• HOME
  • 記事一覧
  • 知識
  • お出かけできない時は「おうちピクニック」がおすすめ!キャンピングカーでお家ピクニックをしてみた

お出かけできない時は「おうちピクニック」がおすすめ!キャンピングカーでお家ピクニックをしてみた



世の中は新型コロナウイルスの影響によって、「三つの密」を避ける事が推奨され、政府によって緊急事態が宣言される中、「不要不急の外出の自粛」が強く求められています。

キャンプ大好きのアウトドア派にとっては、キャンプはおろか、キャンプ用品を物色したりキャンプ食材を買い出しに出かける事もままならず、悶々とする日々が続いています。

わが身への感染も防がなければならないのはもちろんですが、他者への感染を拡大させないよう、今は他者との接触を極力避けるべき時期であり、せめて、緊急事態宣言の5月6日までは不要不急の外出を避けるべきでしょう。

ただ、こうした意識は一定の年齢に達していれば理解する事ができますが、毎日自宅に閉じこもっている事を一番苦痛に感じるのは子どもたちかもしれません。

外で元気に遊ぶことができず、友達に会う事もままならず、ゲームやスマホで毎日を過ごす事にも限界があります。

そんな心が晴れない日々にぜひおすすめなのが「おうちピクニック」です。

大人も子供も、気分を変えて心を晴れやかにできるかもしれませんよ。

おうちピクニックとは?

「おうちピクニック」とは、読んで字のごとく、お弁当やサンドイッチ、飲み物やフルーツを持って、おうちの中でピクニックをする事です。

今回我が家はキャンピングカーを使っておうちピクニックを実践しましたが、もちろんキャンピングカーがなくても大丈夫!

自分たちが楽しめるところを探してみましょう。

例えば、花咲くお庭で

今の時期は小さな草花が咲き始めるころですし、もう少しすれば薔薇や紫陽花も咲き始めますので、お庭がある方はぜひ「おうちピクニック」に活用して欲しいと思います。

レジャーシートを広げて、庭のお花を眺めながら手作りのお弁当を食べてみては如何でしょう。

頬に風を感じるだけでも気持ちが寛いでゆくのがわかるはずです。

例えば、日辺りの良いベランダやバルコニーで

陽射しが差し込む時間帯を狙って、キャンプ用の椅子やテーブルを並べ、可愛いテーブルクロスをかけるだけでちょっとしたピクニック気分を味わう事ができます。

普段食事を摂っているダイニングからほんの数歩しか離れていなくても、充分ピクニック気分を味わえます。

青い空を眺めるだけでも気分転換になること請け合いです。

 例えば、マンションの屋上で

もし利用可能であれば、マンションや自宅の屋上ならさらに本格的なピクニック気分が味わえそうです。

椅子やテーブル、お弁当や飲み物を持って青空の下での屋上ピクニックなんて最高です。

管理組合の許可が必要かもしれませんし、他世帯とバッティングしない事が重要な上、さらに風に要注意と少し難易度が上がりますが、屋上でランチなんてコロナウイルスとは無関係でもちょっとしたイベントになりそうです。

例えば、自宅駐車場に止めたキャンピングカーで

もしキャンピングカーをお持ちなら、それを活かさない手はありません。

どこかへ出かけなくても、駐車場に止めたキャンピングカーの車内でランチするだけでも、非日常のピクニック感を味わう事ができます。

ただし、賃貸駐車場の場合には車内で過ごす事が禁止されている事や、所有者の許可が必要な場合がありますので要注意です。

おうちピクニックのおすすめポイント

おうちピクニックには、自宅にいるからこそのメリットがあります。

  • 準備・撤収が簡単 … 自宅にいるので、準備するのも撤収するのも簡単です。
  • 移動時間がない分楽しめる … 移動時間がないので、食事や会話を楽しむ時間が増えます。
  • 「あれ忘れた!」がない … 自宅なので、自宅にあるアイテムやグッズ、食材などをいつでも使えます。
  •  家電使い放題 … キャンピングカーの場合、AC電源があるので家電・電気製品が使い放題です。

