300万円代で購入できるコストパフフォーマンスの高いおすすめのキャンピングカー5選



テレビやネットニュースなど各種メディアで取り上げられ、キャンプブームなどの影響もあり、ますますの盛り上がりを見せるキャンピングカー業界ですが、日本においては、まだまだキャンピングカーは高価なもの、贅沢品というイメージが色濃く残っているのではないでしょうか。

しかし近年では軽自動車をベースにした軽キャンやバンをベースにしたシンプルな作りのキャンピングカーなど普通の乗用車とさほど変わらない価格帯のキャンピングカーも数多く登場しています。

今回の記事ではDRIMO編集部が厳選したコストパフォーマンスの高いオススメの300万円代のキャンピングカーをご紹介したいと思います。

オススメの300万円代のキャンピングカー

“ちょうどいい”サイズ感 D TENTMUSHI(D テントむし)

D TENTMUSHI(D テントむし)

最初に紹介するのは、「テントむし」で有名なビルダー、バンショップミカミの『D TENTMUSHI(D テントむし)』です。

3,718,000円(税別)から購入可能です。

「テントむし」はダイハツ・ハイゼットをベース車にした軽キャンピングカーですが、D テントむしはトヨタ・ライトエースをベース車にした、ライトキャブコンです。

この車の特徴は、絶妙なサイズ感

キャンピングカーを保有する際に気になる1つの障壁に、普段使いができるかどうかというのがあると思います。

「Dテントむし」は全高が2,090mmと、2.1Mの屋根付き駐車場にも入れられる、街乗りしやすいモデルになっています。

D TENTMUSHI 内装

エレベータ式のポップアップルーフが搭載されているため、室内高は1,800mmまで上がり、車内はとても開放的な空間に。

D TENTMUSHI ギャレー

冷蔵庫などがビルドインされているギャレーもシンプルながら使いやすい作りになっており、車内の居住空間を出来るだけ広く使えるような工夫がされています。

家族で旅行するために軽キャンピングカーよりは大きいサイズのものが欲しいけど、ショッピングなどの街乗りにも使いたいという方にとっては理想の一台かもしれません。

D TENTMUSHI(D テントむし)
ビルダー:バンショップミカミ
タイプ:キャブコン
ベース車両:トヨタ ライトエース
価格:¥3,718,00~(税別)
乗車定員:6名
就寝定員:4名
全長:4,550mm
全幅:1,770mm
全高:2,090mm

充実の装備が魅力 Resort Duo Bambino PLUS(リゾートデュオ バンビーノ プラス)

Resort Duo Bambino PLUS 外装

次に紹介するのが、トヨタ・ライトエースをベース車に採用したStage21の『Resort Duo Bambino PLUS(リゾートデュオ バンビーノプラス)』です。

こちらは、3,580,000円(税別)から購入できます。

この車の特徴は、コンパクトな作りながら、キャンピングカーに必要な装備が網羅的に取りそろえられているところです。

先ほど紹介した「D TENTMUSHI」と同じく、全高が2,090mmとなっているため、一般的な駐車場はもちろん、屋根付き駐車場にも駐車可能な利便性の高いキャンピングカーです。

Resort Duo Bambino PLUS ダイネット

ダイネット部分はオプションで対座式の4名ベンチシートに変更ができます。

余計なものがないシンプルな作りになっているので、ライトキャブコンながら家族でも利用可能なゆとりある空間になっています。

テーブルを下げることによってベッド展開も可能です。

Resort Duo Bambino PLUS 運転席上部

電子レンジや水回りが格納されているギャレーは、運転席のすぐ後ろに設置され、料理などの作業を行うスペースと、食事をとったり談笑しながらリラックスできる空間は良い意味で区切られています。

運転席上部にはキャビネットがあり収納スペースも確保されています。

Resort Duo Bambino PLUS 後ろ外観

また、リゾートデュオ バンビーノプラスの装備が充実しているのは内装だけではありません。

サンパワーシステムと呼ばれる充電システムを標準装備で搭載しており、走行充電・ソーラー充電・外部電源からの充電が可能です。

これによりスマホや冷蔵庫、テレビなどの家電を気兼ねなく使用することができ、外気温などの環境に左右されるところもありますが、キャンピングカーが陥りがちな充電問題をクリアすることができます。

Resort Duo Bambino PLUS(リゾートデュオ バンビーノ プラス)
ビルダー:stage21
タイプ:キャブコン
ベース車両:トヨタ ライトエース
価格:¥3,580,000~(税別)
乗車定員:4名
就寝定員:大人3名、子供1名
全長:4,500mm
全幅:1,840mm
全高:2,090mm

街乗りできるキャブコン ALEN type1(アレン タイプ1)

ALEN タイプ1 外装

出典:AtoZ

こちらのキャンピングカーはAtoZの『ALEN(アレン)』です。

価格は3,800,000円(税別)から、となっております。

AtoZと言えば、AMITY(アミティ)が有名ですが、今回はあえてアレンをご紹介したいと思います。

アレンとアミティの最大の違いはベース車にあります。アミティがマツダのボンゴトラックをベース車に採用しているのに対し、アレンはトヨタのライトエースがベース車です。

外見もアミティはTHEキャブコンといった形をしていますが、アレンはスタイリッシュなバンといった雰囲気。

ALEN タイプ1 内装

出典:AtoZ

内装は入口すぐに対面式のダイネットがあり、サイドにはギャレー、リアには常設二段ベッドという、ファミリーユースにも最適な使い勝手の良い、キャブコンの王道的なレイアウトになっています。

運転席上部のバンク部はオーバーヘッドコンソールとなっており、十分な収納スペースが確保されているので、旅行の荷物やフロアベッドの寝具の収納場所としても重宝しそうです。

