ハイエースの純正スピーカーを社外スピーカにDIYで変更!【ハイエース快適化計画】

スピーカー交換デッドニングDIY DIY・パーツ

こんにちは!

ハイエースって純正スピーカーがイマイチ物足りないですよね。
以前からスピーカーを交換して快適にしたいなと思っていたのですが、緊急性も低いのでなんやかんやと後回しになっていました。

しかし今回、ついに重い腰を上げてスピーカー交換にチャレンジしてみましたので交換方法などをお伝えできればと思います!

必要なもの

今回、スピーカーを社外のものに変更する為に某大型カー用品店で購入したのはこちらです。

新しいスピーカー

ALPINE (アルパイン)のスピーカー「STG-G170S」

このスピーカーはALPINEのツイーターがセパレートになっているタイプです。
詳しいことはよくわかりませんでしたが、金額と見た目のかっこよさでチョイス!

ALPINE STG-G170S

また、アルパインのスピーカーをハイエースに取付する為に必要な、インナーバッフルボード(スピーカーの枠みたいなやつです)も一緒に購入しました。

ALPINEバッフルボード

デッドニング用の材料

今回、せっかくスピーカーを外すので、音質向上の為、簡単なデッドニングも行いたいと思います!
デッドニングとは車のスピーカーボックス(今回はフロントドアですね)に制震対策などを行い、スピーカーボックスとして理想的なものにすることで、音質を向上することです。デッドニングはプロにお願いする事もできますが、今回は自分でできる範囲で簡易的なデッドニングに挑戦したいと思います。

デッドニング用に購入したのはこちら。

レアルシルト

やり方はネットで検索すると先輩達がたくさんいらっしゃいましたので、スマホを片手に色々と調べながら格闘しました。
板チョコの様なレアルシルトディフュージョンと、制振シートのレアルシルトです。

この板チョコ型の方ですが、公式サイトによると、

「レアルシルト・ディフュージョン」は、車両ドア内部の厳しい環境を克服するとともに”拡散” “反射” “吸収”の物理的な三要素で音質の向上をはかることを可能にしました。人間の耳にもっとも聞こえやすい1kHz〜2kHz付近の音楽情報を著しく向上させ、音楽の明瞭度と繊細な音楽表現をより高める新素材です。

制振シートの方は、新幹線N700Aにも使用されている制振・防音シートとの事。

これは、なんだか期待大!ワクワクが止まりません。
ではこれらを使って、いざ施工していきたいと思います!