収納性も利便性も抜群なオートキャンプで役立つおすすめアウトドアグッズ8選!

収納性も利便性も抜群なオートキャンプで役立つおすすめアウトドアグッズ8選!



近年のアウトドアブームによって、多くの人が手軽にキャンプを楽しむようになりました。中でも、車をテントに横付けすることのできるオートキャンプは家族連れやキャンプ初心者に大変人気です。

そこで今回は、オートキャンプに役立つおすすめアウトドアグッズを、利便性だけでなく、収納性という点も重要視して選びました。限られた車内の空間に、無駄なくアイテムを積んで快適なオートキャンプを楽しみましょう。

オートキャンプとは?

ワーゲンバス

オートャンプとはキャンピングカーや自家用車を使用したキャンプスタイルのことを指します。登山で行う山岳キャンプなどを除き、車でキャンプ場まで行き、車の横にテントを建ててキャンプをすることをオートキャンプと呼びます。

オートキャンプは車で野営場所に乗り入れできるため、荷物の運搬も少なく、気軽にキャンプを楽しむことに特化したスタイルです。

オートキャンプ場について

ワーゲンバス オートキャンプ場

オートキャンプ場とはテントのすぐ横に車を停めることができ、設備の整ったキャンプ場を指します。キャンピングカー用の電源や、グレイウォーターを捨てることができるなど、キャンピングカー利用者にとっては非常に便利なキャンプ場です。

オートキャンプ場を利用するにあたっての注意点やマナー

オートキャンプ上を利用するにあたっての注意点は、通常のキャンプ場と基本的には同じです。ゴミの分別、夜間は静かにする、他人のキャンプエリアを横断しないなど、キャンプ場のルールをしっかりと守りましょう。基本的な注意点に加え、オートキャンプ場特有の注意点を紹介いたします。

夜間のアイドリングは厳禁

オートキャンプのマナー違反で多いのが、夜間のアイドリングによる騒音問題です。夜間のアイドリングは他のキャンパーの睡眠を妨げ、トラブルにも繋がりやすいため絶対に行わないようにしましょう。

キャンプ場内の車の移動は細心の注意を

オートキャンプ場内の車の移動には細心の注意を払いましょう。キャンプ場内には家族連れも多く、子供の飛び出しなど予期せぬ事故の可能性が多く潜んでいます。また、荷物を多く積んだ車は視界が悪いため、後方に移動する際は特に注意を払いましょう。

フリースペースは他のキャンパーのことも考えて

キャンプ場によってはフリーサイト形式を採用している場所もあります。フリーだからといって広く場所を占領してはいけません。他のキャンパーも利用することを考え、車とテントをなるべく近くして、譲り合いながらスペースを利用しましょう。

オートキャンプのおすすめアイテム

車中泊やオートキャンプのアイテムを選ぶ際に重要視すべき点は収納性です。限られた車内の空間にスッキリとおさまり、使い勝手も便利なアイテムを、自身の車中泊経験を活かして選びました。

LOGOS 「neos ALカーサイドオーニング」

サイドオーニング LOGOS

出典:LOGOS

オートキャンプで便利なアイテムがカーサイドオーニングです。カーサイドオーニングは車体と地面を利用してタープを貼ることができるため、風に強いというメリットを持っています。設営や撤収も簡単なため、急な天候の変化にも対応することができます。

車内で済ませていた食事や休憩も広々と行うことができ、無駄な荷物を車外に出す必要がないため非常に便利なアイテムとなっています。車中泊やオートキャンプを快適に過ごすためにあると嬉しいアイテムです。

ロゴス(LOGOS)
¥30,800 (2020/12/02 14:05:57時点 Amazon調べ-詳細)

tent-Mark  DESIGNS 「CIRCUS (サーカス) TC」

サーカステント

出典:tent-Mark DESIGNS

就寝はキャンピングカーや車内で済ませる方には、こちらのサーカスTCというテントがおすすめです。最近人気のティピ型のテントで、安価な値段で購入できることから売り切れになるほど非常に高い人気を誇っています。

サーカステント 家族イメージ

出典:tent-Mark DESIGN

このテントの魅力はおしゃれな外見と、広々とした室内空間です。サーカスTCは高い遮光性と通気性を兼ね備えており、広々と快適な空間を作り出すことができます。また、高さも280cmと大人が余裕で立つことができるサイズなので、着替えも簡単にできます。

