日常からアウトドアシーンまで使える!居住性能の高いハイエースベースのバンコン

ハイエースベースバンコンの紹介 キャンピングカー紹介

バンコンはなぜ人気?

昨今の日本におけるキャンピングカー市場の盛り上がりは、よくニュースでも取り上げられている。日本RV協会が発行した「キャンピングカー白書2018」によれば、2015年から2016年にかけて国内の保有台数は約1万1千台増え、国内全体で10万台を突破、総売上額は424億円と飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

出典:日本RV協会

キャンピングカーといえば多くの方がイメージするのが、下の画像のようなキャブコンと呼ばれるトラックの荷台にキャブ(住居スペース)を載せたタイプのものだろう。

キャブコン

もちろんキャブコンタイプのキャンピングカーの売上げも年々伸びてはいるが、国内で一番人気が高いのがバンコンだ。バンコンとはバンコンバージョンの略称で、バンやミニバンなどの元々のボディを生かして、内装やルーフ部分を架装したタイプのキャンピングカーのことを指す。

ハイエースワゴンGL

バンコン

バンコンが国内で人気が高い最大の理由は、「普段使いができること」これに尽きると思う。キャブコンと異なり、ボディに大きく手を加えていないため、走行性能は普通の車とほぼ変わらず運転がしやすい。乗り心地、機動力もそのままなので高速道路での運転や長距離の移動も不安なく行える。

また、立体駐車場でも停められるタイプのものも多く、ショッピングモールへの買い物や家族の送迎など日常的なシーンで使えないということがほとんどない。「普段の生活と非日常的なアウトドアシーン」どちらにも対応できる汎用性がバンコンの強みだ。

バンコンの弱点

ただし、そんなバンコンにも弱点は存在する。ここではバンコンのデメリットをキャブコンと比較しながら見ていきたい。

1.車内空間が狭い

これは前述したバンコンのメリットにもなる点なので、一概に弱点とはいえないがキャブコンと比べてバンコンは車内スペースが狭い。

一般的なハイエースバンコンの場合、全高は2.1m〜2.3mになる。この高さでは、車内で立つ時にややしゃがんだ状態になるので、長期間の宿泊はきつい。レイアウトにもよるが高さがない分、収納スペースもキャブコンと比べて少ない場合が多く、生活スペースや就寝スペースに荷物を置くことを余儀なくされてしまう。

一方キャブコンの場合は成人男性でも、ほとんどの人が車内で直立で立っても頭が天井にぶつかることはない。また、標準的なキャブコンであれば、車内後方のリアベット下部や天井周りには収納スペースが設けられているので生活スペースを広々と使用することができる。

2.気温や天候の影響を受けやすい

バンコンのボディには熱伝導性、蓄熱性ともに高い鋼材や鉄材が使われているので、夏の熱気はこもりやすく、冬は外の冷気が伝わり車内は冷える。冬に関してはDRIMOでもよく取り上げている「FFヒーター(関連記事はこちら)」を使用することで、車内を暖かい状態に保つことが可能だが、夏場はそう簡単にはいかない。

特にTOYOTAハイエースや日産キャラバンなど、スライドドアが大きく開閉できるタイプの車では、冷房でせっかく冷えた車内の冷気が乗り降りの際に、簡単に出ていってしまう。

一方キャブコンの場合、FRPと呼ばれる繊維強化プラスチックを使用して断熱性、防音性に優れるオリジナルのボディを製造するなど居住をベースに考えて車を作っている。バンコンが「生活可能な車」であるのに対しキャブコンはまさに「移動できる家」といったところか。