駐車場に停めている様子top

キャンピングカーでの日帰り旅の楽しみ方とおすすめスポット



1〜2泊程度の宿泊をともなう「車中泊」のイメージが強いキャンピングカーですが、もちろん日帰りの車旅を楽しむことも可能です。

車中泊をしなくても、クルマで出かけて1日を通して楽しめるスポットも増えてきていますし、おいしそうな食べ物を見つけたら、テイクアウトして車内で楽しむこともできちゃいます。

そこで今回の記事では、キャンピングカーで気軽に出かける「日帰り旅」の楽しみ方アイデアや、おすすめの日帰り旅スポットなどをご紹介していきたいと思います。

密を避けながらも思う存分旅を楽しみたい!と考えている方に、ぴったりのアイデアばかりです。

ぜひ記事をチェックしてみてください。

日帰り旅の楽しみ方アイデア1.道の駅、サービスエリアで1日過ごす

SA看板

せっかく車で日帰り旅を楽しむなら、車でしか行けない高速道路上のサービスエリアや、駐車場が広く充実している一般道上の道の駅に立ち寄るのがおすすめ。

特に、最近増えている大きめ・広めのサービスエリア・道の駅なら、朝から晩まで1日中滞在し、終日楽しむことも可能です。

フードコートやカフェなどの飲食店、現地の特産品・土産物を販売する店舗、公園やドッグラン、日帰り温泉といった「施設を楽しむための店舗や設備」が充実している場所も多く、1日いても飽きることはありません。

家族連れやペット同伴での来客を想定している施設が増えてきていることもあり、小さいお子さまがいても安心です。

例えば、自宅から車で2〜3時間程度、景色を眺めながらドライブを楽しみ、高速道路上にあるスマートインター対応のEXPASAへ。

家族みんなで広い施設内をめぐり、おいしそうな食べ物をいくつかテイクアウトして、車内でのんびりとランチタイムを。

食後は施設内にある公園を少しお散歩。その後日帰り温泉を堪能し、地元産のフルーツを使ったジェラートを食べ、お土産を購入し車で帰宅。

そんな日帰り旅プランも、キャンピングカーでならとてもスムーズです。

大規模なサービスエリアや道の駅を目的地とすることで、今よりももっと気軽に日帰り旅を楽しむことができますよ。

スルガ銀行キャンピングカーローン

日帰り旅の楽しみ方アイデア2.現地の飲食店でお弁当をテイクアウト

テイクアウト飯

コロナの影響で、これまで店内飲食のみの対応だった飲食店がテイクアウト可能になったり、テイクアウト専門店が続々とオープンしたりと、おいしいと評判の飲食店の味を自宅でも楽しめる機会が増えてきています。

テーブルやシートなど、飲食スペースのあるキャンピングカーであれば、旅先の名物や有名店の味も、車内でじっくりと時間をかけて堪能することができますよ!

まだまだ密を避けたいと考える方も多いと思います。

車内で安心して心置きなくその土地の名物を楽しめるというのは、コロナ禍におけるキャンピングカーの最大の利点と言えるのではないでしょうか。

日帰り旅の楽しみ方アイデア3.車を停めて車内でごろり

車内で寝転んでいる

長距離の運転で疲れたとき、気軽にゴロリと横になりお昼寝ができちゃうのは、キャンピングカーの強みではないでしょうか。

オートキャンプ場などデイキャンプ利用も可能な場所も多数ありますし、お昼寝自体を旅の目的にすることもできちゃいます。

車内のベッドでゴロゴロし、絶景を眺めながら寝落ち…、なんてとても贅沢ですよね。

高速道路上のサービスエリアやパーキング、道の駅などでも、運転に疲れた時や眠気を感じた時などであれば、数時間程度の仮眠を取ることは問題ないようです。

自宅とは違う場所に行き、車内でごろりと横になるだけでも、非日常感を味わうことができますよ!

日帰り旅の楽しみ方アイデア4.日帰り温泉で疲れを取る

温泉

日本には日帰り温泉施設がたくさんあります。

料金にはばらつきがあるものの、1000円〜2000円程度の金額でいつもより広いお風呂にゆっくり浸かることができ、日頃の疲れを取ってリフレッシュすることが可能です。

都心から少し足を伸ばすと、隠れ家的日帰り温泉スポットも多数あります。

特にホテルや旅館、民宿など宿泊施設の日帰り温泉利用の場合、平日や夕方近くなどの時間帯は、貸切状態で温泉を楽しむこともできちゃいます。

自然豊かな場所で、源泉掛け流しの露天風呂をじっくりと堪能すれば、心も体も癒されます。

温泉に入ることを目的に、日帰り旅へ出かける方が多いのも納得です。
次のページ▷ 『関東近郊、日帰り車旅おすすめスポット』をご紹介します!