都市部では見られない雄大な自然を満喫!【キャンピングトレーラー旅行記inオーストラリア#02】

ドライブ・旅行

今回の旅の始まりは南オーストラリア州の州都アデレードからです。新しいキャンピングカーを引き取ってすぐ旅に出ました。旅の目的地はヴィクトリア州の州都メルボルン。西から東へおよそ730kmの旅の始まりです。

マナム

アデレードを出て1番最初の目的地は約100km先のマナムでした。マナム周辺にはマーリー川という大きな川が流れているので、フェリーが欠かせません。車ごとフェリーに乗る体験を日本でしたことがなかったので、大興奮でした。

キャンプサイトに着くとまずはセッティングです。移動中は物が移動したり落ちないように留めてあるので、快適に生活できるように準備をします。

私たちは基本キャラバンパークを使いません。コストがかかること、私たちのキャンピングカーは十分な設備が揃っていること、何より人で混みあっている所にいきたくないという理由です。キャンプサイトは無料と有料があり、設備も様々。マナムのキャンプサイトは車1台につき1泊10ドルです(車で来て車中泊もしくはテントで寝ることも可能)。

このキャンプサイトには共用のトイレが2つあるのと、キャンプファイヤー用のピットが何か所かに設置されています。ファイヤーピットとは大きなコンクリートの柱の輪切りのような見た目で、火が燃え広がらないように工夫されたものです。

オーストラリアのキャンプサイトは山火事のリスクを抑えるため、キャンプファイヤーが禁止されている地域や期間もあるので、キャンプファイヤーをしたい人は事前に地域情報を確認してください。

今回はラッキーなことに川沿いの一番景色がキレイな場所でキャンプすることが出来ました。

大きな川があるので、夏には多くの人がウォーターアクティビティを楽しみます。お隣さんは釣りを楽しんでいたのですが、釣り糸が大きく揺れ周囲の皆が「なんか大物が釣れたはずだ」なんて大騒ぎしていたのですが…。

なんと釣れたのはカメでした。日本では見たことがないくらい首が長いカメで私はびっくり。

アレックスとお隣のおじさんが協力し合いカメから釣り針を外すのに成功。そして無事に川へ戻っていきました。

マナムはマーリー川のおかげで、昔から人や物が船で行きかう町で、その名残を感じさせるモニュメントや資料館があります。

昔、人や物を運んだ大型船は今は観光用として往来しています。宿泊しながらクルーズしたり、ランチやディナークルーズもあるそうなので興味がある方はぜひ乗船してみると良いと思います。

マナムのもう一つの魅力は「ハウスボート」を眺めることです。ハウスボートとはその名の通り、家の機能を持つボートのことですが、そこでカフェ経営をしている人たちもいます。

マーリー川のほとりに浮かんでるこのカフェはボートで来店することも可能です。食事もデザートもコーヒーも美味しいので、いつも何を注文するか悩んでしまいます。家族経営で和やかな雰囲気があり、スタッフとの会話も弾みやすい素敵なお店です。

川沿いをのんびり歩いたり、ウォーターアクティビティを楽しめるマナムはアデレードから近いので、ぜひ多くの人に訪れてもらいたい場所です。私たちも大好きな場所で、つい長期滞在したくなります。