「外出できない」「気が晴れない」ということばかり考えないで、自宅にいても工夫をすれば楽しむ事は可能です。

その自宅での楽しみ方の一つとして、おうちピクニックをおすすめします。

みんなで作ったお弁当を持っておうちピクニックに出かけよう

おうちピクニック用のお弁当

おうちピクニックを楽しむコツは「盛り上げ」です。

「家に居るのにピクニックなんて」とか、「いつものダイニングで食べたって一緒じゃないか」なんてネガティブな考えは、おうちピクニックの大敵です。

みんなでお弁当を作って、僅か数メートルであってもお弁当を持って「さあピクニックに出かけよう!」と、盛り上げる事が重要です。

無理にでも(?)テンションを上げて、おうちピクニックに出かけましょう。

お手軽サンドイッチとサラダでおうちピクニック!

卵とレタスのサンドイッチ

お弁当は、おにぎりでもサンドイッチでも何でも構いません。何ならカップ麺だってレトルトカレーだっていいのですが、今回、我が家ではサンドイッチを家内と一緒に作りました。

一人で作ったほうが早い…なんて、野暮な事は言わないで、お弁当を作ること自体を楽しみましょう。

春なので、リーフレタスの緑と玉子の黄色で菜の花を連想する色合いにして、具材をたっぷり詰めたボリュームサンドにしてみました。

バスケットやトートバッグに詰めてピクニックに出かけましょう

バスケットにつめたお弁当

バスケットに入れなくても、手で運べばいいじゃないか…と思われるかもしれませんが、もしピクニックに行くならと仮定した「おでかけ」の用意をする事が大切。(もちろんバスケットでなくてもOKです)

例えば、ベランダに置いたテーブルで食べる際に、普段のダイニングに食事を出すのとは違って、一旦バスケットやコンテナに詰めて、ピクニック使用で運ぶ事も重要な「演出」です。

肝心なのは、食べたいものを作って必ず「お弁当」にして、お出かけスタイルで運ぶ事です。

いくら自宅の中だからといっても、ピクニックなのですからそこは拘りたいところです。

庭やベランダ、駐車場のキャンピングカーまで、ほんの僅かな距離でもピクニックに出かける高揚感を演出しましょう。

我が家でも、使い込んだバスケットに夫婦で作ったサンドイッチやサラダの材料、食器やコーヒー用具一式を詰めて、自宅駐車場に止めたキャンピングカーまで運びました。

対面シートで夫婦二人のサンドイッチランチ

キャンピングカーでピクニックの様子

写真のようにキャンピングカー車内にお弁当を並べると、自宅ダイニングで食べるのとは違う楽しさがありますね。

今回我が家では、具沢山のボリューム・サンドイッチを「ハム系」「たまご系」の2種類、ミニトマトとグリーンアスパラのサラダ、デザートの苺、そしてキャンピングカーのサブ電源を使ってお湯を沸かして淹れたコーヒーというメニューでした。

キャンピングカーのテーブルを挟んだ対面シートで、夫婦で淹れたてのコーヒーと、手作りサンドイッチを頬張りました。

食器もできるだけキャンプ用を使う事で、非日常を演出する事ができます。

ピクニックらしいお弁当作りのレシピ

我が家の今回のおうちピクニックは、サンドイッチとサラダにしましたが、実はおうちピクニックは2回目で、前回はホットサンドメーカーを使った「焼きおにぎり」を作りました。

