【岐阜】うだつの街並みを堪能!「道の駅 美濃にわか茶屋」ではレンタサイクルと郷土料理が楽しめる!

岐阜県道の駅美濃にわか茶屋外観 ドライブ・旅行

道の駅 美濃にわか茶屋

omise岐阜県美濃市、国道156号線沿いにある「道の駅 美濃にわか茶屋」はすぐ近くに清流長良川が流れ、周りを緑豊かな山々に囲まれています。格安でレンタサイクルもしているので、鮎の遡上する清流長良川や近くに多数ある観光スポットをサイクリングしながら楽しむことができます。

道の駅 美濃にわか茶屋
所在地:〒501-3714 岐阜県美濃市曽代2007
TEL:0575-33-5022
営業時間:9:00~18:00
駐車場:大型車10台 普通車66(身障者用2)台
トイレ:有
車中泊:可
入浴施設:無

公式サイトはこちら

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。
必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

車中泊は可能?

駐車場こちらの道の駅では駐車場は24時間いつでも利用することができ車中泊が可能です。大型車と小型車が分離したスペースとなっていますから、トラックのエンジン音に悩まされることはありません。

トイレも24時間利用できます。災害時や非常時に断水しても使えるトイレであり、ベビーシートや着替え台、幼児用のトイレや授乳室もありますから、家族連れでも安心して利用できます。

シャワー室は完備されていますが入浴施設はありませんので、車で15分ほど北に行ったところにある人気の天然温泉「子宝の湯」を利用すると良いでしょう。ただし、道の駅から出るときに右折ができません。岐阜・関方面に向かうときには、少しだけ遠回りする必要があるので注意が必要です。

道の駅 美濃にわか茶屋のおすすめグルメ

中身ぎっしり「飛騨牛カレーパン」

 

この投稿をInstagramで見る

 

mika yaguraさん(@meixiangshicang)がシェアした投稿

道の駅近くにある売店「きぬや」では、さまざまな軽食が販売されています。その中でもとくにおすすめしたいのが「飛騨牛カレーパン」。この地方の特産品である飛騨牛が使われたカレーパンで、なんと長さが約22cm!お腹いっぱい味わえますよ。

レストラン人気No.1「美濃どまんなか御膳」

 

この投稿をInstagramで見る

 

tomato50さん(@rigon50)がシェアした投稿

道の駅内にあるレストラン「美濃にわかレストラン」では、定番ものからこの地方ならではのメニューまでが揃った人気のレストランです。その中でも人気が高いのが「美濃どまんなか御膳」です。美濃市の野菜がたっぷり使われた御膳で、色とりどりな見た目とボリュームある内容で大満足!

岐阜といえばこれ「けいちゃん定食」

 

この投稿をInstagramで見る

 

atsuさん(@a_s0925)がシェアした投稿

岐阜の郷土料理といえば、「けいちゃん」。鶏肉を田舎味噌で漬け込んで食べる料理で、岐阜県に古くからある料理です。そんなけいちゃんが食べられるメニュー「けいちゃん定食」は、漬物やデザートもついてお得です!

道の駅 美濃にわか茶屋にはレンタサイクルがある

 

この投稿をInstagramで見る

 

Huruuta Yoshiyasuさん(@huruuta)がシェアした投稿

道の駅にあるサイクルステーションでは、自転車の貸し出しを行っています。普通自転車なら200円、電動アシスト自転車なら500円と格安で借りることができるんです。

道の駅近くの観光地「うだつのまちなみ」「長良川」「板取川」などをサイクリングでめぐれば、美濃市の文化や歴史を肌で感じることができるでしょう。
サイクルツアーコースガイドが全部で9コース用意されているので、目的に合ったコースを選んでサイクリングできますよ。さらにレンタサイクルを利用するとシャワー室が100円で利用できます(通常200円)。

周辺観光スポット

うだつの上がる街並み(車で約3分)

うだつ

出典:LINEトラベル

まるで江戸時代のような雰囲気を味わえる場所。それが、うだつの上がる街並みです。「うだつ」とは家の屋根よりも高く設けられている防火壁のことで、当時はお金のある人しか作れなかったために「裕福の象徴」とされていました。
街並みの中にある「旧今井家住宅」では、綺麗な音色が楽しめる「水琴窟」があるのでおすすめです。

うだつの上がる街並み
所在地:〒501-3726 岐阜県美濃市加治屋町1959-1
TEL:0575-35-3660 (美濃市観光協会)

公式サイトはこちら

美濃和紙あかりアート館(車で約3分)

出典:美濃市あかりアート展

美濃和紙が作り出す、優しくてぬくもりのある光を楽しむことができるアート館です。その情景は幻想的で、まるで異世界のよう。ぜひ体感してみてください。1階はミュージアムショップとなっており、美濃和紙のお土産を購入できます。

美濃和紙あかりアート館
所在地:〒501-3728 岐阜県美濃市本住町1901−3
TEL:0575-33-3772
開館時間:9:00~16:30(4月~9月)9:00~16:00(10月~3月)※入館は閉館時間の15分前まで

公式サイトはこちら

モネの池(車で約30分)

 

この投稿をInstagramで見る

 

K.Yukihoroさん(@yukihirojapan11)がシェアした投稿

透明度の高い池に鯉が泳いでいる情景がまるでモネの描いた「睡蓮」のようだということで名付けられた池です。山の中にある神社のすぐ目の前にあります。とくに晴れの日が数日続いているときに訪れると、池の水がとても綺麗なのでおすすめです。