駅近で味わえるアウトドアの魅力!Tokyo outdoor weekendに行ってきました

イベント

DRIMO Camping Carの上原です。

今回は、3/16(土)、3/17(日)にお台場で開催されたTokyo outdoor weekendに行ってきました。「アウトドア大博覧会」と銘打たれたこのイベントは、最新グッズからソト飯までアウトドアの楽しさをギュっと詰め込んだ、キャンパーにはたまらないイベントになっています。

最寄駅の東京テレポート駅の改札を出ると早速、イベントのチラシを配っているお兄さんがいました。

こういうイベントのチラシを見ると、ついつい食事の欄に目がいってしまいます。カレーとビール……これは神イベントに間違いない(笑)

昼過ぎごろに到着したんですが、会場はすでに人だかりができています。ファッションを取り扱っているお店では通常価格の3割引は当たり前。中には半額以下のものもあります。アウトドアブランドって結構高額なものが多いので、この安さは心動かされますね〜。

とりあえずは会場をぶらぶら見て回ろうということで、歩いてたらパタゴニアを発見。

てっきりアウトドアグッズが売ってあるのかと思いきや、まさかのビール!以前どこかでパタゴニアがビールを作ったという情報は聞いていましたが、こんなところで出会えるとは……。買う気満々で近づくとすでに完売の文字。さすがパタゴニア(泣)

気を取直して歩いていると、以前DRIMOでも紹介したDOMETICさん(そのときの記事はこちら)も出店されていました。

スタッフさんに話しを聞くと「カセットガスでも動く3wayタイプが人気ですね。正直今のところ競合と言えるところもあまりないです」と満面の笑みで教えてくれました。おそらくすんごい売れているんでしょう(笑)

そしてこのかわいいキャンドルたち。なんと自分でキャンドルをその場で作ることも可能みたいです。この他にも燻製の方法を学ぶワークショップがあったり、手作りハンモックを体験できたりとショッピングだけではない体験型のイベントになっています。

ぶらぶら歩いていると一際目立つクラフトビール屋さんを発見。しかもこれトラックの中にお店があるんです。大量のビールが積まれているトラックって夢しかないですよね。お腹も空いてきたことだし、DRIMO Camping Carのスタッフもそろそろ食事をすることにしました。

美味しそうなカレー屋さんがたくさんあったんですが、今回は埼玉県熊谷のキューチャンカレーにしました。スパイスたっぷりの手作りグリーンカレーは必食!甘さと辛さが絶妙なバランスでこれは人気がありそうです。食事も済ませて会場内も一通り見て回ったので、そろそろ帰ろうかなとしているとおしゃれな焚き火を発見!

その名もTAKI BE CAN。写真ではちょっと伝わりにくいんですが、焚き火の炎が本当に綺麗に見えます。直接みる焚き火もいいですが、美しいフロントガラス越しにみる炎も、なんだかとってもいい感じです。野外で焚き火をすると、木が真っ白な灰になるまで焼きつくすのって結構大変なんですが、このTAKI BE CANは熱効率が良いので、灰になるまで簡単に燃やせるそうです。環境に優しい焚き火台っていいですよね。

そんなこんなで4時間ほど、Tokyo weekendの魅力にたっぷり触れました。個人的には、ガレージブランドのもっとマニアックなアウトドアグッズなども見てみたかったですが、それはまた来年のお楽しみということで、次回にも期待大です!