水も時間も節約できる!キャンピングカーのお手軽メニュー「釜飯」

知識

キャンプの大きな楽しみの一つは、食事ですよね。作るのも楽しいし、みんなでワイワイしながら食べるといつもに増して美味しく感じます。だけど毎回となるとちょっと面倒になってきますよね。

友人たちとの12日のことであれば、バーベキューや、テーブル一杯の料理なんかを作って豪華絢爛になんてこともありますが、キャンピングカーで1~2人の長期の旅となると、なかなかこうはいきません。

だんだん面倒になってきて、当初は3皿だったものが2皿になり、1皿料理になっていきます。もちろん、グルメな方は、こういう風にはならないと思いますが……。

そうは言っても、食事はいつだって楽しみなもの。美味しく、お手軽な料理があればそれに越したことはありませんよね。美味しさと手軽さの両方を追求した結果、私的には釜飯に落ち着きました。キャンピングカーでは使える水も捨てる水も限りがあります。最小限の水で事足りる釜飯はまさに車旅向けの料理なんです。

オススメの釜

釜飯の釜でオススメなのは鉄製でテフロン加工がしてあるものです。ガスコンロの直火で炊けるというのが最大のポイントですね。昔ながらの陶器のものもありますが、安価(300円位)な分、耐久性がないのであまりおすすめできません。

[wpap service=”rakuten-ichiba” type=”detail” id=”maedayahonpo:10000027″ title=”50%OFF [お買い物マラソン 特価商品] 釜飯 トライアル ご自宅料亭セット 日本製 匠の技シリーズ 釜めし …”]

釜飯の炊き方は?

①お米を水に1時間ほど浸ける

水加減は昔ながらの指一本分がいいです。その上に、アサリや焼きささみなどお好みの具材を乗せて、醬油などの適当な調味料をかけて準備OKです。釜飯の素なんかも、スーパーでいろいろと売っていますので、利用すると楽ちんですね。

②火加減は最初に中火で15分

途中で吹きこぼれがある場合もありますが、このあたりでお米がプチプチとはぜるような音が聞こえてきます。

弱火にして5分待つ

このようにすると、ちょうどいいオコゲができます。

④完成

現代では、炊飯器以外で米を炊く人は、少ないとは思いますが、この方法を使えば、鍋でも釜でもお米を炊けるようになります。最初の何回かは失敗するかもしれませんが、慣れてくればオコゲの出来具合も自由自在!美味しい釜飯が待っています。

時間も水もスペースも節約できる

炊きあがって、適当に蒸らした後は、食器に移し替えることもなく、そのまま食器としていただけます。これで食器を洗う手間と水が節約できます。続けて釜飯にする場合は、釜は洗わずにお米を入れて、研いで炊くことになります。研ぐことが洗うことになるわけです。これでまた水が節約できるわけですね。

キャンピングカーでは、水の積載量も食器・調理器具の収納スペースも限られています。水の使用量も、収納スペースも、調理も、洗う手間も大幅に節約できる釜飯はおすすめの逸品になります。