今回作ったサンドイッチと合わせて、作り方やポイントを簡単にご紹介します。

ボリュームサンドを作る時のポイント

ハムのサンドイッチ

ボリュームサンドを簡単に作るコツは、ラップで包んで型崩れをさせない事です。

大量の具材はパンで挟むだけでは収まらないので、ラップで包む事で分厚いサンドイッチの形状を維持します。この事さえ分かれば、他に難しい事はありません。

サンドイッチをぐるりと包めるだけの大きさにラップを広げ、パン+具材+パンの順で乗せ、最後に少し押しつぶすような感じでラップで包みます。ラップの上下端は、マヨネーズやソースの液漏れを防ぐために折り返しておきましょう。

全体を押しつぶすようにする事で、具材の隙間が埋まって型崩れしにくく、食べる際にも崩れにくくなります。

ラップで包んだら、包丁で半分にカットして断面を見せるように盛り付ければ完成です。

挟む具材については、あまり汁が多くなければ何を挟んでもOKです。

定番のハムや玉子から、サラダチキンや揚げ物、焼きそばやお好み焼きまで何でも挟んでしまえばコッチのものです。

インスタグラム等のSNSでも「#ボリュームサンド」は非常に人気のハッシュタグですので、SNSを参考にすれば無限と言って良いほどの事例を見つける事ができますよ。

また、分厚いサンドイッチをカットした際の「断面の美しさ」を競うハッシュタグ「#萌え断」も人気タグです。

ホットサンドメーカーで作る焼きおにぎり

ホットサンドメーカーで作った焼きおにぎり

一時、おにぎりのご飯を握らずに、平らなままで具材を挟んだ「おにぎらず」が人気を博した事がありましたが、あの「おにぎらず」のような平らな形の焼きおにぎりをホットサンドメーカーで作ってしまおう…としてできたのがこのメニュー。

ご飯を炊けばキャンプ場でも簡単に作る事ができるので、我が家ではキャンプの人気メニューです。

単にご飯を焦がすだけでも香ばしくて美味しいのですが、焼きおにぎりの定番「味噌」や、ホットサンドならではのバター醤油など、ホットサンドおにぎりならではのフレーバーを創作するのも楽しいものです。

前回のおうちピクニックで実際に作ったホットサンド焼きおにぎりは、「バター醤油味のカニカマ辛子マヨネーズ」です。

有り合わせの具材ですが、カニカマ+からしマヨは最早定番と言える旨い具材な上、さらに、バター醤油を焦がした焼きおにぎりで包むのですから、旨くないわけがありません。

作り方は簡単で、ホットサンドメーカーにバターを塗り、ご飯を盛って、辛子マヨネーズを塗ってカニカマを乗せるだけ。

ホットサンド焼きおにぎり カニカマ

後は、ご飯を盛った反対側のプレートを閉じて焼くだけです(この時点ではまだ醤油は塗りません)。

中の具材は若干濃いめの味付けにするのがポイント。そうでないとパンチに欠けてしまうきらいがあります。

醤油は焦げやすいので、ご飯の表面にうっすら焼き色がついてから醤油を塗りますが、ここでもしっかり濃いめに塗らないと醤油の味が飛んでしまうので、思い切ってしっかりと塗ってください。

ホットサンド焼きおにぎりに醤油を塗る様子

バター醤油以外にも、味噌や味噌バターも美味しいので試してみると良いですよ。

庭やベランダ、キャンピングカー車内でもピクニックを楽しもう

「出かけるな」と言われると、余計に出かけたくなるのは人情ですし、自分には感染しないのでは?と思いたいのも分かる気がします。

しかし、今は、徹底してStay Homeを実行すべき時だと思います。

今、ズルズルと不徹底な行動をして、後で「あの時、外出しなければ…」と後悔したくないですからね。

そうは言ってもずっと家に閉じこもりきりでは気が滅入るのも事実です。

同じ食事でも、食べる場所やシチュエーションを変えるだけでワクワク楽しいピクニック気分を味わう事ができますので、ぜひ、おうちピクニックで少しでも沈んだ気分を盛り上げてみてください。

関連記事一覧