100均のLEDランタンで車内を明るくDIY!



中に入れば「家」と変わらないほど快適に過ごせるキャンピングカー。

私は、昼間より夜の空間のほうが好きで、ゆったりとビールを飲みながら明日の旅の計画を練ったりします。

そんなとき、車内をとてもいい感じに演出してくれるのが、補助照明。

今回は、私がキャンピングカー内に取り付けた補助照明について紹介したいと思います。

照明は全て100円ショップで手に入るものなので、気軽に挑戦できますよ。

LEDランタンで食事が明るく!

100均 LEDライト

キャンピングカーには最初から照明器具が付いていますが、ポイント的に使いたくて、100円ショップで購入したLEDランタンを取り付けてみました。

単3電池3本で、電球色のLEDがいい明かりをくれます。

夫婦二人きりの夕食はいつも、自作の引き出しユニットにテーブル板を乗せた簡易テーブルでするのですが、LEDランタンを取り付けたおかげで、明るく照らしてくれ、料理がよりおいしそうに見えます。

お安いので2個装備していますが、それでも200円(笑)今では一番のお気に入りアイテムです。

トランクルームも明るくしてみた!

セレンゲティは、トランクルームに照明が付いていないのが難点でした。購入したての頃、「なんで付いていないんだろう」と不思議に思ったくらいです。

12V配線で照明を付けようかと思いましたが、たまたま立ち寄った100円ショップでタッチライトを発見!

100均 タッチライト

「これイケるかも!」と両面テープでピタッと貼り付けてみたら、とてもいい感じに!

100均 タッチライトを貼り付けた様子

すっかり気に入り、追加購入して、全部で3個取り付けてみました。

タッチライトを車内に貼り付けた様子

真ん中はトランクスルーの扉付近に付けたので、中からも点灯させることが出来ます。

取り付けも、たったの3分で完了しました。

12V配線は初心者には難しい

車のバッテリーの電圧は12Vですが、ダイネット部分にはサブバッテリーという、車を動かすのとは別のバッテリーが搭載されています。

サブバッテリーを使うことで、車内で快適に過ごすための、様々な電気製品を動かすことができるのです。

補助照明を使う場合も、そちらの電力を使った方が、充電系統を一カ所に出来るわけですから、使い勝手が良いです。

しかし、問題は配線で、本体への接続、余った配線をきれいに隠すなど、やるべきことはたくさんあります。

ある程度の知識がある方であれば簡単なことかもしれませんが、初心者の方や、電気関係が苦手だという方にとっては、難しかったり危険なこともあったりします。

勢いに乗って始めたは良いけど、うまく作動しない、仕上がりが汚い、はたまた元の状態に戻らないなど、結果として後悔だけが残ってしまう可能性もあるのです。

その点、乾電池だと安全ですし、誰でも簡単に使用できます。

充電式乾電池で、ランニングコストを抑える!

充電式乾電池

乾電池は、簡単・安全で、すぐ使えるとても便利なもの。ですが、クリアーしておかないといけない問題もあります。

それは「ゴミ」と「コスト」のこと。

乾電池は一般ゴミで廃棄することが出来ませんから、捨てる場所に困ることも少なくありません。また、コストのことも考えないといけないわけです。

いくらLEDであっても、電池はいずれなくなります。

そのたびに電池を廃棄して新品に買い換えていたのでは、経済的にも厳しいものがあります。

そこで登場するのが、充電式乾電池。

我が家では、普段の生活も充電式を使っています。

普通のアルカリ乾電池に比べると割高ですが、何度も繰り返し使えるので実は経済的。

長い旅においても、電池切れというストレスもなく、快適に過ごせています。

確かに少し値は張るので、我が家では一度に沢山は買わず、何か通販で買うときなどのついでに、少しずつ買いそろえています。

キャンピングカーだから、充電も心強い!

補助照明で明るくなった車内

実際に補助照明も含めて、全て点灯した状態が上の写真です。

非常に明るいです。補助照明は元の照明色と合わせて「電球色」にしました。

キャンピングカーはサブバッテリーなど、走行中に勝手に充電してくれるので、冷蔵庫の出力を上げるなど、電力を多少多めに使っても問題ありません。

照明に使ってしまった充電式乾電池も、走行中に充電して、また来る夜に備えています。

たとえ満充電にならなくても、ニッケル水素なので一晩程度なら十分もちます。

一般の車でも出来ると思いますが、キャンピングカーにおいては「ガンガン」充電できてしまうのが心強い点です。

ちなみに私は、一回に16本充電できる充電器を使用しているので、なんら心配はありません。

外に持ち出せるので使用範囲も広がる!

我が家では最初に紹介した100円LEDランタンは、キャンピングカーの中だけでなく、外でも使っています。

乾電池なので当たり前ですが、外でも簡単に持ち出すことができるのでとても重宝しています。

焼肉

最近ハマっているのが、BBQの時などにコンロの近くに置いて、食材を照らし演出すること。

照明のおかげで、肉や野菜がテカって本当においしそうに見えます。

ちなみに、我が家はキャンピングカーに乗った時点で炭は卒業し、今はガスコンロを使用しています。おかげで容易な火力調整もできるし、時間も大幅に短縮させる事が出来ています。

夜間のBBQ

また、夜のBBQなどでは周囲が暗く、肉が焼けてるんだか、焼けてないんだかよく分からないなんて事ありませんか?

そんな時も、このように照明で照らすと、肉の焼け具合もはっきりと分かります。

便利アイテムを上手に組み合わせて!

今回紹介したアイテムは、電池式で設置も簡単。気軽に取り付けることができると思います。

ですが、いくら簡単便利であっても、全てを乾電池でまかなうことは出来ません。

充電の手間がない、安定した電力量などのメリットは当然、12Vのサブバッテリーにはかないません。

お互いの特長を活かしつつ、アイテムを上手に組み合わせることで、快適なキャンピングカーライフを送れると思います。

キャンピングカーは旅そのものを楽しむほか、DIYや快適化を進めて、自分流のキャンピングカーに仕上げていくのも楽しみの一つ。

普通車では味わう事が出来ない、キャンピングカーならではの楽しみをぜひ満喫してください。

関連記事一覧