道路

「目的の高速出口過ぎちゃった…」7割が知らない無料で引き返す方法とは



目的ICを通過しても引き返せる

土地勘のない地域で運転している際、目的地を通り過ぎてしまうことは珍しくありません。

特に高速道路だと、目的のIC(インターチェンジ)を通過すると次のICが数十キロ先だった、ということも。

そんな時、一度高速道路を下りていた方がいるかもしれません。

しかし、降りたかったICを過ぎてしまっても、高速道路を降りることなく引き返す方法があります。

スルガ銀行キャンピングカーローン

次のICで通り過ぎた旨を伝えれば大丈夫

IC出入り口

©Caito/stock.adobe.com 「ETC専用」ではなく、「一般」の方を利用しないといけないので注意

目的ICを過ぎた場合、その次のICに向かってください。

そして、ETC専用レーンではなく一般レーンを利用し、料金所のスタッフに降りる場所を間違えた事を伝えましょう。

すると、目的のインターチェンジまで戻れるよう、スタッフの方が案内してくれます。

いつもの癖でETC専用レーンを通ってしまった場合は残念ながらこの方法は使えません。

また、バックしてレーンを入れ替えるのは大変危険ですので絶対にしてはいけません。

追加料金は取られない!

ひとつ先のICまで行ってしまったからと言って、通行料金が多く取られてしまうことはありません。

通行料金は最初に入ったICから本来の目的地であるICまでの金額になります。

つまり、余計な料金を支払うことなく(何のデメリットもなく)引き返すことが出来ます。

次のページ▷ どれくらいの人たちが知ってる?!