リビング代わりとして使用し、おしゃれで上質なオートキャンプを楽しみたい方にはおすすめのアイテムです。別売のアイテムを購入すれば、通常のテントと同様に中で寝ることも可能です。

3列シートネット

3列シートネット

出典:Amazon

車内のスペースを有効活用して、多くのキャンプ道具を収納する際に役立つのがシートネットです。このネットを使用すれば、高く積んだ荷物を取り出すときに崩れたりする事はありません。

また、必要なアイテムを取り出しやすく収納することができます。荷物の出し入れの際の、ちょっとしたストレスを軽減させる便利なアイテムです。

槌屋ヤック(Tsuchiya Yac)
¥1,780 (2020/12/02 14:05:58時点 Amazon調べ-詳細)

kingcamp 「アウトドアテーブル」

kingcamp アウトドアテーブル

出典:Amazon

オートキャンプにおすすめのテーブルが”kingcamp”のアウトドアテーブルです。このテーブルの魅力は収納性の高さと、設置・撤収が簡単な点です。

アウトドアテーブル 収納バッグ

4つ折りに畳むことで、小さく1つのバッグに収まるため、収納性が高く持ち運びが非常に楽で、車内に積んでも、小さなスペースにしっかりと収まります。

kingcamp テーブルトップ

テーブルトップには竹を使用しているため、高級感漂うオシャレな雰囲気があります。

kingcamp テーブル

また、足の長さはお好みで変更することができ、登山用の杖のロックシステムを採用しているため、重いものを載せても足の長さが変わることはありません。デザイン性、収納性、安定感、全てが高いレベルのおすすめのアイテムです。

UNIFLAME(ユニフレーム) 「ファイアグリル」

焚き火台

出典:UNIFLAME

焚き火やバーベキューにおすすめのアイテムがユニフレームのファイアグリルです。

焚き火台 組み立て前

出典:UNIFLAME

このアイテムも収納性が高く、上記写真のように折りたたむことができ、かさばる事なく収納することができます。

焚き火台用 バッグ

また、別売の収納バッグを使用すれば持ち運びも簡単になります。

ワーゲンバス

このファイアグリル一台あれば、焚き火、バーベキュー、ダッチオーブン料理を楽しむことができます。リーズナブルな価格ながら、幅広い用途に使える便利なアイテムです。

Coleman 「2マルチパネルランタン」

コールマンパネルランタン

出典:Coleman

キャンプの照明でおすすめなのが、2つの発光パネルが取り外して使用できる2マルチパネルランタンです。

パネルランタン

通常のLEDランタン機能に加え、発光パネルを外して、それぞれライトとして使用できる点が大きな特徴です。複数の光源から照らすことができるため、影になりやすいところも明るく照らすことができます。

このランタン1台あれば、周囲を明るく照らすために複数のランタンを用意する必要はありません。USBポート搭載で、スマートフォンの充電にも使えるため、非常に幅広い使用用途を持ったアイテムです。

ルーフキャリアバッグ

ルーフキャリアバッグ

出典:Amazon

車の積載量をアップさせるのに役立つアイテムがルーフキャリアバッグです。ルーフレールが搭載されている車でのキャンプに役立つアイテムです。物やレジャーアイテムをバッグにしまっておけば、車内のスペースを広々と使うことができます。ルーフボックスよりも安価で購入できる点も大きな魅力です。

Coleman 「LP ツーバーナーストーブ」

LP ツーバーナーストーブ

出典:Amazon

オートキャンプでの調理にはColemanのLPガス式ツーバーナーストーブがおすすめです。通常のカセットコンロは持ち運びが不便であったり、風によってすぐに火が消えてしまうなどの問題がありますが、このツーバーナーストーブは高出力のLPガスと風よけで、屋外でも風を気にすることなく、家庭と近い感覚で料理をすることができます。

ガスバーナー

収納した状態ではスリムで持ち運びもしやすくなるため、車への積み込み時もほとんどスペースをとりません。オートキャンプだけでなく、車中泊の料理にも利用できるおすすめのガスコンロです。

終わり

キャンピングカー車内 パネルランタン

以上、今回はオートキャンプで役立つおすすめアウトドアグッズをご紹介いたしました。

便利で収納性の高いアイテムを使用する事は、快適なキャンプを楽しむために非常に重要な要素です。

ぜひ今回の記事を参考に、便利なアイテムの発見にお役立てください。

関連記事一覧