伊豆・2泊3日の車旅〜「RVパーク伊豆黒根岬」は子連れファミリーにもおすすめ!



伊豆での海遊びを目的とした、トラキャン2泊3日の旅。

1日目は、「伊豆海の森スマイルキャンプ場」に宿泊したことを前回の記事でご紹介しました。

今回は、2日目の滞在先「RVパーク伊豆黒根岬」を紹介したいと思います。

我が家はRVパークを利用するのが初めてでしたが、私たち子ども連れファミリーでも使い勝手が良く、快適に過ごすことができましたよ。

予約~決済の手順をはじめ、周辺環境などについてもレビューしますので、ご参考にしていただけると幸いです。

予約~決済までサクッとスムーズ!

RVパーク伊豆黒根岬

1日目の滞在先「伊豆海の森スマイルキャンプ場」が2日間空いており、予約の時からすごく感じが良かったので、ここで2日とも滞在することも考えたのですが、調べていくうちに行ってみたいなと思うところが見つかりました。

それが、「RVパーク伊豆黒根岬」。

RVパーク伊豆黒根岬のfacebookには、施設の詳細や雰囲気などが詳しく記載されており、予約状況を見るとたまたま希望する日が空いていたため、直接担当者に電話することに。

電話で予約の手続きをしたら、その後すぐにショートメールで費用と振込先が送られてきました。翌日には振込完了、決済終了。とても簡単でスムーズでしたよ。

余談ですが、Googleマップは位置情報はもちろん、施設についても詳しく調べられるので、最近とても重宝しています。Googleマップから簡単に連絡もできるので、使い勝手ばつぐんです。

チェックインの方法について事前確認を

RVパーク伊豆黒根岬のチェックインに関しては、初心者の私たちは少し戸惑ってしまいました。

なぜかというと、現地にはキャンピングカーが数台停まっており、空きのある駐車スペースはありそうなものの、管理人さんらしき人が見当たらず、とりあえず予約した時の電話番号にかけてみると、専用のポールが立っている場所以外なら自由に停めて良いとのことでした。

専用のポールが立っている場所は、たとえその場に車が停まっていなくても、誰かがそのエリアを先に使っているということだとか。隣のキャンピングカーに乗っていた方も親切にいろいろ教えてくれました。

初めての施設を利用する場合には、あらかじめチェックインの受付場所や利用方法を尋ねておくと、当日のチェックインなども安心ですね。

海遊びの帰りだったため、場所だけ確保してポールを立て、トラキャンで近くの入浴施設に行って帰ってくると、そこには管理人さんの姿が。

丁寧にシステムを教えてくれたので、安心して過ごすことができました。

トイレ・水場は24時間使用可能で、ごみ処理は500円をボックスに投入するシステム。電源は利用料金に含まれています

町を一望できる超絶景!手持ち花火やバーベキューも可能

朝焼け

こちらのRVパークの魅力の一つは、超絶景!

稲取の町が一望でき、昼間は大きな海まで見渡せます。夜はきれいな夜景、月と星も楽しめますよ。

ちなみに、通常料金+1,000円で駐車場所の予約もできるそう。私たちも、次回また訪れる際には、絶景ポイントに駐車してみようと思いました。

花火をする人たち

キャンピングカーのサイドでは、焚火、バーベキューなどの屋外調理も可能。我が家のトラキャンでのキャンプスタイルにぴったりでした。

花火は原則禁止ですが、管理人さんに確認したところ、手持ち花火ならOKとのこと。我が家の子どもたちも、キャンプの定番である花火ができて大喜びだったので、ファミリーの方にはとてもおすすめです。

ちなみに、RVパーク伊豆黒根岬の前は国道135号ですが、夜はとても静か。全く騒音を感じることなく、朝まで熟睡できました。

周辺にはレストラン、お土産屋さん、ドラッグストアなども

RVパーク伊豆黒根岬の道路を鋏んで目の前には、レストラン「徳造丸」、「網元料理 魚庵」があります。どちらも伊豆の海の幸を贅沢に味わうことができますよ。我が家は子どもたちに好き嫌いがあるので、残念ながら今回はあきらめることにしましたが……。

その隣にはお土産屋さんがあります。おいしそうな干物がズラッと並んでいました。

RVパーク伊豆黒根岬は屋外調理もできるので、こちらに滞在される際は、買った干物をその場で食べるのもおすすめです。我が家も金目鯛とあじの干物を購入し、持参していたバーベキューセットを使って炭火で焼くことにしました。

さらにレストランの並びには、ドラッグストア「ココカラファイン セイジョー」もあります。飲み物や簡単な食べ物、急な日用品はほとんどここで揃えられますよ。

レストラン、お土産屋さん、ドラッグストアは、すべて RVパーク伊豆黒根岬から徒歩圏内。ですが、大きな道路を挟んでいるので、特に小さなお子様を連れている方は横断に注意してくださいね。

伊豆稲取スポーツヴィラ

出典:伊豆稲取スポーツヴィラ

お風呂は、 RVパーク伊豆黒根岬から約2.1km、車で4分ほどの「伊豆稲取スポーツヴィラ」という施設の中にあるのが、一番近いと思います。

日帰り入浴の営業時間は15:00~22:00、入浴料は500円、タオル代は300円。とても広くてきれいな施設ですよ。

ファミリーで遊べる海水浴場なども多数あり!

熱川海水浴場 熱川YOU湯ビーチ

出典:東伊豆まち温泉郷情報サイト e-izu(いーいず)

近くに透明度の高いきれいな海水浴場が多数あるので、夏場にはファミリーで遊ぶ場に困ることもないでしょう。

ちなみに我が家は、新型コロナウイルスの影響で選択肢が減ったものの、 RVパーク伊豆黒根岬から約2.1kmの近場の海水浴場と、車で13分ほどの「熱海海水浴場 熱川YOU湯ビーチ」を選びました。

伊豆ぐらんぱる公園

出典:伊豆ぐらんぱる公園

また、やや遠くはなりますが、「伊豆ぐらんぱる公園」というところもおすすめです。

RVパーク伊豆黒根岬から約19kmの場所にあって車で30分ほどかかりますが、東京ドーム5個分の広さに、乗り物や広場、水遊びができるエリアがあり、子ども連れのファミリーにぴったりです。

家族で夏休みの思い出づくりができるスポットが、伊豆にはたくさんありますね。

道の駅 伊東マリンタウン

人気の「道の駅 伊東マリンタウン」も近くにあるので、 RVパーク伊豆黒根岬へ向かう途中、もしくは帰り道に立ち寄ることができますよ。

ここは景色が良いのはもちろん、おいしい食べ物もそろっており、温泉まで楽しめます。向かいには「MEGAドン・キホーテ」もあるので、何でも一通りのものを揃えられる点でも便利です。

まとめ

初めてRVパークを利用して感じたことは、オートキャンプ場とはまた違った良さがあるということ。リーズナブルでサクッと予約できる上、キャンプ場よりも比較的便利な場所にあるので、キャンピングカーでの旅の拠点にぴったりだと感じました。

特に、今回利用した「RVパーク伊豆黒根岬」は景色も美しく、利便性にも優れており、観光の拠点としてとても重宝しそうです。

今回RVパークの良さを体感したので、今後も我が家のトラキャンとともに、全国のRVパークを訪れてみようかなと考えています。

RVパーク伊豆黒根岬
住所:〒413-0411 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3009-1
TEL:090-2166-0447
HP:https://www.izumiresort.com/

関連記事一覧