さらに下段ベッド下の収納庫スペースや、ダイネット上、ギャレー上、リアの3方向にオーバーヘッドキャビネットを装備するなど、収納力の高さもポイントです。

ALEN タイプ1 サイズ感

出典:AtoZ

車高は2.5mとアミティシリーズよりも20cm低く、サイズもコンパクトなので女性でも運転しやすいのではないでしょうか。

また、アミティではオプション設定の電子レンジが標準装備されているなど、装備も充実。

しっかりとした作りで使いやすいレイアウト、装備の充実度から、コストパフォーマンスの高い一台と言えるでしょう。

ALEN type1(アレン タイプ1)
ビルダー:AtoZ
タイプ:キャブコン
ベース車両:トヨタ ライトエース
価格:¥3,800,000~(税別)
乗車定員:6名
就寝定員:大人2名、子供3名
全長:4,620mm
全幅:1,840mm
全高:2,500mm

コンパクトな2人旅 HaWveLu(ハウベル)

ビークル ハウベル 外観

出典:ビークル 公式ブログ

続いてご紹介するのは、バンコンの架装を得意とするビルダー、ビークルのキャンピングカー『ハウベル』です。

3,745,000円から購入できます。

ハウベルは、同社のフラグシップモデルであるDUO(デュオ)の人気のレイアウトをコンパクト化した、日常使いにも便利な一台です。

ハイエーススーパーロング(ワイドボディ)をベース車にしているDUOに比べ、ハウベルはハイエースロング(ナローボディ)を採用することで、取り回しも良く、一般的な駐車場にも駐車しやすいサイズになっています。

ビークル ハウベル ギャレー

出典:ビークル

この車のおすすめポイントはギャレー部分。

ヨーロッパのキャンピングカーによく見られるセンターキッチンを採用し、車内後部のダイネットスペースを広く使えるようになっています。

また、シンクは引き出し式になっており、10Lのタンクやカセットコンロなどを収納できるようになっているほか、折りたたみ式のカウンターまでついているので、使い勝手は抜群です。

ビークル ハウベル ダイネット

出典:ビークル

ハウベルは基本的には2人旅用をコンセプトに作られていますが、旅先でお客様を迎え入れることもできるように車のリア部分はコの字型の贅沢なソファーが設えられています。

ソファーの背もたれになっているベッドマットを通路部分に設置するだけで、1,800×1,500mmの大人2名がゆったりと寝られるフロアベッドに展開可能です。

また、ベッド展開後もテーブルはそのまま使え、取り外すこともできます。ゆったりくつろぎながら夜の晩酌をしたりと、ナイトテーブルとして使えるのは嬉しいポイントです。

デュオに比べ標準装備の充実具合で言えばやや劣るところがあるものの、2人での車旅を前提に考えれば十分な機能を備えているキャンピングカーです。

HaWveLu(ハウベル)
ビルダー:ビークル
タイプ:バンコン
ベース車両:トヨタ ハイエースバンDXロング
価格:¥3,745,000~(税別)
乗車定員:6名
就寝定員:2名
全長:4,695mm
全幅:1,695mm
全高:2,240mm

広々車内なら ポップ・コン キャンパーR

ポップコーン キャンパーR 外観

出典:株式会社キャンピングカー広島

最後に紹介するのはキャンピングカーのベース車としては比較的珍しい日産のNV200を架装したキャンピングカー広島の『ポップ・コン・キャンパーR』です。

価格は3,791,000円からとなっています。

この車の特徴は、車内空間を極限まで広く使うための工夫がされているところです。

ポップコーン キャンパーR 内装

出典:株式会社キャンピングカー広島

車での長旅に水回りの設備や調理が可能なギャレーは欠かせないものですが、使用しないときは正直に言ってスペースを無駄に使ってしまっている感が否めません。

しかし、この『ポップ・コン・キャンパーR』はダウンギャレーシステムを採用しており、必要な時だけ上の写真の様にギャレーを使うことができ、それ以外の時は下の写真のようにシートの下に収納することが可能です。

ポップコーン キャンパーR ダウンギャレー ベッド展開

出典:株式会社キャンピングカー広島

ギャレーが設置されていないシートについても、跳ね上げ式でシートが開けられ、シート下は大きな収納スペースとして使用可能です。

前向きセカンドシートはレバーやレバーベルトで簡単にフラットに展開でき、通路部分にベッドマットを設置すれば、車室内幅いっぱいのフロアベッドが完成します。

ポップコーン キャンパーR ポップアップルーフ

出典:株式会社キャンピングカー広島

また、キャンパーRには1880mm×1030mmのポップアップルーフも付いています。車内後方の天井部分が大きく開口され、停車時には車内をさらに開放的に使用できます。

広々とした車内空間を求められている方にはぴったりの車ですね。

ポップ・コン・キャンパーR
ビルダー:キャンピングカー広島
タイプ:バンコン
ベース車両:日産 NV200
価格:¥3,791,000~(税別)
乗車定員:5名
就寝定員:4名
全長:4,400mm
全幅:1,695mm
全高:1,980mm

最後に

今回はDRIMO編集部で厳選した300万円代から購入できるおすすめのキャンピングカーをご紹介しました。

欲しい装備によっては、オプションで追加が必要な場合もありますが、どの車も500万円を超えるキャンピングカーに引けを取らない居住性能や走行性能を持っています。

サイズとしてはやや小さめのコンパクトキャンピングカーが並びましたが、このサイズだからこそ街乗りにも使用できる汎用性が魅力です。

今回ご紹介した車以外にも300万円代で購入できるキャンピングカーはまだまだありますので、またどこかで特集したいと思います。

関連記事一覧