荷台からそのまま引き出せる!テールゲート下にテーブルを簡単にDIY【軽バン秘密基地計画#05】

DIY・パーツ

テーブルに引き出しを付けた

今回のテーマは、バモス快適化のためのすご~く簡単な工作2件と、そもそも自作に興味を持つようになったきっかけのようなことについての話。

毎度貰い物とか家に余っていた物の話が多いけど、姉の家に行った時に「片付けをしていたらこんなものが出てきたんだけど要らない?」と言われた。

テーブル板の下や棚板の下に取り付けて、カトラリーや文房具などを入れておくプラスチック製の小さな引き出しのようなものらしい。引き出しと言うか、箱には「引き出しタイプの収納トレー」のようなことが書かれている。要するに引き出しと呼ぶには薄すぎるから引き出しトレーなのだと思う。

もちろん車用に作られたものというわけではないのだが、把手にストッパーも付いているから、車の中に設置しても走行中にトレーが飛び出してしまうようなこともなさそうだ。高さも39mmしかないからバモスのテーブル兼棚板の下に取り付けても邪魔にならない程度のサイズだ。有難く頂戴して取り付けてみることにした。

取り付けは至って簡単。テーブル板の裏にビス4本で留めるだけ。ものの5分で作業終了。しかし、実は私は凸を凹に切り抜いてしまうような迂闊なことをやってしまう性質がある。「出来た!」と早速車内に設置したところ、引き出しは車の後ろに向いて付いていた。

一瞬「あれ? テールゲート側から物を取り出すようにつけたんだっけ?」とも思ったが、そうではない。このテーブルは車の後方を向いて座って使うようになっている。一応座った時に使おうと思っていたので、やっちまったようだ。面倒くさいけど、やり直し。

無事設置終了。試してみたら、この高さ(39mm)なら寝る時にも全く邪魔にならない。中には仕切り板も付けられるようになっているので、「割り箸・カトラリー類」「ナイフ・ライター・栓抜きなど」「ペンや定規などの文房具」の3つに分けてみた。

中々に良い感じだ。実際に走行してみても問題なし。これなら「ライターどこにいった?」と無駄に時間を費やすこと(タバコを吸わなくなってから唯一不便に感じるのは、ライターを使おうと思った時にすぐに見つからないときが度々あること。)も減るだろうし、「箸忘れた!」もなくなりそう。もらってきて良かったようだ。メデタシ。

野外でタープを設置したいとき

海岸の駐車スペースに車を停めた時に、こんなことをすることがある。隣りは友達のハイエース。たまに無料の駐車場とかでしっかりタープを張っている人達を見かけることがある。

空いていればとやかく言うつもりなどないのだが、張り綱なしでも一応立つタイプの4本脚のタープでも、車1台分以上のスペースを使ってしまうことになるし、張り綱を張ったりすると幅が2m程度の小さなタープだとしても優に車2台~3台分のスペースが必要になる。

無料ならどう使おうと勝手というものではない。混雑している時に堂々とそんなことをしている人達を見かけると、どういう神経をしているのだろうかと思ってしまう。

しかし、こうして車2台を使ってその間にタープを張るのなら、車と車の間隔が2m程度でも椅子を置いて4~5人は十分入れるスペースを作ることができる。サイドドアを開けても余程風が強くなければ車内に雨が吹き込まなくて合理的だし、設営も非常に簡単。

全体の占有面積は車2台を含めても車3台分よりは少なくて済むから、この画像の場所のように線の引いていないような駐車スペースなら、最も他人に迷惑をかけることなく屋根を作れる方法だ。

しかし、控えめな性格の私達はこれだって仲間が数人集まっている時にしかやらない。通常は開けたテールゲートを屋根にしていることの方が多い。

ところで、とにかくタープを張って、雨天と日差しの強い日の日中はともかく、晴れた夜空の下でもタープの下にいたがる人達の気持ちが、実を言うと私はもう一つよくわからない。晴れているなら星空を仰いだ方が気持ち良いだろうにと思ってしまう。

しかし、そんな私にも何故屋根が必要かと言えば、雨や日差しを避ける意味もあるけど、海岸ではトンビ対策が必須だからだ。

海岸で上に注意も払わずに悠長に弁当なんて食べていようものなら、食料はすぐにトンビの餌食になってしまう。カラスは横からでも来るけど、トンビは上から狙ってくるため、小さくても上空からの視界を遮るものがあれば問題ない。それでテールゲートの下で昼飯にするか、バンが2台あって人数が4人以上いるような場合は、こうして車と車の間にタープを張ったりもするわけだ。