夏キャンプに向けてハイエースに換気扇をつけたい!フィアマターボキットの装着&レビュー

DIY・パーツ

こんにちは!

皆さまキャンピングカーでのご旅行楽しまれていますか?
最近は全国的にも雪の日が多く、とても寒いですね!
特に車中泊をするとなると、冬の寒さや夏の暑さは、我慢できないほど辛いものです。冷暖房をつければ快適に寝られるのですが、キャンプ場や道の駅ではアイドリングをしないのがマナー。近隣住民や他のキャンパーにもエンジン音が迷惑だし、何より環境にも良くないので避けたいところですね。

キャンピングカーの暑さ、寒さ対策

キャンピングカーには暑さや寒さの対策のため、床や壁、天井などに断熱加工を施されていたり、FFヒーターというエンジンを停止している状態でも使用できるヒーター、家庭用のエアコンまで装備されている車もあります。こういう装備があることで、車中泊時も快適に過ごすことができるようになっているんですね。

僕のハイエースDRIMO号は?

しかし、僕のハイエースワゴンGL(DRIMO号)はディーラーで買ったノーマルがベースなので、断熱加工もしてなければ、FFヒーターも付いていません。

僕のハイエース(DRIMO号)はこちら

それでも、冬はあったかい寝袋を使ったり、自宅の布団や毛布を積み込んで寝れば、なんとか暖かく過ごす事ができます。

問題は夏です。

暑さだけはどうしようもありません。
窓を開けていてもダメで、1時間毎に起きては、スライドドアをオープンし外の風を入れるの繰り返しで、まともに寝れません。

暑さ対策の味方といえばMAXファン

せっかくハイエースを購入し、楽しいキャンピング生活を思い描いていたのに、このままでは、ただの乗用車と化してしまう。
何か解決策はないかと調べたところ、素晴らしいものを見つけました。

その名もMAXファン!

こいつがあれば中の熱い空気を外に出したり、外の涼しい風を取り込んだり、快適な車中泊ができるはずです。

しかし、これを天井に装着するには、天井に穴を開けたりと大工事が必要。
猛者達の中には、DIYで天井カットされている方もいらっしゃるみたいですが、僕みたいな小心者にハイエースの天井を切るなんてとても真似できない…

簡単につけられるファンはないの?

見つけたのが、こちら。

フィアマターボキット!

これはハイエースにポン付けできるスグレモノです。
シガーソケットやバッテリーから電源を取れるだけでなく、乾電池でも動作可能な為、ポン付けが可能なのです。

電源スイッチはこんな感じで、
HIGHとLOW(強さ)の切り替えが可能です!

このファンをハイエースの右サイドのこの小窓に設置したいと思います。

取り付けはめちゃくちゃ簡単で、
小窓の上下のレール部分に、フィアマターボキットのフックを引っかけるだけです!

DRIMO号には網戸を付けてあるのですが問題なく装着できます。
また、装着状態での窓の開け閉めにも全く影響ありません。

これは素晴らしい!

ハイエースの為に設計されているかのような、まさにジャストフィット!!
電池で動かす場合はこれだけで完了です。

外から見るとこんな感じになります。
窓を開けた状態で使用します!

このアイテムですが、バッテリー経由の配線をした場合は、配線を差す向きを変える事で、ファンの回転方向を変える事ができ、吸気と換気の切り替えが可能です。

涼しい風を車内に取り込んだり、車内の暑い空気を換気したりといった使い方ができます。僕はその配線を無くしてしまったので、電池稼働&換気専門です(涙)

人気商品なので、楽天などで定価より高い値段で売られていたりしますが、とても便利な商品なので、是非使ってみてください。