしてみてください。

バロッコ Kパッケージ
ビルダー:フィールドライフ
タイプ:軽キャンピングカー
ベース車両:ダイハツ ハイゼットトラック
価格:¥5,038,500(税抜き)〜
乗車定員:4名
就寝定員:4名
全長:3,390mm
全幅:1,480mm
全高:1,980mm
公式ホームページはこちら
公式ブログはこちら

低コストで充実の電装 「Resort Duo VAN ROAD(リゾートデュオ バンロード)」

Stage21 リゾートデュオバンロード 外観

出典:Stage21

次に紹介するのがStage21の「リゾートデュオ バンロード」です。

Stage21 リゾートデュオバンロード 内装

出典:Stage21

この車は外装への架装もなく、車内の家具も後方の棚一つと一見すると非常にシンプルな作りですが、実はキャンピングカーの電源問題に真っ向から取り組んだ明確なコンセプトのある軽キャンピングカーになっています。

まずバッテリーについてですが、400Whのポータブルタイプのリチウムイオンバッテリーを採用しています。パソコンや携帯を充電するのには十分な容量で、リチウムイオンなので経年劣化も少ないです。

また、軽キャンとしては珍しい180Wのソーラーパネルも標準装備されているので、外部環境にもよりますが晴れている日なら数時間で容量いっぱいまでの充電が可能です。

Stage21 リゾートデュオバンロード 内装

出典:Stage21

Stage21がオリジナルが開発したクーリングシステム「冷え蔵」が、同社のキャンピングカーには全て標準装備されていますが、リゾートデュオバンロードにももれなく「冷え蔵 X(エックス)」が標準装備。

軽自動車であれば、57℃も室内温度を下げられるとのことで、仕様上、日が照るつける日中での使用は難しいですが、夜の就寝時の使用であれば十分快適に過ごせそうです。

これだけの装備がありながら、価格は148万円(税抜き)〜とコストも抑えられているので、非常にコストパフォーマンスの高い車と言えそうです。

Resort Duo VAN ROAD(リゾートデュオ バンロード)
ビルダー:Stage21
タイプ:軽キャンピングカー
ベース車両:Suzuki エブリィ
価格:¥1,477,000(税抜き)〜
乗車定員:4名
就寝定員:2名
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,895mm
公式ホームページはこちら

アクティブスモールキャンパー 「KONG(コング)」

フィールドライフ販売 KONG 外装

出典:フィールドライフ

続いて紹介するのはフィールドライフ販売のKONG(コング)です。

こちらの車はアウトドアを楽しむアクティブな人をメインターゲットとしたタフな作りの車になっており、防水ルーフテントや10Lの給排水タンク付きのデラックスキッチンなど実用的な装備が設置されています。

フィールドライフ販売 KONG 内装

出典:フィールドライフ

とくに、シート・ソファー・ベッドと3種類の使い方が可能な3WAYマルチシートは非常に使い勝手がよく、別途でベッドマットを装着する必要もないのでスペースの確保にも一役買っています。

KONG(コング)
ビルダー:フィールドライフ販売
タイプ:軽キャンピングカー
ベース車両:Suzuki エブリィ
価格:¥2,493,000(税抜き)〜
乗車定員:4名
就寝定員:大人2名 子供2名
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,950mm
公式ホームページはこちら

ダーク&ラグジュアリー 「Miniature Cruise(ミニチュアクルーズ)」

岡モータース ミニチュアクルーズ 外観

出典:岡モータース

最後に紹介するのが岡モータースのミニチュアクルーズ。

車内はダークな木目とライトグレーのファブリックで、お洒落で落ち着いたラグジュアリーな雰囲気です。

ミニチュアクルーズ

出展:岡モータース

家具には傷や水分、熱にも強いメラミン素材を採用。芯材を見直し、従来の家具よりも約30%の軽量化を実現しています。

ベッドは、セカンドシートをたたみベッドマットを上から設置するだけと簡単に展開でき、長さ1,820×最大幅1,240mmの大人2名がゆったりと就寝可能。21段階のベッドリクライニング機構付きで、休憩中もゆったりとした姿勢で寛げます。

ミニチュアクルーズは収納力の高さも魅力で、上部にはラックや大型収納庫を設置。さらに、セカンドシート足元には、約200Lの収納スペース、後部ベッドマット下にも、約100Lの大型収納庫を装備し、着替えはもちろん、キャンプ道具などの大きな荷物もすっぽり収まります。

上質な室内空間には実用性がしっかりと詰め込まれ、街乗りはもちろん車旅まで活躍する1台です。

Miniature Cruise(ミニチュアクルーズ)
ビルダー:岡モータース
タイプ:軽キャンピングカー
ベース車両:Suzuki エブリィ
価格:¥1,782,000(税抜き)〜
乗車定員:4名
就寝定員:2名
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,895mm
公式ホームページはこちら

まとめ

今回は2020年に販売された軽キャンピングカーを紹介いたしました。

利便性やコストの低さが好評を博し、数年前から人気に火がついた軽キャンですが、毎年各ビルダーの個性が詰まった新モデルが続々と登場しています。

今後もどんな進化を遂げた軽キャンピングカーが現れるのか非常に楽しみですね!

関連記事一覧