【ホワイトハウス】COMPASS DOLQ(コンパスドルク)

【ホワイトハウス】COMPASS DOLQ(コンパスドルク)



ホワイトハウス 「COMPASS DOLQ」

ホワイトハウス COMPASS DOLQ

ホワイトハウスのCOMPASS(コンパス)シリーズは、これまでも「コンパスビッツ」や「コンパスグランド」など、多くのファンを魅了してきた同社の人気のバンコンシリーズだ。

いまだに進化し続けるコンパスシリーズだが、今回はその中から、車に『乗る』というよりも『くつろぐ』という感覚を大切にするコンセプトのもと製作され、さらに洗練されたデザインで登場した「COMPASS DOLQ(コンパス ドルク)」を紹介する。

FRP製の出窓、エクステンションボックスを採用することで、広い空間はそのままに大人が横向きで眠れるダブルサイズのベッドを備えることに成功している。ゆとりのある車内空間に加え豪華な装備も兼ね備えた、ファミリーにもおすすめのキャンピングカーだ。

COMPASS DOLQ(コンパス ドルク)
ビルダー:ホワイトハウス
タイプ:バンコン
ベース車両:ハイエース スーパーロングワイドボディー ハイルーフキャンパー専用車
価格:¥5,510,000~
乗車人数:7名(P-Cool特装は6名)
就寝人数:大人2名、子ども2名
全長:5,380mm
全幅:1,920mm
全高:2,390mm

外装

ホワイトハウス COMPASS DOLQ 外装

出典:ホワイトハウス

ベース車にはハイエースのスーパーロングワイドボディを使用。

また、車体右側の窓は純正の窓ガラスから、FRP製エクステンションボックスに変更されている。エクステンションボックスは曲線を生かした造形の美しさもさることながら、出窓のように少し外に突き出すことで、室内幅が最大1,870mmまで広がり、ダブルサイズのベッドが横向きのレイアウトで常設できるようになった。また、ガラスからFRPに変更することで窓からの冷気や熱気を防ぐ断熱効果も期待できる。

運転時の車幅が気になるかもしれないが、エクステンションボックスはドアミラーよりも内側に収められているので、さほど気にする必要はなさそうだ。

COMPASS DOLQ スライドドア

リアのスライドドアには、ハイエース専用のスライド式網戸「フライスクリーンシステム」を標準装備している。

このフライスクリーンシステムは、ヨーロッパで絶大なシェアを誇るフライスクリーンメーカー「HORREX社」との共同開発により誕生した。

蛇腹状にたたまれる網戸は見た目もすっきりし、スライドドアと干渉しないよう上下のスライドレールが工夫されているので、常設が可能だ。

内装

ダイネット

COMPASS DOLQ ダイネット

コンパス ドルクはインテリアのカラーリングを、ダークラインとオレンジラインの2つのラインアップから選択できる。写真は全てダークラインで、シックで大人な雰囲気が魅力的だ。

オレンジラインは名前の通り、シートやベッドマットにオレンジのファブリックを使用し、収納棚にもオレンジのラインを効かせるなど、明るい印象に仕上げている。その可愛らしさから女性への人気も高い。

 COMPASS DOLQ  ダイネット シート

運転席、助手席に加え、セカンドシートに3名、サードシートに2名の合計7名の乗車が可能。ダイネットはセカンドシートを後ろ向きにし、テーブルを挟んでサードシートと対座するスタイルで、ゆったりとくつろぐことができる。

車内は優しい明かりのLEDライトを使用し、安らげる空間を演出。目にも優しく疲れづらい。

また、FFヒーターが標準装備となっており、エンジンを止めても暖房が使えるので冬場の車中泊も快適だ。

 COMPASS DOLQ  ダイネット2

ギャレー

COMPASS DOLQ ギャレー

白をベースにシルバーを効かせた清潔感のあるギャレーは、シンクと調理スペースがL字型に配置されている。

電子レンジと40L冷蔵庫は標準装備となっており、電子レンジは頭上に、冷蔵庫はシンク隣にビルドインされ、調理時に使いやすいレイアウトになっている。電子レンジ用の棚にはスライド式の扉が付いているので生活感を隠せるのもうれしい。

COMPASS DOLQ ギャレー 電子レンジ

ギャレーの上には、調理器具や食料品のストックなどにぴったりな大きめのオーバーヘッド収納が、調理台の下には、調味料やカトラリーを収納するのにちょうど良さそうなスペースが用意されている。

各10Lの給排水タンクはシンク下には設置される。

収納

COMPASS DOLQ リア

大容量のリア収納は、ベッドボードを重ねることで3段構造になりベッド下は全て収納スペースとして使用可能。ベッドボードを使わないときはボードを外せば1400×970mmのラゲッジスペースが出来上がり、自転車やサーフボード、スノーボードなどの大きいものも積載可能だ。

COMPASS DOLQ リア収納

両サイドにキャビネットがあるので、細かいものを分けて収納できるのもうれしい。

さらに、オーバーヘッド収納がギャレー上部とベッド部分の両側上部に設置され、ファミリーでの利用にも十分な収納スペースを確保している。

ベッド

COMPASS DOLQ ベッド

ベッドは後部にハイマウントベッドを設置。先でも述べたが、エクステンションボックスにより室内幅が最大1,870mmまで広がったため、横向きで大人2名が寝られるダブルサイズだ。

ダイネットと分かれているため常設ベッドとして使用でき、2名であればダイネットはそのままの状態でも就寝できる。ファミリーで利用する際に子供を先に寝かせて大人はダイネットでゆっくり過ごしたりと、それぞれのタイミングで生活できるのは常設ベッドの大きなメリットだ。

COMPASS DOLQ フロアベッド

出典:ホワイトハウス

また、ダイネットを展開すれば、こちらも2名が就寝できるフロアベッドになる。ダイネットのシートをフルフラットにし、ハイマウントベッドの下段にベッドマットを設置するだけと、とても簡単だ。展開後は運転席以外の車内全面がベッドとなるので、とても広々とした空間で就寝ができる。

まとめ

コンパス ドルクは高級感のあるインテリアで、まさにくつろぎの空間を提供してくれる素敵なキャンピングカーだ。

限られた車内スペースのバンコンだが、二段ベッドにすることで空間を有効活用し、ファミリーでの利用にもしっかり対応している。FFヒーターや電装品の標準装備もかなり充実しているため、快適なキャンピングカーライフを送れるだろう。

実はドルクには「DOLQ P-COOL」という種類もラインアップされている。こちらは縦型ウォータークーラーを装備しており、内装は今回紹介したものとほとんど変わらない。もちろん、エクステンションボックスや大きなベッドなどは健在なので、夏の旅行が多い方や暑さが何より苦手という方はこちらも検討してみてはいかがだろうか。

関連記事一覧