車中泊

軽自動車でも問題ない!おすすめベッドマット5選



車中泊仕様じゃない車で車中泊をするなら、問題なのが床です。

固い床では眠りにつくことができず、疲れが取れません。

また、帰り道にも運転しなくてはいけないので、寝不足な状況は交通事故の原因にもなりかねません。

そこでおすすめなのが、ベッドマットです。

今回は、軽自動車に向けたベッドマットの中でもおすすめな商品を5つ紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

N-BOXに最適!くるマット 01k-c010-ca

軽自動車の中でもトップの人気を誇るホンダのN-BOX。

そんなN-BOXに適したマットです。

N-BOXは全席倒すことができ平坦にはできますが、スキマがありフルフラットにはなりません。

その隙間を埋められるように、設計されたものです。

ほこりが付きづらい革を使用しており、硬質のウレタンマットでヘタりにくく長く利用できます。

洗濯できるように作られているので衛生的。

さらに、重ねてコンパクトに収納できるので、積載量に制限がある軽自動車でも持ち運びしやすいです。

反発力にこだわっていたり、滑らないように工夫されていたり、枚数を沢山用意すればベットマットとして利用できるなど、使い勝手抜群なのでおすすめです。

スルガ銀行キャンピングカーローン

狭いスぺースでもピッタリ! FIELDOOR 枕付き 車中泊マット

軽自動車で車中泊をする際には、スペースの都合上、荷物を置きっぱなしにすることもあると思います。

大きなベッドマットだと荷物を一度どかす手間がかかりますが、これなら半分のスペースでOK。

バルブを開くだけで自然に膨らむので準備も簡単。

収納時は寝袋のようにまとめて折り畳んで収納ができ、スペースを取らずにどこでも持っていくことができます。

また、省スペースなベッドマットでありながら枕がついており、より快適に過ごすことができます。

特に「車中泊は1人でやるから大きなマットは邪魔になる」という方に打って付けなベットマットと言えるでしょう。

軽自動車のスペースを全て覆う巨大ベッドマット! Quick camp QC-CMD8.0

フルフラットになる軽自動車のスペースを全て覆うことができる大きなベッドマットが欲しい方にはQC-CMD8.0がおすすめです。

厚さが8cmあり、底付き感を軽減。

ベッドマットでありながら、ふかふかな寝心地を実現しています。

また、こちらもバルブを開けば自然に膨らむので待っているだけで簡単に設置可能。

やわらかな寝心地を重視するならこちらがおすすめです。

ただし、ダブルサイズとなっているので、折りたたんでもサイズはそれなりに大きく、キャンプ用のテントくらいの大きさがあり、コンパクトに持ち運ぶことはできません。

荷物のスペースに余裕がある方に限定されてしまうのが欠点ではありますが、それでも快適な寝心地を実現できる魅力はそれを補って余りあるでしょう。

次のページ⇨ あらゆる車種に対応できるマットや、本格的な車中泊仕様マットを紹介します。