• HOME
  • 記事一覧
  • キャンピングカー
  • 輸入キャンピングカー・アドリア マトリックスに9000km乗って泊まってわかった良い点・悪い点!ミュージシャン・俳優「岸洋佑さんインタビュー」
岸洋佑インタビューtop

輸入キャンピングカー・アドリア マトリックスに9000km乗って泊まってわかった良い点・悪い点!ミュージシャン・俳優「岸洋佑さんインタビュー」



カッコ良くて、広くて、装備も充実している輸入キャンピングカー。

憧れている人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、キャンピングカーショーにでも行かない限りなかなか見る機会さえないし、ましてや実際のサイズ感や使い勝手を知る機会はもっと少ないですよね。

と思っていたところ、アドリア マトリックスという大型輸入キャンピングカーで4カ月の間に9,000kmも移動しているミュージシャンであり俳優でもある岸洋佑さんと、先日幕張メッセで開かれたアウトドア&車中泊仕様車イベント「アソモビ2022」で知り合う機会がありました。

これはぜひ体験談を聞かせてもらいたいということで今回取材が実現。

日本の道路事情にヨーロッパ製の大型キャンピングカーは合わないのでは?

といった基本的なところから、バンバン質問してみました!

輸入キャンピングカーに乗って47都道府県をライブツアー中の岸洋佑さん

アドリアの前で撮影

今回取材に応じてくれたのは、ミュージシャンであり俳優でもある岸洋佑さん。

特撮ヒーローのスーパー戦隊シリーズ・宇宙戦隊キュウレンジャーのスティンガー役だったあの人と言われたらピンとくる方もいるかもしれません。

一時期はEXILEの事務所であるLDH(現・LDH JAPAN)に所属したこともありましたが、2020年に独立を発表して個人事務所・株式会社クレセチアを設立。代表取締役に就任しています。

今年の4月から新型コロナウイルスの拡大状況に配慮しながら、47都道府県フリーライブツアー【47 Life is an Adventure with Crew 】を敢行。

輸入キャンピングカー販売会社・デルタリンクの協賛により、ライブツアー用の機材車兼移動車兼楽屋として、専用ラッピングされたアドリア マトリックスを使用しています。

東京の路上ライブ

現在までに東京を皮切りに埼玉、栃木、福島、千葉、新潟、長野、富山、石川、福井、神奈川、静岡、山梨、愛知、三重を回ったところで新型コロナと熱中症の状況を考慮して一時中断。

8月末から再開し四国、九州、沖縄へ。そこから一気に北に移動して北海道、東北までを1年間をかけて巡る計画。

すでにアドリア マトリックスで約9,000kmを走破していて、ライブツアー終了時には3万kmに達する計算になります。

大型輸入キャンピングカーを、1年の間にこれだけ長距離で使う人も珍しいということで、実際にライブツアーでマトリックス使ってみた感想を、実車を見ながら語ってもらいました。

スルガ銀行キャンピングカーローン

岸さんライブツアーの相棒・ADRIA MATRIX SUPREME 670 SLについて

マトリックス全体

岸さんライブツアーの相棒は、輸入キャンピングカー・ADRIA MATRIX SUPREME 670 SL(アドリア マトリックス)。

アドリア社はスロベニアのキャンピングカービルダー。日本ではデルタリンクが総輸入販売元となっています。

47都道府県を巡るライブツアーを計画していたときに「キャンピングカーショーでたまたまこのマトリックスを見て、ひとめぼれ。どうしてもこの車でツアーを回りたいと思って、知り合いでもないしコネクションもないのに直接デルタリンク様にプレゼンしまくって、長期貸与していただけることになりました」(岸さん)

ベース車はイタリア・フィアットのデュカト。

エンジンは排気量2.3L(モデルチェンジ前)のディーゼルターボで、サイズは全長 748cm × 全幅 229cm × 全高 290cmとなっています。

大型の外部収納、外部電源取り込み口を設置。

マトリックスの内装

プロパンガスボンベを搭載していてガスコンロ(3口)や温水・温水シャワーを使用可能。

電化製品としては冷蔵庫と電子レンジ、家庭用エアコン。

ダイネットの上には電動で昇降するプルダウンベッド、最後部に常設ベッド。

シャワー&トイレルームまで装備されているキャンピングカーの中でも最も設備が充実しているモーターホームです。

ADRIA MATRIX SUPREME 670 概要
全長 7,485mm
全幅 2,299mm
全高 2,905mm
車両重量 3,130kg
最高出力 180ps
最大トルク 450Nm
乗車定員 4名
就寝定員 4+1名
価格 1434万3,000円(税込)
※上記は現行モデルの数値

次のページ▷ 実際に9000km使ってみた感想をご紹介します!