ついに販売開始!日本発の移動式ガス瞬間給湯器「ERIF OUTDOOR GAS BOILER(エリフアウトドアガスボイラー)」

ERIF OUTDOOR GAS BOILER(エリフアウトドアガスボイラー) ギア・アイテム

アイキャッチ出典:ERIF

ERIF OUTDOOR GAS BOILER

エリフ ガスボイラー

出典:ERIF

一見するとおしゃれなキャリーケースのようにも見えるこの商品は「ERIF OUTDOOR GAS BOILER(エリフ アウトドアガスボイラー)」。実はこれ、日本で初めて作られた移動式のガス瞬間給湯器なんです。

キャンプやウォータースポーツ、ドッグランなどのアウトドアシーンで暖かいシャワーを使いたい瞬間ってかなりありますよね。この製品があれば水道がある場所であればどこでもお湯をシャワーから出すことができます。

作っているのは昭和39年から50年に渡り日本のお風呂を快適にする為、給湯器や風呂釜を作り続けてきた「モリタ工業株式会社」。

2015年に会社の代表取締役である寺本雷太氏のアイディアをもとに、製品の構想が始まり、創業以来培ってきた確かな技術力と、気鋭のプロダクトデザイナー倉本仁氏によって”エリフ アウトドアガスボイラー”は生まれました。

製品情報
製品名:OUTDOOR GAS BOILER(アウトドアガスボイラー)
デザイナー:Jin Kuramoto(倉本 仁)
本体寸法:W370mm×D230mm×H710mm
本体重量:約16kg
電源:単一乾電池×2本
使用燃料:ガスカートリッジ×2本
最大ガス消費量:130〜700KPa
公式サイトはこちら

モリタ工業の技術力

エリフ ガスカートリッジ

出典:ERIF

“エリフ アウトドアガスボイラー”を作動させるのに必要なのは、ガスカートリッジと単一乾電池のみです。

持ち運びを可能とするためにガスカートリッジが使用されていますが、普通ガスカートリッジは気化熱の作用によりボンベ内の温度が下がるので、給湯器のような大きなエネルギーを必要とする製品に使用するのは難しいと考えられていました。

しかしモリタ工業は独自開発した温水フィードバック技術によってこれを可能にしました。給湯器を作り続けて50年の歴史を持つ会社だからこそ生み出すことができた製品と言えます。

女性でも楽々運べる

エリフ ガスボイラー

出典:ERIF

重量16kgとなると女性の方だと持ち運びするのが困難に思われるかもしれません。しかし、エリフでは幾度となくテストを重ね、ハンドル、ホイール、重心位置にこだわり抜き、平均的な身長の日本人女性が無理なく引いて移動できるように作られています。

家具のような自然な佇まい

エリフ ガスボイラー

出典:ERIF

OUTDOOR GAS BOILERは2019年度の「グッドデザイン・ベスト100」にも選ばれました。従来の給湯器のイメージとは異なる一つの家具のようなデザインは、暮らしという日常に自然と溶け込みます。リビングに保管していても全く違和感がありません。

バンライフとの相性も良い

バンライフ
バンを動く家として利用して生活を送る新しいライフスタイルであるバンライフともこの商品は相性が良さそうです。

「山や海、キャンプ場など自分の好きな場所にお気に入りのバンで旅をする」なんとも素敵なバンライフにOUTDOOR GAS BOILERは温水シャワーという快適さを与えてくれます。

大型のキャンピングカーでは温水シャワーが付いているタイプのものも少なくないですが、バンを寝泊りできるように改造してある車ではほとんど見かけません。それがOUTDOOR GAS BOILERによって電源も必要とせずに温水シャワーを使えるようになるわけですから、これはかなり革新的ですよね。

まとめ

エリフ ガスボイラー

出典:ERIF

アウトドアレジャーを楽しむ人達にとって待ち望んでいたとも言える移動式のガス瞬間給湯器”OUTDOOR GAS BOILER”は10月15日(火)から二子玉川 蔦屋家電にて販売されるそうです。今後オプションでさらに便利になるアイテムも登場しそうな予感もしますね。気になった方はぜひ直接足を運んでみてください。