大自然の中をキャラバンで行く!【キャンピングトレーラー旅行記inオーストラリア#01】

キャンピングカー紹介

みなさん、こんにちは。オーストラリアでキャンピングカー暮らしをしているアキです。

日本ではなかなかそういう人はいないと思いますが、オーストラリアでは生活している人や半年〜1年の長期でキャンピングカーで旅をする人は珍しくありません。

そんなことは可能なのか?実際の生活ぶりはどんなものか?私たちの生活を今回は紹介します。

我が家はGold star liberty tourです。

まずは外観からご紹介。 オーストラリアのキャンピングカーは大きく分けて2種類あります。まずは日本と同じで、車の部分と居住部分が同一のもの(RV)。そして車が居住部分を引っ張るもの(キャラバン)があります。私たちの家は後者のキャラバンです。

キャラバンの先端は車と繋ぐ重要なパーツが揃っています。一番先端のドーム部分が車と連結し、2本の鎖も繋ぎます。黒いケーブルを車に繋ぐことで、移動中キャラバン後部とサイドにあるライトが必要時に点灯するようになります。ハンドル付きの車輪は車と切り離した時にキャラバン前方部を安定させるために使用します。

キャラバンの前方部には大きな荷物入れがあって、日常使いしない大きな物はここに収納しています。

ドア側にはオーニングと言う日よけがついているので、キャンプをする時の日よけや雨除けとして使用します。

後部にはスペアタイヤがあります。

では、いよいよ気になる内部の紹介です。

入ると目の前にはラウンジがあり、ここで食事を楽しんだりゆったりとくつろぎます。最大4名まで座れます。ですが大人だと3名が限界かもしれません。2名だとかなりゆったりです。

私たちのお気に入りの1つがこのテーブル。

真ん中の丸い部分を開くとハンドルが入っています。

このハンドルは高さ調整のためでもありますが、一番下まで下げるとベッドになるんです。 子供なら2人、大人1人でも十分な大きさです。何人か友人を招待して泊まって頂いたのですが、寝心地が良かったと喜んでもらえました。ゲスト用のブランケットなどはカウチの下が収納スペースになっているので、そこにしまっています。

寝室はキャラバンの前方部に位置しています。ベッドはクイーンサイズなので、私と彼が横になっても十分な大きさです。ベッドの両サイドと上部に収納があり、主に衣類などをしまっています。またベッドライトも左右に1つずつあるので、夜寝る前の読書をしたりする時に便利です。

カーテンがついているので、1人が早く寝てもう1人がまだ起きている時などすごく便利です。