広島電鉄とコラボ?!車内はまるで電車!レクビィからバンコンタイプのプラスMR5100が登場!



レクビィといえば、キャンピングカー好きにはおなじみの老舗バンコンビルダーだろう。

幅広いラインナップを揃え、多様なニーズに対応していることで知られている。

それと同時に、愛知県の老舗百貨店・松坂屋やプロ野球球団・広島カープなど、一風変わったコラボレーションモデルを出していることをご存知だろうか。

いずれも台数限定モデルで、発表即完売だったという。

そのレクビィから、新たなコラボモデルが登場。

今度のコラボレーション先は広島電鉄だ。

プラスMR5100
ビルダー: レクビィ(販売は広島トヨペット)
タイプ:バンコン
ベース車両:トヨタ ハイエース ロング・ワゴンGL・ワイドボデー
燃料の種類:ガソリン
乗車定員:5名
就寝定員:2名
全長:4,840mm
全幅:1,880mm
全高:2,100mm
価格:6,380,000円〜

コラボモデルのオリジナルはトヨタ・ハイエース ワゴンGLベースのキャブコン「プラスMR」。

全長4,840mm×全幅1,880mm×全高2,100mmというサイズはトヨタ・アルファードとほぼ同じで、街中での取り回しも良い。

レイアウトは後部にキッチン・二の字ダイネットという定番スタイルだが、ベッド展開にひとひねり加えてあるところが、このモデルの魅力である。

通常なら、ダイネットを展開して寝台にするときは並んで横になる。

が、このモデルではあえて互い違いになるようにできている。

つまり、運転席側の人は前方に枕が、助手席側は後方に枕を置く。

しかも、真ん中に通路があるツインベッドスタイルなので、お互いを邪魔することなく安眠できる(ひとりが起きていたい場合なども)スタイルとして人気なのだ。

このプラスMRについては、過去記事をご覧いただきたい。
並ばないから安眠できる!? レクビィの「プラスMR」に新型が登場!

紅葉柄のシート生地が特徴的なコラボモデル

さて、このプラスMRが広島電鉄とコラボして、どうなったのか。

気になるポイントをご紹介しよう。

まずこの「プラスMR5100」という名称。

5100形路面電車

その由来は、鉄道ファンならおわかりだろう。

広島市民の足として親しまれている広島電鉄の5100形路面電車からとられている。

車内に入ればその理由は一目瞭然。

車内の写真

居室部のシートには、実際に5100形電車で使われている紅葉柄の生地が使用されている。

電車内の写真

この生地、電車に使われるだけあって耐久性と難燃性は最高ランク

キャンピングカーの内装材として申し分ないスペックを備えている。

ただしコストは非常に高く、ファブリックでありながら高級レザー並だという。

レイアウト

5100形電車は愛称をGreen Mover Maxという。

プラスMR5100もその名に準じて、緑色を基調とした配色が特徴的だ。

グリーン基調は目にも優しく、居室が明るくなるという利点もある。

鉄道ファンにとってうれしいのはもちろん、内装色としても好感が持てる仕上がりと言えるだろう。

路面地図

車内には広島電鉄の路線案内図も掲げられ、なんと本物の吊革も装備

つり革

細部に至るまで、鉄道ファン垂涎のこだわりっぷりである。

残念な点はひとつだけ。

広島トヨペット

画像にある5100形電車を模した外観の装飾はあくまでもデモ車のもの。

本家はグッドデザイン賞を受賞するほどの目を惹く意匠だが、市販車には採用されないとのこと(オプションの用意もない)。

次のページ▷ 購入時には注意点がある。その注意点とは?!